リリース前に聞いて

先生:
amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
ワンルーム・ディスコ(初回限定盤)
さて、2009年に入って初のシングル『ワンルーム・ディスコ』、現時点では「Perfume LOCKS」での宇宙初オンエアだけなので、まだサウンドの厚みについては十分に体感できていないのですが(Perfumeの場合、CDでちゃんと聴いてみるとかなり印象が変わることが多い)、第1印象はずばり「持っていかれました」。

ワンルーム・ディスコ(通常盤)
ちょっと不安なダフト・パンクっぽいイントロから、予想通り“ディスコ ディスコ ディスコ”とサビに持ってくる。む・む・む、よく聴いていると、「ラジオスターの悲劇」を思わせるメロがちょこっと出て来て、キューンとなります。終盤はドラムビートでドコドコドン~。これは癖になります。

研究生:
僕の第一印象は、「春っぽくて優しい歌だなぁ」ですねー。“ディスコ”のワードから想像しがちな、イケイケなムードはない。新生活への期待感を描いているように見えて、通奏低音には“つい先日に経てきた別れ”が滲んでいる。サビのメロディも景気よく突き抜けていきはしない。TVやラジオで聴く分には、じんわり浸みていくタイプの楽曲なのかなぁと。

小悪魔:
号泣しました。もうあたし強く生きていけます。対談がんばります。いやこの曲凄いです。どうしよう。多分女子ウケ激しいと思います。 とりあえずイントロが神で、どんどん盛り上がり、サビでうわーと。音も相当考えてますよね。皆さんみたく分析を言葉に出来なくてつらい。

研究生:
イントロはかっこいいですね~。トランシーな上物はもちろんですが、僕はキックが入ってくる際のもったいつけ感や大袈裟さも大好きです。パーカッシヴなのも、ちょっとやりすぎ感があるのを含めて大歓迎(笑)。構成的には、俗に言う“大バコ系”のハードハウスやプログレッシヴハウスの定番パターンでもあります。 あとブレイクでの“ドンドコドン”というトライバルなドラムパターンにも煽られてしまいます。

イントロのド派手さと、カクカクしたリズムを持つサビのメロディとのコントラストも印象的です。でっかいイメージからミニマルなメロディへとガラリと変化する。サビのメロディにはテクノポップ的なクールネスも感じられ、なんだかおしゃれです。ハードなイントロからやわらかい曲調へと急激にカットインすることから、中山美穂「JINGI愛してもらいます」も頭をよぎりました。個人的には大好きなパターンです。