ヴァンサン・カッセル『ジェヴォーダンの獣』より


ヴァンサンも「モニカの官能美は全身からにじみ出るもので、多くの人がそこに注目しまいがちだが、次回作のノエ監督の映画を観たら、きっとそれだけではないモニカを観てびっくりするだろう」と、彼女の演技力について期待をもたせる。

なんかダンナさまというよりエージェントみたいなセリフですよね。質問に答えるモニカを横でじっと見つめたりするヴァンサン。なんか表面的には、ヴァンサンのほうがモニカに“ぞっこん”て感じなんだけど、どうなのかしら?


一緒に来日したクリストフ・ガンズ監督(右)と3人で

ちなみに今回の映画でのヴァンサンの役は、ジャン=フランソワという貴族の息子で、モニカ演ずるシルヴィアとは敵対する悪役を演じている。

ヴァンサン&モニカはじめ、ヨーロッパの映画界をリードする若手俳優たちが共演する『ジェヴォーダンの獣』は、2002年2月上旬ロードショー。

ストーリーは、フランス史における最大の謎「ジェヴォーダンの野獣」の伝説を基に描かれたもの。18世紀ジェヴォーダン地方で、100人を超える女と子どもが忽然と姿を消した……。狼の仕業か? それとも呪いなのか? (All About Japan映画ガイド:名護 すえ子)

■監督:クリストフ・ガンズ
■出演:サミュエル・ル・ビアン、ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ、エミリエ・デュケンヌ、マーク・ダカスコス

2002年2月 全国東宝洋画系にて公開

『ジェヴォーダンの獣』オフィシャルサイト
http://www.france-no1.com/

<監督・出演者の関連作品>
クリストフ・ガンズ——『ネクロノミカン』『クライング・フリーマン』
サミュエル・ル・ビアン——『トリコロール/赤の愛』
ヴァンサン・カッセル——『ドーベルマン』『クリムゾン・リバー』
モニカ・ベルッチ——『マレーナ』『ドーベルマン』

←前のページへ

<関連Close Up!>
☆『ジェヴォーダンの獣』試写会プレゼント
☆『ジェヴォーダンの獣』舞台挨拶ギャラリー

ギャガ・ヒューマックス共同配給 / 協力:日活
(C)2001-Davis Films-StudioCanal France-TFI Films Production



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。