7月5日 『T3』先行プレミア Tマニアは日劇に集まれ!超貴重US版オリジナル予告編2パターンを特別同時上映決定!!日劇1、日劇3どちらでも上映します7月5日(土)日劇にて行われる『ターミネーター3』先行プレミア上映で、日本では絶対に劇場で観ることのできないUS版のオリジナル予告編を特別同時上映することが決定しました。しかも2パターン!本編を観る前にこれ以上ない盛り上がりを体験できます!
ターミネーター3クリスタナ・ローケン 中央:アーノルド・シュワルツェネッガー ジョナサン・モストウ監督
7月2日早朝、プライベート・ジェット2機に分乗し羽田空港へ到着した。親日家のアーノルド・シュワルツェネッガーは11回目、ローケンとモストウは2回目の来日となる。3人はそのまま都内のホテルに直行し、午前の個別インタビューに臨んだあと、14時から記者会見を行った。会場を埋め尽くした報道陣は約900人、スチルカメラマン300人。国内のみならず韓国のマスコミの姿も。(会見裏話?はメルマガにて)
ターミネーター3報道陣の前に現われた瞬間、クリスタナ・ローケンの方から「Hello」と一言。それだけでも好印象。そしてスグに撮影に応じてくれました。やっぱり元スーパーモデルは違う!ポーズも笑顔も最高。お肌も輝いてました。(ラメでなく…)T-Xを演じていた時の無表情とかをまったく感じさせない、とてもやわらかな雰囲気でした。なんと身長180cm以上あるんだとか??今まではその身長のせいで役をもらえなかったこともあり、一時期は、悩んだこともあるそうです。
ターミネーター3
司会者の呼びかけでアーノルド・シュワルツェネッガー、クリスタナ・ローケン、ジョナサン・モストウ監督の順で登壇。ひとりずつ挨拶がありました。 
ターミネーター3
アーノルド・シュワルツェネッガー:前回の来日時に「I'll be back」と言いました。その言葉どおり日本に来られて嬉しいです。60年代にボディビルで初来日してからというもの毎回、日本に来ることを楽しみにしてます。この10年、色々な映画の宣伝で来日するたびに必ず「次のターミネーターは?」と聞かれました。そして今回、ようやくこの『ターミネーター3 RISE OF THE MACHINES』を公開できることは至極の喜びです。コアなファンはもちろん、評判も良くて、監督に非常に感謝してます。同様に究極のマシーンTXを演じたローケンにも感謝している。彼女は究極のマシーンで私をも殺そうとするんだが、美しいだけでなくタフで演技も素晴らしかった。何といっても女性と闘うのに躊躇(ちゅうちょ)していた私に「男と思って」と言ってくれたことでファイトシーンもうまくいった。最期に日本のマスコミの方々のご支援にも感謝しています。
クリスタナ・ローケン:4年前に初来日しており、今回は二度目です。また来られて嬉しいですし、温かく迎えていただきありがとうございます。アーノルドに、監督に、全てのことに感謝の気持ちでいっぱいです。自分の中に潜んでいた部分を表現することができました。ファイトシーンを知り尽くした第1級のエンタテナー、アーノルド・シュワルツェネッガーと仕事が出来たことは学ぶことも多かったです。監督はあたしを信用し大きなチャンスを与えてくれました。この作品によって人生がかわりました。
ジョナサン・モストウ監督:3年前に『U-571』で来日した際、この部屋で「好きな俳優は?」と聞かれた時に私は「アーノルド・シュワルツェネッガー」と答えことをハッキリ覚えてます。彼が今こうして私の隣に座っている、いかに胸が高鳴る思いでいるか分かっていただきたい。素晴らしい俳優の1人であるアーノルド・シュワルツェネッガー、その彼の代表作で共に仕事が出来ること、そして大作の一つを監督できたこと。まさに夢が実現しました。それから悪役を演じてくれたクリスターナにも、プロデューサーのバイナ&マリオ・カサールにも感謝してます。
Q:12年ぶりのお気持ちは?
シュワちゃん:『T2』の大成功のあとファンによる続編製作を要望するキャンペーンが起こりました。その声に、ついに応えることができて嬉しいよ。革ジャン&パンツ&ブーツをなんともいえない感じがする。3作それぞれに若干、違うものですが、着用するとターミネーターの感覚が蘇ってくるんです。あの革ジャンが映画、キャリア、人生を成功に導いてくれた。
本作を撮り終え、強い信頼関係で結ばれている感じがしました。この後モストウ監督が『T4』の製作について語ります。
会見の続きは次ページ ⇒

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトジャパンに帰属します。

Q:撮影中のケガ?
アーノルド・シュワルツェネッガー:『ターミネーター3』のような作品は、スタントも多く、激しいアクションもあり、特殊効果もある、爆発、カーチェイス。だからケガをしないわけがない。手の中で火薬が爆発したり肩をいためたりしたけど、撮影は継続することが出来たことが素晴らしいんです。それゆえ価値のあるケガだと思ってます。
ターミネーター3

Q:お気に入りのシーン
ジョナサン・モストウ監督:すべてのシーンは私の子供のようなものなので、どの子がいいというのは選べないです。
クリスタナ・ローケン:全部好きです。しいていえば2週間かけて撮影したアーノルドとのトイレでの最後のファイトシーンです。
アーノルド・シュワルツェネッガー:そのトイレでのファイト・シーンは非常に良く書かれたシーンです。あれは2000ポンドもある機械の闘いなんです。人間なら壁にぶつけられてもあんなふうにはならない。闘いの最中に、壁ごとぶち抜いてみたり、便器を破壊したりなどは、まさに2000ポンドの重さがあってこそ成り立ったシーンです。あれだけの破壊シーンはなかなか撮れないでしょう。
Q:どのように役作りを?
クリスタナ・ローケン:まず鍛える必要がありました。理由は二つ。あのアーノルドと闘うんだから、あと世界中の方々にみられることです。体重も15ポンド増量させました。武器の扱い、アクション、マーシャルアーツの特訓を受け、また生身の人間でないものを演じるための精神を学ぶためパントマイムのようなこともしました。モストウ監督からのアドバイスはありましたが、基本的に自由に演じさせてくれました。イスラエル軍の護身術
Q:あなたの素顔は?
クリスタナ・ローケン:自分でもどんなだろう?って思うわ。乗馬、旅行、アドベンチャーが好きでアフリカ、アイルランドなども巡ってます。ハイキングとかアウトドア派ですね。
Q:撮影中のエピソードは?
クリスタナ・ローケン:ロデオドライブでヌードになって到着シーンを撮影したときに、ガラスを踏んでしまって、取り除くのが大変でした。完治まで6ヶ月かかりました。
ターミネーター3

Q:親子のような年齢差ですね?
クリスタナ・ローケンは23歳。
アーノルド・シュワルツェネッガー:そうだね。娘のような存在だね。現場では、皆が、まさに家族のようだった。大家族だ。ローケンとモストウとは、また別の作品でも仕事をしたいと思っている。可能性はあるから脚本を待ちたいと思う。
ターミネーター3

Q:56歳であの肉体を維持?
アーノルド・シュワルツェネッガー:ありがとう。でも私は55歳だよ!(笑)56じゃないよ。撮影直前にバイクのトレーニングで肋骨を6本折った。それで1ヶ月半~2ヶ月の間トレーニングが出来なくてアノ体になれるかとても不安でした-未来から到着する際の全裸シーンを撮るんだから。そこで20年前、ボディビルの頃のトレーナーに依頼してプログラムを組んでもらった。3時間にも及ぶハードなトレーニングをした。トレーニングマシーンを積んだトレーラーも用意しておき撮影の合間にたとえ30分でも休憩が入れば、体を鍛えてました。I can do it!(自分は成し遂げられる)と思うようにして。
ジョナサン・モストウ監督:6本も肋骨を折るケガをした2週間後にアーノルドに会った。正直に言えば、その時、撮影ができるのか不安だった。でも彼は撮影初日には、ちゃんと現場に来てくれた。だからそんな彼に思わず言ったね「さすがだね。君はミスター・ユニバースかい?」って。すると「そう。ミスター・ユニバースさ」って答えてくれた。
Q:『T4』の予定は?
ジョナサン・モストウ監督:可能性はあります。『T2』を見た観客の声によって『T3』が製作されたように、全世界で今月中に『T3』が公開されます。それをご覧になって皆さんが声をあげてくださればありえるかもしれません。
この発言を聞いたらファンによるキャンペーンが、また起こるかもしれませんね。
このあとはジャパンプレミア試写会 ⇒ 
※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトジャパンに帰属します。

 この記事に関するご意見・ご感想は…
 → この記事の作者にメールを送る

有明コロシアムにはこの試写会のために急遽、天地23m×幅14mの特設スクリーンが建てられた。観客は一般公募で選ばれた幸運なファン、約6000人。当日は先着順での入場となったため、同日朝より開演を待ちわびるファンが長蛇の列を作った。アーノルド・シュワルツェネッガー、ローケン、モストウ監督の3人は都内のホテルで記者会見と個別取材を行ったあと、午後5時30分に有明へ向け出発。午後6時30分に会場入りした。開演時刻が近づくと、待ちきれないとばかりに、アーノルド・シュワルツェネッガーらの登場を促すターミネーターのテーマ曲に合わせた、ダダン・ダ・ダンダンという手拍子が会場のあちこちで沸き起こった。
ターミネーター3
午後7時、司会者が開演を告げると、手拍子は大歓声に変わった。客席の照明が落ち観客席後方の通路に、まずはT―X役のクリスタナ・ローケンがジョナサン・モストウ監督にエスコートされ登場。場内中央に敷かれたレッド・カーペットを二人でゆっくり歩き、ステージの中央から登壇した。続いてアーノルド・シュワルツェネッガーが登場すると盛り上がりは最高潮に達した。登壇までの間にもファンと握手をしたりのコミュニケーションまでしてくれる大サービス。
ターミネーター3

アーノルド・シュワルツェネッガー:こんばんは。約束通り、戻ってきました。このプレミアに集まってくださった皆さん全員に感謝します。日本のファンの方が大好きです。そしてこんな素晴らしい作品を監督したジョナサン・モストウに大きな拍手を。映画の中で僕のお尻を蹴とばした女ターミネーター、T-Xのクリスタナ・ローケンにも大きな拍手をお願いします。この『ターミネーター3』が成功した暁には、またI'll be back!を約束します。映画を楽しんでください。
ターミネーター3

  クリスタナ・ローケン:今日はどうもありがとうございます。こんなに大勢のかたが集まってくださって、そして日本に来られて嬉しいです。これからも何度も日本に来て皆さんとお会いしたいです。
  ジョナサン・モストウ監督:素晴らしい夜ですね。私の作品にこんなに多くの方々が集まってくださる。これほど大勢の方が一箇所に集まって映画を観るのを初めて見ました。楽しんでいって下さい。
ターミネーター3

来日を記念して、アーノルド・シュワルツェネッガーが長年にわたり支援を続けている、知的障害者のための国際スポーツ組織「スペシャル・オリンピックス」のアスリート3名が束の贈呈と写真撮影を行った。最後に、アーノルド・シュワルツェネッガーは「I'll be back!」という有名な合言葉で締め、ファンも大満足。この舞台挨拶の模様は、同時刻に札幌(シネマフロンティア)、名古屋(名鉄東宝)、福岡(AMCキャナルシティで実施されている4大都市同時試写会にて、NTT光ファイバー回線を通じて生中継されたそうです。 
おまけ:クリスタナ・ローケンの右肩にあったタトゥーをアップ!ターミネーター3

【緊急特集】ターミネーター3にてプレゼント実施中!
※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトジャパンに帰属します。

この記事に関するご意見・ご感想は…
 → この記事の作者にメールを送る

『映画』トップページへ戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。