★☆INDEX☆★【1】プロジェクト・グリーンライトって? 【2】ストーリーなど【3】グランプリ獲得! (インタビュー)【4】ベン・アフレック&マット・デイモンの話(インタビュー)【5】監督が語る製作秘話(インタビュー)『公式サイト』
『夏休みのレモネード』(原題:Stolen Summer )6月28日~シネスイッチ銀座7月5日~関内MGA(旧 関内アカデミー)にて公開
ぼくらの“天国への道”大作戦! 時は1976年、シカゴ。8歳の少年ピート・オマリーは、アイルランド系カトリックの大家族の中でのびのび育っている。いつも人の心配ばかりして何事にもひたむきな彼は、そのぶん失敗も多く、学校のシスターにしょっちゅう叱られては「地獄行きになりますよ」と脅かされる毎日。夏休みのある日、ユダヤ教徒の少年ダニーと友だちになるが、ダニーは白血病に冒されているという。ダニーをキリスト教徒にさせれば、ぼくは聖人になって天国に行けるし、ダニーも天国に行ける! かくしてピートとダニーの“天国への道”大作戦が始まる。自分とは異なる考えや生き方をする他者への不寛容が世界を覆っている今だからこそ、ピートの単純ゆえに真実を突く発想が、笑いのうちに私たち大人の目を見開かせてくれる。信じることの原点を素直に見つめるその姿の前では建前や形式はひとたまりもない。ともすると深刻になりがちな問題を8歳の視点から物語ることでユーモアに転換する。
プロジェクト・グリーンライト
左:マット・デイモン 中央:ピート・ジョーンズ 右:ベン・アフレック
今年の1月に『ボーン・アイデンティティ』の宣伝でマット・デイモンが来日した時、記者会見で“プロジェクト・グリーンライト”の話が出た。「新しい作家のためにインターネットで始めた企画で、グリーンライトは“緑の信号”の意味。映画を作っていいよ、っていうサインを、脚本の受賞者に出すんだよ。ベン(=ベン・アフレック)と僕にとって、製作は大事な仕事になりつつあるんだ」こんなマットにその才能を見込まれ、栄えある第1回目のグランプリ受賞者に選ばれたのが今年33歳のピート・ジョーンズ。
☆★オンライン脚本コンテスト“プロジェクト・グリーンライト”が選んだ1本!★☆
プロジェクト・グリーンライトとは、ミラマックス・フィルムズ、HBO、ライブ・プラネットの3社協賛によるオンライン脚本コンテストで、2000年秋にスタート。そもそもの始まりは、本作のプロデューサーでもあるマット・デイモンベン・アフレック発案だ。『グッド*ウィル*ハンティング 旅立ち』で自分たちが経験した、なんのコネがなくても脚本の力で映画化を実現する道をより多くの人たちに開きたい、第2の自分たちを発掘したいという2人の熱意が実現したもの。このプロジェクトは大きな注目を集め、オンラインで集まった脚本総数は1万2千本。その中から幾度もの審査を経て晴れて選ばれたのが、シカゴ出身ピート・ジョーンズによる本作の脚本だ。
☆★『グッド*ウィル*ハンティング 旅立ち』 との共通点★☆
愛されたことがない天才青年と最愛の人をうしなったセラピストが、たがいに刺激しあって旅立ちの時を迎える『グッド*ウィル*ハンティング 旅立ち』と本作には、多くの共通点がある。
★一方が他方を手助けする関係でありつつも、両者がともに成長するところ。★2人が関わりあう時間は限られているが、お互いにとってかけがえのない時間になるところ。★友情にささえられて「旅だち」を迎えるところ。
ベンとマットは、友情による成長が描かれている点で本作に惹かれたのかもしれないですね。
作品のストーリーなどは次のページへ⇒

☆★関連リンクはこちら!★☆[プロジェクト・グリーンライト]公式サイト(英語)↑第2回目のグランプリ受賞者が発表になってました。☆映画製作会社[ミラマックス]の公式サイト(英語)☆アメリカの大手ケーブルテレビ会社[HBO]の公式サイト(英語)☆クリス・ムーアがベン・アフレック、マット・デイモンらと設立したライブ・プラネット社[ライブプラネット]の公式サイト(英語)

★☆INDEX☆★【1】プロジェクト・グリーンライトって? 【2】ストーリーなど【3】グランプリ獲得! (インタビュー)【4】ベン・アフレック&マット・デイモンの話(インタビュー)【5】監督が語る製作秘話(インタビュー)『公式サイト』
夏休みのレモネード(C)2001 Miramax Film Corp All Rights Reserved
▼ストーリーぼくはピート・オマリー。8歳。家族は消防士のパパと、子どもたちの世話でいそがしいママと、4人のおにいちゃんにおねえちゃんが1人と妹が2人。シカゴに住んでいる。2年生の終わり、夏休みに入る前、ぼくはシスター・レオノラにいわれた。「悪魔の道を選ぶか神の道を行くかは今年の夏の行ないで決まります」って。地獄行きになったらどうしよう。そうしたら、おにいちゃんのシェイマスがいいことを教えてくれた。〈探求〉のために異教徒をカトリックにさせれば、聖人になれて天国に行けるって。ぼくはさっそくユダヤ教の教会堂に行った。そこで出会ったラビ・ジェイコブセンに、教会堂の前で“天国へのレモネード”を無料で配らせてって頼んだ。ラビはぼくをミスター・オマリーって呼んでくれて、こころよく許可してくれた。だけどレモネードをもらいに来る人はさっぱりいない。シェイマスおにいちゃんと教会堂の前で暇つぶしをしていると、消防車の音が鳴りひびいた。燃えているのはラビ・ジェイコブセンの家だった! ぼくたちの勇敢なパパが燃えさかる家の中に入って、ラビの息子ダニーを救出。だけどダニーの子守りをしていたエスターという女性は死んじゃったらしい。ダニーは7歳で、白血病なんだって。ぼくはダニーに、天国に行けるようにしてあげるって約束した。これがぼくの〈探求〉だ!ぼくらの教会の神父さんにいろいろ質問した。天国へ行ったことがある人はいる?なぜ聖体拝領は3年生になるまでできないの?テストみたいなものに受かれば3年生になる前でも聖体拝領を受けられる?ぼくとダニーでそのテストを考えた。きっと“10個の課題”みたいなものを全部クリアすればいいはずだ。それで、ミシガン湖でダニーに「洗礼」をほどこして、砂浜を走ったり、石投げをしたり、ハードルをした。ダニーはどれもとても上手にこなした。最後に残ったのは遠泳だ。湖のブイのところまで泳いで帰ってくればテストは完了だけど、ダニーはなかなかできない。途中で目を上げてブイが見えなくなると急に怖くなっちゃうんだって。目をつぶったままでも泳げるように、ぼくは泳ぎながらストロークを数えてみた。行きは50回で帰りは55回だ。ダニーはぼくより小さいから、60回数えて戻ってくればいい。
⇒続きは公式サイトにて
▼キャストジョー・オマリー   :エイダン・クインマーガレット・オマリー:ボニー・ハントラビ・ジャコブソン  :ケヴィン・ポラックケリー牧師      :ブライアン・デネヒーパトリック・オマリー :エディー・ケイ・トーマスピート・オマリー   :アディ・スタインダニー・ジャコブソン :マイク・ワインバーグ▼スタッフエグゼクティブ・プロデューサー:パトリック・ピーチ、ミッシェル・シープロデューサー          :マット・デイモン、ベン・アフレック、クリス・ムーア監督:ピート・ジョーンズ脚本:ピート・ジョーンズ撮影:ピーター・ビアギ編集:グレッグ・フィーザーマン音楽:ダニー・ラックス美術:マーサ・リング衣装:ステイシー・エレン・リッチ原題『Stolen Summer』プロジェクト・グリーンライト第1回グランプリ受賞作品2001年/アメリカ/カラー/ビスタ/ドルビーSRD/94分/35mm日本語版字幕:松浦美奈↑小説:ソニー・マガジンズ『夏休みのレモネード』協力:アーノルドパーマー/サック提供:メディア・スーツ+バップ配給:メディア・スーツ(C)2001 Miramax Film Corp All Rights Reservedアイルランドの新星ディーヴァのメイヴが歌う『夏休のレモネード』イメージソングベイラの朝「ダニー・ボーイ」発売中!
先日、来日されたピート・ジョーンズ監督に直撃!インタビュー

★☆INDEX☆★【1】プロジェクト・グリーンライトって? 【2】ストーリーなど【3】グランプリ獲得! (インタビュー)【4】ベン・アフレック&マット・デイモンの話(インタビュー)【5】監督が語る製作秘話(インタビュー)『公式サイト』
『夏休みのレモネード』(原題:Stolen Summer )6月28日~シネスイッチ銀座7月5日~関内MGA(旧 関内アカデミー)にて公開Q:グランプリを獲得したときのご感想を?審査員に対して“価値があるのは自分だ”と売り込むことが大変だった。まるで政治家のようだったね。つまり思いつく限りのことを言って賞の獲得に必死だった。でもイザ優勝が決まったときに「テキトーなことを色々言っちゃってどうしよう!!本当に実現できるのかと思った。」だから優勝の喜びよりも、これからする事への責任の重大さをすごく感じました。でも実現しなきゃならないぞ!ってね。それと他の監督デビューの人と違ってツラかったのは、コンテストの優勝者ということで、テレビのドキュメンタリーが常に撮影していて、製作中の失敗を隠せなかったことだね。*:プロジェクト・グリーンライトが最終選考に10人の脚本家を選出した時点で、HBOは13話からなるドキュメンタリー番組の製作を開始し、その撮影は本作の撮影が終了するまで続行された。Q:監督になる前のお仕事は?失業中でした。幸い妻が職を持っていたので、それに甘えていました。製作会社で裏方の仕事をしてたこともありあます。
ピート・ジョーンズ
Q:製作の助手経験は役立ちましたか?そこから学んだのは、“全ての人に平等に接する”ことですね。スタジオで働くと下っ端に対する扱いはヒドいんだ。怒鳴られたり、八つ当たりされたりなんてのは日常茶飯事だからね。だからこそ、いつか自分が監督する時は、絶対に俳優であれ、資金を提供してくれる製作者であれ、照明でも誰でも平等に接しようと心に誓ったんだ。でも、実際には気がつけば怒鳴りまくってたけどね。―というのは冗談だけど…(笑)Q:ベンやマットからのアドバイスは?一番印象に残ってるのは「これは君の作品なんだから、自分の作りたいようにやればいい!もしも困ったときは電話をしてくれれば力になるからさ」です。Q:マットやベンに電話をしましたか?したよ。でも彼らは忙しくて電話に出てくれなかったんだ(笑)―ってのも冗談で。
マットとベンの話は、この次⇒につづく

▼ 南のコメント実は、この作品マスコミ試写に行けなかったんです。なのでインタビューに備えるため配給会社の方からビデオを送っていただいての鑑賞でした。後半の聖体を届けるシーンで涙腺がゆるみまくり。やっぱり映画館で見たかったなぁ~って―なので個人的に劇場に行くと思います。監督に是非、伺いたかったのは、初監督にしてあの子供たちの表情を引き出した秘訣。“演じてる感”がなくて、とてもいじらしかったり、おちゃめだったりとても素晴らしかったこと。インタビュー中も読んでいただければ分かるように、かるーいジョークを飛ばすので、南も他愛のないジョークを試みました。(恥ずかしくてココには書けません。)すると…大笑いでウケてくれてました。なんて優しいの。最後に握手をして帰ってきました。そうそう、この記事の中のどこかに1つ南の隠しコメントがあるので、良かったら探してみてください。
【受付終了しました】多数のご応募ありがとうございました■■■■■■■■プレゼント■■■■■■■■マスコミ用の特製プレスブックを10名さまにプレゼントします。商品券が当たるアンケートの方にもご協力願います。必ずメールの件名を『夏休みのレモネード』とし、お名前年齢サイトの感想などをご記入の上[]までメールでご応募ください。当選者の発表は、直接当選者の方にメールでご連絡することに代えさせていただきます。締め切り:7月30(水)24時まで●お一人につき、ご応募は一回限りとさせていただきます。●お送りいただいた個人情報は、プレゼントの抽選と発送にのみ使用し、それ以外の目的では使用いたしません。●プレゼントの発送後、こちらに応募いただいたメールはすべて削除いたします。●All About Japanプライバシーポリシーについてをご参照ください。●発送の都合上、日本国内の方のみとさせていただきます。ご了承下さい。■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★☆INDEX☆★【1】プロジェクト・グリーンライトって? 【2】ストーリーなど【3】グランプリ獲得! (インタビュー)【4】ベン・アフレック&マット・デイモンの話(インタビュー)【5】監督が語る製作秘話(インタビュー)『公式サイト』
『夏休みのレモネード』(原題:Stolen Summer )6月28日~シネスイッチ銀座7月5日~関内MGA(旧 関内アカデミー)にて公開
夏休みのレモネード(C)2001 Miramax Film Corp All Rights Reserved
Q:ベンとマットにどんな相談を?まず配役で迷ったとき、候補が3人いて最終的に誰にすればいいのか。ビデオを見ても3人ともよく見えて困ってた。それで彼らなら同じ俳優の目を通して誰がいいかわかるだろう?ってね。E-mailで相談したのは脚本の書き直しをどうするか、困ったときだった。なんといっても彼らはアカデミー賞の脚本賞をとってるんだから。ちょうどその時マットは『オーシャンズ11』、ベンは『トータル・フィアーズ』の撮影中だった。それでも忙しいのにちゃんと相談にのってくれた。Q: ベンやマットとのエピソードは?いっぱいあるけど。そうだなぁ~。ベンと一緒にバーに飲みにいったら女の子がワァーと集まってきちゃって「ほら、スターは大変なんだよ」って言うんだ。そして「いいよなぁ~君は。結婚もしてるし、羨ましいよ」って。あんなにモテてるのに僕を羨ましいだなんて言うんだよ。僕が喜んで変わってあげるよ!って思ったね。そんな夢のような話はないからね。するとベンが「だってさ、君には君自身を愛してくれている女性(奥さん)がいるけど。僕はお金や名声を手にした。だからこの先、僕の本当の姿を愛してくれる女性と出会えるのかわからないんだから」って。何よりもあの二人は、大スターなのに自分たちのことを特別だと思ってないんだ。今でもボストン出身の普通の男で、たまたま成功したと思ってるんだよ。<ふ~ん。とするとジェニファー・ロペスは本当の彼を愛してくれてるってことですか…???今となっては、オノロケに聞こえたりして。>
プロジェクト・グリーンライト
左:マット・デイモン 中央:ピート・ジョーンズ 右:ベン・アフレック
Q:マットとは同じ年ですよね?コンテストの優勝が決まる前に、マットの方から「僕たち同じ年なんだよね」って声をかけてくれた。僕は人生でコレといったことは何もしてないのに対して、彼はスターだし、全然違うなって感じたけどね。それからベンは僕らより2歳下だけど、70年代生まれってことで3人でよく話したし笑ったりしたな。今と違ってあの頃は、もっとイノセントだった。男の子が勝手にどこかへ行ってしまっても親は心配しなかったものさ。だけど今は大変だよね。
このあとは、監督の製作秘話を⇒

ピート・ジョーンズ/監督・脚本1970年、シカゴ生まれ。ミズーリ大学で放送ジャーナリズムと演劇を専攻。地元の劇場や学校演劇に役者として参加する。92年に卒業後、ミズーリ州コロンビアのテレビ局でニュース番組のスポーツ・アナウンサーを経験したのち、父親と同じ保険業界に入る。かたわらで脚本家への夢を持ちつづけ、妻の後押しを得てロサンジェルスに移住。映画の製作助手として働きながら脚本を書きため、本作がプロジェクト・グリーンライトに選出され、監督・脚本家デビューを果たす。ベン・アフレック/製作1972年、カリフォルニア州バークレー生まれ。92年に『青春の輝き』で映画デビュー。97年に、マット・デイモンとともに書き上げた脚本『グッド*ウィル*ハンティング 旅立ち』がミラマックスによって映画化。この作品で俳優としても脚光を浴び、以後は以前から親交の深いケビン・スミス監督などによる小規模な作品とハリウッド超大作の両方で活躍。また、2000年にマット・デイモン、クリス・ムーア、ショーン・ベイリーとともにライブ・プラネット社を設立した。これまでの出演作品に『モール・ラッツ』(95年)、『チェイシング・エイミー』(97年)、『恋に落ちたシェイクスピア』(98年)、『パールハーバー』(01年)、『チェンジング・レーン』(02年)など。マット・デイモン/製作1970年、マサチューセッツ州ボストン生まれ。ハーバード大学在学中に『ミスティック・ピザ』(88年)の端役で映画デビュー。ベン・アフレックとともに書き上げた脚本『グッド*ウィル*ハンティング 旅立ち』(97年)の主演も果たしてシンデレラ・ボーイに。同作でアカデミー主演男優賞にノミネートされ、脚本賞を受賞。以後は俳優として順風満帆にキャリアを積んでいる。これまでの出演作品に『レインメーカー』(97年)、『プライベート・ライアン』(98年)、『ラウンダーズ』(98年)、『リプリー』(00年)、『すべての美しい馬』(00年)、『オーシャンズ11』(01年)、『ボーン・アイデンティティー』(02年)など。クリス・ムーア/製作長年の親友であるベン・アフレック、マット・デイモンらと設立したライブ・プラネット社の最高経営責任者を務める。それ以前に自ら創設したフュージョン・スタジオズで『グッド*ウィル*ハンティング 旅立ち』(97年)、『アメリカン・パイ』(99年)、『完全犯罪』(99年)、『レインディア・ゲーム』(00年)、『恋の方程式』(01年)などを手掛けた。
★☆INDEX☆★【1】プロジェクト・グリーンライトって? 【2】ストーリーなど【3】グランプリ獲得! (インタビュー)【4】ベン・アフレック&マット・デイモンの話(インタビュー)【5】監督が語る製作秘話(インタビュー)『公式サイト』
『夏休みのレモネード』(原題:Stolen Summer )6月28日~シネスイッチ銀座7月5日~関内MGA(旧 関内アカデミー)にて公開Q:作品の製作の意図は?宗教的な色をだそうとかではなく、文化の違いを通しての人と人とのつながりを表現したかった。これは文化が違う二つの家族を描いた物語なんだ。2人の少年の目を通じて、お互いが異文化を学ぶことこそが大事だったんです。その家族がたまたまアイルランド系カトリックとユダヤ教でしたが、別の宗教でも構わなかった。Q:脚本と監督での仕事面での違いは?いい質問ですね。脚本は、内向きな仕事で自分の頭の中だけで自分の創造の世界をつくりあげていく仕事でした。でも監督は、逆で外向きの仕事で人との共同作業になるわけで、その中でいかに自分が創造した世界に近づけていくかですね。今回はイメージ通りの作品に出来上がりました。
ピート・ジョーンズ
Q:撮影中に脚本を変更した部分は?30歳の自分が書いたセリフを8歳の子供に言わせると言葉の響きに違和感があったんだ。だから子供たちに「こういうふうにしたいんだけど」というアイデアを伝えて、彼らの言葉に書きかえました。Q:子供たちの魅力を引き出す秘訣は?秘訣は…ないですね。僕は皆に「正直に言って僕は、どうしたらいいのかわからない。君たちもわからないだろうけどね。だから一緒に作っていこうよ」と言いました。今となっては8歳と10歳の子供たちと年齢差が20歳以上あるのに友達です。Q:子供たちとの思い出話は?「これをやってくれたら撮影後にTVゲームをやろう!」とか何かご褒美を用意しました。また子供たちに“仕事なんだ!”とか“仕事をさせられてる”と思わせないように楽しめるような雰囲気作りを心がけました。Q:ピートのパパのキャラクターは?知人をモデルに書きました。Q:なぜ息子の大学進学を反対したのか?僕自身も子供がいるので、我が子には幸せになって欲しい。という親の気持ちがわかります。でも子供が自分より高学歴になってしまうときの怖れが少しはあったんだと思います。また息子が“幸せになるのに教育が必要だと考えてる”ところがイヤだったんですね。Q:娘に「話し方教室に行け!」というセリフは?I love that part. 僕のお気に入りのシーンです。大人だけが理解できる会話が面白いと思うんです。父や母としてじゃなく、男と女の会話。子供には分からないブッラク・コメディーやダーク・コメディーは好きですね。Q:ブラックな作品も書けるのでは?ブラックは好きですが、今の自分には、まだユーモアだけで1作品を書ける程の力はないと思います。Q:ダニーとの別れのシーン?演出ですね。あの方が感情面での効果が高いと思ったんです。それに実生活では、そういうほうが多いと思うんだ。謝りたかったのにできぬまま別れが…とか。それと母から「怒りを抱えたまま寝てはダメよ」って教わってたしね。Q:家族映画にこだわる由縁は?僕の家族もやはりアイルランド系カトリックの大家族でした。家族との人間関係が僕に与えた影響は多大でした。なんてたって家族からのアドバイスの影響力は大きいよね。だからこだわるのかも。例えば同じムカつく言葉でも、家族に言われた時は、ムカつき方の度合いがとても高いだろ。それにもっとも愛情を感じるのは家族からだよね。Q:日本の観客に対してメッセージを『夏休みのレモネード』を日本で公開する機会をいただき光栄です。ぜひ皆さんに楽しんでいただきたいです。そして今後もまた自分の作品を日本の皆様に観ていただけたらと思っています。
夏休みのレモネード
「2003年6月4日 午後6時~ 恵比寿ウェスティンホテルの一室にて」
※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトジャパンに帰属します。

『映画』トップページへ戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。