トゥームレイダー2↑↑ クリックすると公式サイトへ ↑↑
『トゥームレイダー2』先行プレミア上映が9月13日(土)、14日(日)に決定!
トゥームレイダー2 2003年9月1日、『トゥームレイダー2』日本公開に先駆け、主演のアンジェリーナ・ジョリーとヤン・デ・ボン監督の来日記者会見が、パークハイアット東京にて行われました。記者600名、スチールカメラ250名、TVカメラ35台と注目度の高さを物語っています。
今回の来日は愛息、マドックス君も一緒で既に遊園地で遊んできたのよと嬉しそうに語っていた。また『トゥームレイダー2』も子供が大きくなったときに見られるので、はりきって撮影に臨んだの、とすっかり子供にメロメロなアンジェリーナ・ジョリー。なんといっても前回よりスレンダーになった理由は子育て!とのこと。夜鳴きで一晩中、抱っこしていたりすることもあるそうで…。前作『トゥームレイダー』の撮影でカンボジアを訪れたアンジェリーナ・ジョリー。カンボジア人のマドックス君との出会いは生後3ヶ月の時で、養護施設で何人かの赤ちゃんを抱っこして、そのとき施設の人から一番最後に、眠っていたマドックス君を渡されたという。ところが彼女が抱きかかえたとたんに眠っていたはずのマドックス君が目を開き天使のように微笑んだそうだ。その時にビビッ!と感じたとイギリスの雑誌[HELLO!]に掲載されていました。
トゥームレイダー2 左:アンジェリーナ・ジョリー  右:ヤン・デ・ボン監督 
※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトジャパンに帰属します。 ※記事・画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。
2001年以降、国連親善大使として世界中の難民キャンプでボランティア活動しているという。もちろん全て自費で。また2001年にはアフガニスタン難民に100万ドルを寄付。2002年5月タイとミャンマー国境の難民教育プログラムに10万ドルの寄付等々、多大な時間を費やし、財政貢献や資源の提供にも尽力を注いでおり、実生活でもスーパーヒロインなのであった。そのことについて聞かれたアンジェリーナ・ジョリーはこう答えている。
「飢餓などの本当の闇を見た今は、私の闇は何でもないと思える」
from ABCテレビのインタビュー
今回の会見でも国連の活動による影響は?との質問に対して「3年間の活動を通じて、どんな小さなことにも感謝の気持ちを持つようになりました。世の中のために役立ちたいという目的意識を持っているの」
トゥームレイダー2公開記念ネットイベントは終了しました。2003年9月4日(木)正午~10月9日(木)正午まで公開記念イベント開催中です。All About Japan 映画サイトもヒントサイトとして参加中!詳しくは↑のカードをクリック!

『トゥームレイダー2』特集2そもそもゲームのヒロインとして誕生したララ・クロフトが映画化されたのは、今から2年前、2001年のことでした。そのララ・クロフトがこんなにまで受け入れられたのは、やはり女優、アンジェリーナ・ジョリーの魅力によるところではないでしょうか?!前作を見なくても楽しめる『トゥームレイダー2』ですが、より楽しむために『トゥームレイダー』をご紹介します。
ちょうど続編の公開記念バージョンのDVD『トゥームレイダー』が2003年9月5日に発売予定
トゥームレイダー画像クリックでamazonにジャンプ原題『Lara Croft:Tomb Raider』トレジャー・ハンターのララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)は、20年前に失踪した考古学者の父、ヘンシングリー卿(ジョン・ヴォイト=アンジェリーナ・ジョリーの実父)の隠し部屋から不思議な時計を発見。それは五千年に一度のグランド・クロス(=惑星直列)によって巨大な力を発揮する古代の秘宝への手掛かりだった。人類の運命を変える!という父の遺志を継ぎ、天才プログラマー、ブライス(ノア・テイラー)や、アレックス(ダニエル・クレイグ)、執事のヒラリー(クリストファー・バリー)と共に謎解きにとりかかる。しかし宿敵の登場で…。ロンドン地下迷宮・アンコールワット遺跡・アイスランドへと世界を巡る。
トゥームレイダー2
冒険のキーは、ギリシア神話で知られる《パンドラの箱》
トゥームレイダー2
伝説の中で、地上に疫病をもたらしたとされるその箱は、過去に二度、開けられている。最初は、紀元前2300年、エジプトのファラオによって。二度目は、その2000年後、東方遠征にやって来たアレクサンダー大王の軍隊によってである。このとき、箱の威力を知ったアレクサンダー大王は、その箱を、人類起源の地《生命のゆりかご》へ戻し、在処を記した黄金の珠(たま)を月の神殿に隠した。しかし、まもなく火山噴火によって神殿は海底に埋没。と同時に、《パンドラの箱》の秘密も永遠に封印されたかに思われた。この箱を、恐るべき生物兵器として利用しようとする人物が現われるまでは…。
トゥームレイダー2Q:かっこいい女性であり続ける秘訣は?アンジェリーナ・ジョリー:自分に正直に大胆に生きることね。

『トゥームレイダー2』特集3
【 チャリティ試写会 】  
トゥームレイダー2来日会見の翌日、2003年9月2日には、ヴァージンシネマズ六本木ヒルズにおいて、社会福祉法人あけの星会が主催した映画『トゥームレイダー2』チャリティ試写会の様子です。特別ご招待として皇太子殿下、皇太子妃殿下、寛仁親王妃信子殿下、彬子女王殿下、瑶子女王殿下がご臨席になられました。これに際し主演のアンジェリーナ・ジョリー、ヤン・デ・ボン監督が敬意を表して緊急来日したようです。皇太子同妃両殿下はじめ皇族方をお出迎え。
【 LAプレミア 】 
トゥームレイダー2 黒のウンガロのドレスにヴィンテ-ジ物のダイヤのイヤリングで登場。「ララ役は、今まででいちばんやり甲斐のある役よ。あれだけの訓練をこなしていくうちに、ある時点で、私はどこから見てもアクション・ヒーローだと思える瞬間があったの。でも正直に言うと世界を敵に回すくらいの勢いで、毎日“ララ・モード”に入るのはきつかったわね」――アンジェリーナ・ジョリー、ララを語る
 
トゥームレイダー2トゥームレイダー2
トゥームレイダー2

『トゥームレイダー2』の監督はヤン・デ・ボン
トゥームレイダー2トゥームレイダー2 ヤン・デ・ボン監督と言えば『スピード』のサンドラ・ブロック、『ツイスター』のヘレン・ハントと信念を持って闘うヒロインの演出に長けてることでも有名なアクション監督。1943年10月22日、オランダ生まれ。ポール・バーホーベン監督とコンビを組み、『ルトガー・ハウアー/危険な愛』(73)『情婦ケティ』(75)などの撮影を担当。80年代からアメリカ映画に進出。『ダイ・ハード』(88)『ブラック・レイン』(89)『レッド・オクトーバーを追え!』(90)『リーサル・ウェポン3』と撮影監督で着実にファンを魅了し、監督デビュー作『スピード』(94)が大ヒット、一躍アクション監督としての地位を確立。
 原題『Lara Croft Tomb Raider:The Cradle of Life 』[2003年/アメリカ映画/カラー作品/シネスコ/1時間57分]日本語版字幕翻訳:松浦美奈東宝東和ANDミューチュアル・フィルム・カンパニーANDパラマウント・ピクチャーズ提供
『トゥームレイダー2』特集4
 
トゥームレイダー2
期待を裏切れない
ギリシアのサントリーニ島沖で起きた大規模な地震。潮の流れを読み、いち早く現場に到達したのは、ララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)だった。深海のエア・ポケットと化した月の神殿に足を踏み入れ不思議な壁画を発見する。さらにアレクサンダー大王の像の胸に埋め込まれたメダリオンと、宙吊りの鉄の檻におさめられた黄金の珠(たま)を見つける。檻を焼ききって珠を取り出そうとしたとき、謎の男(サイモン・ヤム)たちが神殿内に侵入し、メダリオンも黄金の珠も奪われてしまう。
トゥームレイダー2
トゥームレイダー2トゥームレイダー2サイモン・ヤム(チェン・ロー役)(中国山中にアジトをかまえるシンジケート、シェイ・リンの一味)1955年3月19日、香港生まれ。80年代から125本以上の映画、40本以上のTVに出演している大ベテラン。
【 撮影のロケーション 】
トゥームレイダー2トゥームレイダー2『トゥームレイダー2』の撮影は、ロンドン郊外のパインウッド・スタジオを本拠地に、半年にわたって行われたが、その間、ヤン・デ・ボン監督が率いる撮影隊は、ララ・クロフトと同様に何度も大規模な海外遠征に出かけている。最初のロケ地は、映画のオープニングのこのギリシア、サントリーニ島。アトランティスの失われた王国ではないかという説があるこの島は、まさにララの冒険譚には最適な場所となった。トゥームレイダー2トゥームレイダー2
トゥームレイダー2トゥームレイダー2ロケとロケの合間を縫うセット撮影は、パインウッド・スタジオをほぼ独占して行われた。前作に続きプロダクション・デザインを手がけたカーク・M・ペトルッチェリは、合計102のセットを組み立てた。「この映画に登場する“トゥーム”は、古典的な月の神殿から、現代的なライス博士の研究室に至るまで、多岐に渡っている。最も大きなスケールのセットは月の神殿で、これはパインウッドにある007ステージに作り上げた。ここから物語が始まるだけに、壮大で荘厳に見えるように苦労したよ」と、ペトルッチェリは語る。4.5メートルのアレクサンダー大王のブロンズ像が鎮座する月の神殿は、ドリア式の巨大な円柱で支えられている。とりわけて難しかったのは、月の神殿が余震で崩壊寸前になるシーンで、一部が水に浸かり、残りは45度に傾いた状態のセットを作る作業に苦労したそうだ。
【ララの衣装コンセプト―シンプル、洗練、モダン】
トゥームレイダー2トゥームレイダー2『トゥームレイダー』に引き続き衣装は、リンディ・ヘミングが担当。身体にフィットしたシルバーのウェット・スーツは、日本と中国の生地を使って合計8着作られたそうだが、水中では日本の生地のほうが映えるため、撮影には日本製がメインに使われた。また、『007/ダイ・アナザー・デイ』でハル・ベリーのためにオレンジ色のビキニをデザインしたヘミングだが今回のアンジェリーナのためには黒のビキニをデザインしている。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2 
ララのパンツ類は、前作と同じメラニー・アップル社が作成、ブーツも前回と同様のものが使われたが、今回は素材にアンティークな革を使用。これは、カーク・M.ペトルッチェリ(前述)が作った特注のバイクにまたがる時のもので、ペトルッチェリは銃の色に合わせてバイクの金属部分を全部[青銅]に変えた。
トゥームレイダー2 『トゥームレイダー』でララのキャラクターを作り上げることができたから、『トゥームレイダー2』ではララのことをもっと深く知ってもらいたい。ララが恐れていること、ワクワクすること、好きなことを!

『トゥームレイダー2』特集5
トゥームレイダー2
奪い返さなきゃ!
黄金の珠を奪った男たちは、ララのジェット・スキーをも奪い去った。深海から浮き上がるために大胆な方法を用いるララだった。それはサメを利用して・・・。■秘話■アンジェリーナ・ジョリーの希望によって取り入れられたシーン。ただし実際のサメを登場させることは、保険の都合上、許可が下りなかったそうだ。(仮にOKだとしても怖すぎる!)。無事に海面に浮かび上がったララは救助信号を発信。程なくして、ブライスとヒラリーが迎えに現われる。
トゥームレイダー2
トゥームレイダー2トゥームレイダー2ノア・テイラー(ブライス)(クロフト邸のトレーラーに住み、ララの冒険をテクノロジー面でバック・アップ。)1969年9月4日、英ロンドン生まれ。『トゥームレイダー』に引き続きブライスを演じた。
【 黄金の珠は人類起源の地への地図 】
それは、東方遠征に出たアレクサンダー大王の軍隊が発見し、王の手で[生命のゆりかご]と呼ばれる人類起源の地に隠されたパンドラの箱。黄金の珠は、その[生命のゆりかご]の場所を示す地図だったのだ。もしそれを元に[パンドラの箱]が発見され、しかもそれがテロリストの手で開けられたら…? 人類を滅亡に導く災いが世界に解き放たれることになる。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2トゥームレイダー2トゥームレイダー2
トゥームレイダー2トゥームレイダー2
トゥームレイダー2Q:『トゥームレイダー2』を監督した理由?女性ヒロインのアクションが大好きでして、女性も男性と同じようなアクションができると思っていました。でもスタジオ側は、女性が主人公のアクション映画は成功しないと考えてるのです。私は絶対成功すると確信していました。美しくてスリリングなアクション映画を作りたいと思っていました。
黄金の珠を追って、ヨーロッパ→アジア→アフリカへ ⇒

『トゥームレイダー2』特集6
【 豪華なクロフト邸は実在のお屋敷 】
この撮影は、イギリスのハートフォードシャーにあるハットフィールド邸でロケ。サリスベリー伯爵家の持ち物である邸宅は、『トゥームレイダー』でもクロフト邸の外観に使われていた。今回は内部の撮影もいくつか許可されたため、大きな書斎を使いってララとヒラリーの棒術のシーンが撮影された。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2
お宝を奪われたララは、イギリスに帰ったもののご機嫌ななめ。執事のヒラリーを相手に八つ当たり?状態。ある日、MI-6(英国情報部第六課。"MI"とはMILITARY INTELLIGENCE[軍事情報]の頭文字。おもに国外でのスパイ活動を担当。)のエージェントが屋敷に現われて、女王陛下の命だと告げ黄金の珠を奪還するように要請される。黄金の珠とメダリオンを奪ったのは、中国のシンジケート[シェイ・リン]で、その頭がサントリーニ島の謎の男、チェン・ローだ。ところが影の黒幕がいた。ノーベル賞受賞歴のある科学者ジョナサン・ライス博士(シアラン・ハインズ)こそが後ろで操っているのだった。ライス博士は、世界各国にバイオ・テロの道具を売りさばく、生物兵器設計の第一人者だった。彼が手に入れようとしている究極の兵器こそ[パンドラの箱]だった。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2
トゥームレイダー2
すぐに旅立ちたいところだが、今回の相手は、一筋縄でいかない。そこでララは昔の彼氏、テリー・シェリダン(ジェラルド・バトラー)に会いに行く。このテリーが、何者かと言えば、元はイギリス海兵隊の将校であったが、裏社会に惹かれ傭兵(ようへい)に転じ、現在はカザフスタンの刑務所に囚われている。テリーならアジア系の裏社会にも詳しいし、以前、その組織[シェイ・リン]に所属していたからだ。
ララの元カレ、テリーは敵なのか、見方なのか…。
トゥームレイダー2シアラン・ハインズ(ジョナサン・ライス博士役)1953年2月9日、北アイルランドのベルファスト生まれ。大学で法律を専攻していたが、役者の道に進むためロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アートに入学、数々の舞台に。40本近い映画・TVに出演。トゥームレイダー2ジェラルド・バトラー(テリー・シェリダン役)1969年11月13日、スコットランドのグラスゴー生まれ。ロンドンのコーヒー・ショップで俳優のスティーブン・バーコフにスカウトされ舞台で役者デビュー。映画は『サラマンダー』他。
トゥームレイダー2【 スタント・コーディネーター大絶賛 】
トゥームレイダー2Q:難しかったシーンは?乗馬のシーンね。横乗りしながらライフルを扱うのは、すごく大変だった。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2■裏話■セカンド・ユニット監督とスタント・コーディネーターを担当したサイモン・クレーンは、アンジェリーナ・ジョリーの才能についてこう語る。「アンジェリーナは、スタントマンとしても十分にやっていけるよ。彼女は何でも自分でやりたがるんだ。こちらが止めなければならないくらいにね」「だから彼女のチャレンジ精神をかきたてるようなやり方で、運動能力を鍛え上げていった。例えば、彼女が馬を乗りこなせるようになると、今度は、横乗りをやってみようと言ってみるんだ。で、それができるようになったら、横乗りしながら重い銃を撃たせてみる。銃をクルクル回して装填しなおし、また撃つとかね」
トゥームレイダー2トゥームレイダー2Q:演出ポイントは?ヤン・デ・ボン監督:オリジナルなアクションシーンを心掛けた。Q:アンジェリーナの魅力は?ヤン・デ・ボン監督:彼女は妥協しないで、100%力を出し切る女優なんだよ。
黄金の珠を追って、⇒アジア(次ページ)→アフリカへ ⇒

『トゥームレイダー2』特集7
【 中国山中の洞窟からフリー・フォールで脱出 】
 
 トゥームレイダー2 トゥームレイダー2 中国の場面が撮影されたのは、イギリス、ウェールズのスノードニアの山々。ここで美術班は、風光明媚な湖のほとりに昔ながらの水車小屋を建てるなど、本物そっくりの中国の村を再現。さらに、遠くリバプールにまで手を広げ、英国内に住む中国人たちをエキストラとして集めた。最も大変だったのは[シェイ・リン] のアジトである石切り場での撮影だった。ここに潜入したララとテリーは、フリー・フォール状態で追っ手から逃れるからだ。そのシーンは高さ45メートルの足場の上に乗ったふたりが、銃をぶっぱなしながら降下するもので実際にアンジェリーナとジェラルドが体当たりで演じている。
トゥームレイダー2Q:一番の見どころシーンは?アンジェリーナ・ジョリー:崖からロープで逆さまに下りるシーン。■おまけ■メイキング映像を見ていたら、2人ともまず地面の位置でロープにつながれ45メートルの高さまでグィーと吊り上げられる。それから降下するシーンの撮影に入っていました。その間に血が昇ってるから、これを繰り返す俳優の体力・精神力はスゴイ!by 南
トゥームレイダー2Q:アンジェリーナの一番良かったアクション・シーンは?ヤン・デ・ボン監督:崖から逆さ吊りになってロープで降りるシーンを二日間かけて撮りました。しかもあの速度で落ちて、地面から3フィートのところで急に止まる。映画でご覧になる速さが実際のスピードです。逆さまなので、気分が悪くなったり、方向感覚が失われるため難しいシーンです。降下しながら銃を撃つ場面でジェラルド・バトラーはララを何度も撃っていましたね。(笑)
 
【 *世界遺産でも有名な中国の兵馬傭 】
製作者たちは、秦の兵馬傭(へいばよう)のオリジナルをコピーした5つの像を中国政府から許可された唯一の輸入業者から購入し、イギリスのパインウッドスタジオのAステージで受け取る。それを基に微妙に細部が異なる60体の像を作り、洞窟のセットの中に配置した。ララとチェン・ローが激しい戦いを繰り広げる場面で効果的に使われている。*秦の始皇帝陵(←世界遺産)の地中に埋められていた7000体の、死後の始皇帝を守る警護兵と考えられている。トゥームレイダー2トゥームレイダー2
トゥームレイダー2トゥームレイダー2チェン・ローから黄金の珠の行方を知り上海へと向う。 ⇒
 

『トゥームレイダー2』特集8
【 上海の広場に降り注ぐ銃弾の雨をかいくぐる 】
黄金の珠は、チェン・ローの弟(テレンス・イン)が持っており、上海で科学者ジョナサン・ライス博士に渡る手はずとなっていたのだ。ここで取り返さねば!とララとテリーは、必死に阻止しようとするのだが…。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2パインウッドスタジオのオープン・セットには、上海の広場が建設された。ここでは、黄金の珠をめぐって複雑なスタントが演じられが、セット装飾のソーニャ・クラウスは、ちょうちん屋、ペンキ屋、茶屋などを本物そっくりに再現してみせた。そのこだわりは、乾物屋の引き出しに貼られる紙を中国本土から取り寄せる程だった。また看板の文字は、香港から招いた書家によって広東語で書かれ完璧なものになった。
トゥームレイダー2 トゥームレイダー2 トゥームレイダー2トゥームレイダー2
ついに、黒幕の科学者ジョナサン・ライス博士の研究所にたどり着く。それはロケ地、最後でもある香港だった。巨大なショッピングモールの一室、既に黄金の珠の解読が行われており、まもなく解析が終わろうとしていた。うまく研究所に忍び込んだララだったが、博士に絶対服従を誓った部下のショーン(ティル・シュバイガー)が、待ち構えていた。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2■ララのファッション■サンディ・クリームとピンク・ベージュを合わせたような色合いの、特製の韓国の軍服。背中にはトラの刺繍がほどこしてある。
【 香港の超高層ビルからダイブ 】
トゥームレイダー2トゥームレイダー2この場面は、アンジェリーナとジェラルド自身が演じるバンジー・ジャンプと、スタントを組み合わせた。スタントたちは、ヘリコプターから20回のジャンプを繰り返し、また、別のシーンのために、世界で3番目に高い香港の未完成の国際ファイナンシャル・センター(地上約300メートル、84階建て)のてっぺんから、8回にわたるジャンプを行った
トゥームレイダー2 Q:一番の見どころは?ヤン・デ・ボン監督:世界に三番目に高いビルから飛ぶシーン。CGを使わず、香港の上空を実際に飛んでもらい、ボートに降り立つまですべて実写です。だから迫力のあるシーンになりました。
トゥームレイダー2Q:アンジェリーナが飛んだの?アンジェリーナ・ジョリー:やりたい!って頼んだけど…。(監督の方に目をチラッと)ヤン・デ・ボン監督:アンジェリーナはスカイダイビングの経験もあったけど、この撮影はあまりにも危険だったからね。スウェーデンのチームが素晴らしい技を見せてくれた。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2
トゥームレイダー2トゥームレイダー2黄金の珠は、(ここからネタばれ→)音に反応するのね。(←ここまで)ついにパンドラの箱のある場所が分かったわ。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2ジャイモン・ハンスゥ(コーサ・マサイ)勇敢で知的なマサイ族の青年は、ララの大学時代からの友人。アフリカでの「生命のゆりかご」を探す旅のサポート役。演ずるジャイモン・ハンスゥは要チェック俳優!→ 1964年4月24日、西アフリカのベニン生まれ。13歳でパリへ移住。22歳のときデザイナーのティエリー・ミュグレーに見出され、トップ・モデルの地位を確立。デビッド・フィンチャーや写真家ハーブ・リッツが手がけるCMにも起用された。その後LAで演技を勉強し、『不法侵入』(92)『スターゲイト』(94)を経て、スティーブン・スピルバーグ監督の『アミスタッド』(97)に出演。反乱奴隷のリーダー役で、ゴールデン・グローブ賞候補、さらに、アカデミー作品賞受賞作『グラディエーター』(99)でブロックバスター・エンターテインメント賞にノミネート。『サハラに舞う羽根』(02)など。新作に、ヤン・クーネン監督の『Muraya (l'experience secrete de Mike Blueberry)』等がある。
いよいよララ、アフリカへ ⇒

『トゥームレイダー2』特集9
トゥームレイダー2トゥームレイダー2【 ロルク村のポコト族の人々との出会い 】
 ロケ地はアフリカ。ケニアに到着した一行は、有名なリフト渓谷、鳥獣保護区、にぎやかなナイロビ地区などで撮影を敢行。トゥルカナ湖の近くにある魔境ともいうべきローズ砂漠や、アフリカで二番目に高いケニア山の景観も、カメラにおさめていった。アフリカでララが出会う謎の部族を演じるために雇われたのは、ケニア北東部のバリンゴ湖の近くにあるロルクという小さな村から呼び寄せられたポコト族の人々だった。山羊の皮で作ったシンプルな民族衣装をまとっている彼らは、人口2万人ほどの遊牧民で《映画》というものを知らない。
トゥームレイダー2Q:前作ではカンボジア、今回の思い出に残ったロケ地・エピソード?カンボジアは私にとって特別です。今回はアフリカでロケをしましたが、ポコト族の方々と知り合いました。映画というものを知らない、見たことがない人々に、「怖がるフリをして」って言っても、演技やフリをする!ということが理解できないみたいでした。だから演技をしている私たちの姿が滑稽に見えたようよ。(笑)文化の違いによるものね。」
 
トゥームレイダー2トゥームレイダー2ヒラリーとブライスの身が危ない!!パンドラの箱をみつけられるのか? そして魔力に惑わされず封印できるのか?
【 前人未踏のタンザニア活火山での撮影 】
スタッフはケニアに滞在中に隣国のタンザニアと交渉を粘り強く進め、マサイ族の間で「神の山々」(オル・ドイニョ・レンガイ)と呼ばれる活火山での撮影許可を取り付けた。1983年の大噴火で周辺の緑を焼き尽くしてしまったこの火山は、撮影隊が到着する前日にも小さな爆発を起こしたという。その標高は2895メトール、クルーの中には、頭痛、疲労感、めまい、呼吸困難を訴える者が続出。前人未踏の活火山での撮影は困難を極めた。
トゥームレイダー2トゥームレイダー2自分の信念をしっかりと持ち生きる女性、ララとアンジェリーナ・ジョリーの姿がダブるトゥームレイダー2トゥームレイダー2

『トゥームレイダー2』特集10
トゥームレイダー2【受付終了しました】多数のご応募ありがとうございました■■■5名様にマスコミ用プレスをプレゼント■■■必ずメールの件名を『トゥームレイダー2プレス』とし、お名前年齢映画サイトへのご意見&ご感想等をご記入の上[]までメールでご応募ください。当選者の発表は、直接当選者の方にメールでご連絡することに代えさせていただきます。締め切り:11月1日(土)24時まで●お一人につき、ご応募は一回限りとさせていただきます。●お送りいただいた個人情報は、プレゼントの抽選と発送にのみ使用し、それ以外の目的では使用いたしません。●プレゼントの発送後、こちらに応募いただいたメールはすべて削除いたします。●All About Japanプライバシーポリシーについてをご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■
撮影時のメイキング&インタビューから
トゥームレイダー2KORNのプロモから
トゥームレイダー2 トゥームレイダー2 
アンジェリーナ・ジョリー:ジェットスキーの練習のとき最初は、ほんの一瞬しか立てなかった。くやしいから特訓したわ。最後にはトレーナーと競走できたのよ。一番楽しかったのは崖のジャンプね。あたしは高いところが大好き、逆に海はちょっと苦手。だから崖から落ちるシーンは、ワクワクして楽しかったの。吊られたせいで数日後に腰が痛いこともあったけど、あの時の景色は最高だったわ。ジェラルド・バトラー:オーディションに行った時の話?あーそうだね。面白いことがあったよ。当日ごっつい靴をはいて行ちゃってさ、オーディション会場で歩くとゴトゴト音がしてうるさかったんだ。それで、靴の裏に黒いフェルト貼っておいた。(笑)それは良かったんだけど空港の金属探知機のゲートでひっかかって・・・、係員に説明したんだけど、信じてもらえなかったよ(笑)。ノア・テイラー:前作に引き続きこの役ができて光栄だ。アンジェリーナ・ジョリーやクリストファー・バリーとは、前回の共演でいい人間関係を築いてたからね。アンジェリーナ・ジョリー?今回も乗馬やらジェットスキーなどさまざまなトレーニングをこなしてた。彼女の仕事に対する態度は精神的にも肉体的にも、凄いと思ってる。もちろん人間としても素晴らしいよ。
↓↓画像をクリックするとamazonにジャンプします↓↓
エンディングテーマトゥームレイダー2Did My Time KORN[イギリス輸入盤]プロモーションビデオにはアンジェリーナ・ジョリーも出演サウンドトラックトゥームレイダー2 発売予定日 2003/09/25                     サウンドトラックトゥームレイダー2[アメリカ輸入盤]            
▼南の試写コメアンジー(アンジェリーナ・ジョリー)と一緒に冒険をした気分になって、ありがとーって感じです。国連親善大使の活動も含めて世界各地の真の姿を知っているアンジーだけにララ役とダブって見えるシーンもありました。続編でコケちゃうパターンも多々(失礼…)ありますが、『トゥームレイダー2』は大丈夫!『トゥームレイダー』の時はゲームのアイコン的なシーンが多かったけど、今回はなし。あっという間にエンディングを迎えちゃいます。ここまで観客を楽しませちゃうと『3』への期待度も高まる反面、コケないかしら?という不安度も高まっちゃいます。(アンジェリーナは、既に3への契約書にサインしているとか。4については2が興行的に成功すればありえると、プロデューサーが語っている)会見のウラ話?はメルマガにて。
『映画』トップページへ戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。