エレクトロ起源説

先生:
じゃ、今のエレクトロ(ニューエレクトロ)の話をする前に、エレクトロのルーツについて語り合いましょう。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Dance Album
今やエレクトロっておしゃれ音楽の仲間入りみたいですが、元々のエレクトロって・・・かなり硬派だと思うんですよね。80年代においてエレクトロとも呼ばれるエレクトロ・ファンクは、クラフトワーク(Kraftwerk)等のテクノを黒人ミュージシャンによる解釈とも言える近未来型ファンク。ヒップホップ初期の代表的なビート・ボックスを駆使したサウンドです。ルーツ・オブ・エレクトロと言えば、アフリカ・バンバータ(Afrika Bambaataa)やNewcleusあたりになるんでしょうが、僕的には、そこから影響を受けた白人によるエレクトロ、The Art Of Noiseとかマルコム・マクラーレン(Malcolm McLaren)なんかが当時の気分です。Art Of Noiseとかは、それ自体が“発明”だったと思います。みなさんにとって、その当時のエレクトロってどうなんしょう?

博士:
アフリカ・バンバータは、確か私の大好きなクリス・カニンガムのちょっとグロいPVとかがあって結構好きでした。Newcleusあたりは私の意識の中では完全にヒップホップでした。

当時はデジタルシンセ繁出の時代でシンセを主体としたサウンドが一般化し始めテクノのみならずファンク、フュージョン等、あらゆるジャンルでエレクトロと冠する先駆者が登場しました。中でも上記のアーティストは後のテクノのルーツ=エレクトロの創始者として引き合いにされますが私としては、それぞれかなりのイメージのギャップがありましたね。

特に黒人白人ミュージシャンのエレクトロへの解釈の相違。それがエレクトロと言うひとつのジャンル上で奇跡の様に同居している違和感が、面白かったですね。黒人ミュージシャンはシンセやDJセットというテクノロジーを得てどんどん生き生きしていくんですよ。ちょっと傾向は違いますが奇才サン・ラーに通じるような。ところが、Art Of Noiseなんてどんどん寡黙になって精神性さえ感じ始める。

これは一見最先端の様に見えて、当時まだまだプリミティブだったシンセテクノロジーの限界も関係していると思います。今ではダンスミュージックの王道みたいなループ系の作風も80年代当時リアルタイムで再現できるギリギリのパフォーマンスが定着してジャンルとして確立したと言っても良いでしょう。当時のエレクトロは、まだまだ未完成で突発的で不安定なものであったのです。

多くの黒人ミュージシャンはそのプリミティブさをむしろ西洋音楽にとらわれない“自由”の表現として捉えたような印象がありますね。彼らはシンセやスクラッチと言った新しい表現を得て西洋音階にさえとらわれないむしろ自分達のルーツに近い世界感を表現し始めます。延々とループする電子音もまるで大地に響くアフリカの太鼓の様です。一方、白人のミュージシャンにとってその不随意さはまるで決められた単純な事をひたすらこなすロボットの様に感じ、正確無比なループ音に無機質で非人間的な・・・あるいは前衛的で実験的なテイストを求めます。

まるで大昔のナスカの地上絵が、超未来のUFOの基地に見えるような不思議な感覚。 当時のエレクトロやデトロイトテクノの中には、そういう極めて人間臭い要素と非人間的な権化とが同居しているような不思議な雰囲気がありました。

先生:
博士、語りだしたら止まりませんね。

「黒人白人ミュージシャンの解釈の相違」というのはその通りだと思います。元々ディスコミュージックというのは、黒人のファンクな精神から生まれたもの。それをテクノという解釈で、繰り返しと正確なビートで再解釈したのが、クラフトワーク。そのクラフトワークのビートを再び黒人のファンクな精神で再々解釈したのが、エレクトロ(ファンク)。そして、それらに影響を受けて、あらたなサウンドの実験をしたのが、Art Of Noise。僕の中では、こんなエレクトロ進化論が成り立っています。

研究生:
僕ら世代(30代半ば)にとってエレクトロのルーツとなると、まず最初に思い浮かぶのがMTV時代のエレポップかと。Cut Copyもそのあたりを思い出させてくれますね。あとはクラフトワークやYMO、そしてそれらをルーツにしたデトロイトテクノかなぁと。

先生:
僕の一押し、Cut Copyについては後半で語りましょう~。

エレクトロとテクノの接点

研究生:
アフリカ・バンバータは、当然リアルタイムでは聴いていないのですが、僕らの世代(今、30代半ば)にはヒップホップのルーツとして紹介されています。でも、「Planet Rock」などを聴くかぎりだとど真ん中のエレクトロ。ミニマルな展開ですがよく聴くとベースラインもファンキーですし、粋だねぇ~といった印象です。

先生:
ED BANGERとかでもヒップホップ的なのありますからね。

研究生:
ただしそう感じられたのは、初期エレクトロのスカスカ感を楽しめる初期デトロイトテクノや、デトロイトのゲットーテック系を好きになってから出会ったからではないかと。ロックを頻繁に聴いていた頃に好きだった、テキトーでうさん臭いニューウェイヴならではの風味も満載なので、ええ味出してるなぁって。「Planet Rock」を初めて聴いた時、「あ、ホアン・アトキンス(Juan Atkins)や」と感じたのを覚えています。

小悪魔:
完全に同意です。「Planet Rock」とか今聴いたら発見あるだろなあ。つうか小悪魔は、絶対これ読む人にキモイ30代女だと思われるんでしょね(涙)。

ほんと友達のいない子供でした。しかも自意識過剰。典型的田舎者の美大志望者でしたね。高校の時の彼氏が大学生で、「テクノとかダサイ!」とか言われファッションから音楽から何から指導されました。その人には大分教えてもらいましたねー。オサレフレンチとか。

先生:
急に涙ぐまないでください。いつの間にか、小悪魔の自伝になっていますよ。ちょっとツンデレーション。

ジャングルビート

研究生:
Art Of Noiseは聴かず嫌いでした。オケヒット(今の若い人は知らないかな)の開発、サンプリング。Mr.マリックや仮面ノリダー(※怪人登場シーン)のテーマ曲など。頭でっかちでシュールなイメージで、なんとなく怖い音楽なのかなと思っていました。あと、Adam & The Antsとイメージが重なってしまって・・・今聴くと色物だろ?みたいな。

先生:
Adam & The Antsは、ジャングルビートで、その当時の空気があってよかったんですよ。まぁ、Art Of NoiseもAdam & The Antsのどちらもマルコム絡みですけど・・・ 余談ですが、メロン記念日の「さぁ!恋人になろう」は、ジャングルビートです。

研究生:
メロン記念日にマルコムマクラーレンが絡んでいるんですか?まったくの勉強不足でした・・・

先生:
非常に間接的にですけど・・・

研究生:
しかし、「ジャングルビート」っていろいろな解釈がありますね。ボ・ディトリー(Bo Diddley)もジャングルだし、ジャジーじゃないドラムンベースもジャングルと呼ばれるし、田原俊彦のシングルにも「Jungle Jungle」があるし・・・未だによくわからないビートの1つです。

先生:
そのあたりは解説していますので、「ジャングルビートで連打!」を読んでみて下さい。

The Art Of Noise

研究生:
思わず余談に乗っかってしまいましたが、Art Of Noiseもデトロイトテクノを通過してからだと、僕は気持ちよく聴けますね。個人的には彼らの存在感をCOLDCUTと重ねています。まったく異ジャンルの2組ですが、ビザールなのに気持ちのよいリズムパターンを発明する人たちという印象です。

仮面ノリダーの怪人テーマ「Dragnet」も今聴くと、ギターソロの入るあたりはぶっ飛びサウンド。耽美的な「Moment Of Life」もゆったりした曲なのにグルーヴィ。マリックのテーマ「Legs」もフルサイズで聴くと、例のフレーズにかなり高揚できる構成になっているのでは。ただし、あの曲は普遍的なおどろおどろしさを含む感がありますから、女子受けはあまりよろしくない予感もしますが・・・。

先生:
超魔術ブレイクス
今のエレクトロ好きの女子に「Legs」とか聴いてもらっても、Mr.マリックのテーマ曲としか受け取られないのかなぁ~。

研究生:
初期の彼らのアッパー系の楽曲は、ドッパンドッパンとバカでかく鳴るドラムが印象的。スクエアなリズムなのになぜかケツにくる感覚から、僕はニュージャックスイングをイメージしてしまいます。無茶なイメージかもしれませんが(笑)。逆にドラムンベースに走ったような新し目の音は、小奇麗すぎてなんだかつまらない。プロデューサーチームならではのお寒い感が・・・。

シンセテクノロジーの限界が当時のエレクトロならではのスリリングさを演出している。博士はこの傾向を、黒人発のエレクトロにあてはまるとされています。まさに諸手を挙げて賛成の意見ですが、僕は初期Art Of Noiseにもあてはまる話なのではと感じました。彼らのサウンド処理や演出は、現在の感覚で聴くとやはりプリミティブ。ところがこれが逆に功を奏し、野蛮でいい塩梅の“エグさ”に溢れている。僕がよく使う表現ですが“イカす”んですね。

「Instrument Of Darkness」のProdigyリミックスバージョンも、オールドレイヴっぽさがかっこいい。ポイントとなるのは、オールドレイヴならではの過剰なエグさと、Art Of Noiseサウンドが含む異型さ・シュールさ(特に上物)との相性の良さだと捉えています。

先生:
やはり、世代が違うとデトロイトテクノの位置付けが違うのが面白いです。バンバータとかは、僕の中では、あくまでもP-ファンクとかの延長線上なんですよね。Art Of Noiseは、自分の中では、バグルスの売れなかったセカンド・アルバム『The Advernture Of Modern Recording』とマルコム・マクラーレンの『Duck Rock』とかの交差点の向こうにある存在。まぁ実際、聴いてみるとあながち否定できないのですが、デトロイトテクノとかには自分の中では繋がっていなかった・・・

研究生:
デトロイトテクノのヒーローにはP-ファンク(特にパーラメント名義)がありますから、繋がってはいると思います。先生や博士はルーツサウンドの発展形として、僕ら世代はロック以外におけるルーツサウンドのさらにルーツという捉え方。つまり、上から見るか下から見るかの違いかなと感じています。そもそも先生、博士、小悪魔、僕が、バンバータを見つめる始点となるP-ファンクとデトロイトテクノは、とても似ている音楽でもありますしね。

バンバータのヒップホップ寄りのサウンドの楽曲は完全にP-ファンク。でもリズムの感触はP-ファンクだとも、アッパー系のデトロイトテクノだともいえる。デトロイトテクノはファンク色の強い“黒いテクノ”ですから。一方エレクトロ色の強い楽曲は、デトロイトテクノだとゲットーテック系、P-ファンクだとパーラメント名義アルバムのスローチューン系変てこファンクのうにょうにょしたエグい感触がある。

僕が先に発言した“うさん臭さ”というのも、要は黒人ゲットーの辛い現実からのエスケーピズムの表現方法でしょう。ユーモラスに表現するのがP-ファンクやバンバータ。センチメンタルに表現するのがデトロイトテクノ。アウトプットの形は違うけれど、根本には同じ硬派スピリットがあると思われます。ただし、どちらもやりすぎ感に溢れていますが・・・。

結局、バンバータの捉え方は、彼と出会う前にP-ファンクとデトロイトテクノ、どちらを聴く機会があったのかだけだと思います。僕や小悪魔の場合はたまたまデトロイトテクノだった。でも音を楽しむ際には、どちらにも「ガチな4つ打ちじゃないけどファンキー」、「ちょっとエグ目のファンクネス」、「展開は地味だけどリズムはかっこいい」という、リズム主体のミニマルなダンストラックを楽しめる感覚が求められると感じています。

P-ファンクも僕ら世代のソウル好きだと「あれはヒップホップにつながるから、何か違和感があるねん・・・」という意見もあるんです。それは要するにループ感が強いミニマルな展開を許せるかどうかということなのではと。初期Art Of Noiseも上物は派手ですが、曲展開は基本的には繰り返しですしね。

小悪魔:
わたしも完全にそうです。 デトロイトテクノを通らずしてそのへん聴かないで!ってくらい。

発明家

先生:
誰がアート・オブ・ノイズを・・・
Daft
最近、再発盤が一挙にリリースされましたが、やっぱり、ZTT時代のトレヴァー・ホーンがいたArt Of Noiseにこだわってしまいます。

研究生:
となると、活動休止前のルーツ・オブ・エレクトロに括られる時代のArt Of Noiseになるのかなぁ。あのあたりだとすると、現在形の王道ニューエレクトロを楽しむ、一般的な若者の感覚とは離れているのかなぁ・・・と思います。音色はどうあれ、ニューエレクトロの必須条件である親しみやすいメロディラインを持つ音ではないですし。僕がバンバータを「粋だねぇ~」と表現したように、リスナー体験が“ひと回り”してからでないと聴くのはキツいかもしれません、むしろ90'sテクノを昔から愛する人々へオススメしたい音だなぁと思っています。みんな意外とスルーしているところなだけに。かっこいいですよ~♪

先生:
トレヴァーが絡んでいる割には、確かにメロディは希薄ですね。

研究生:
余談極まりないですが、Perfume「おいしいレシピ」のリズムトラックにも、このようなルーツオブエレクトロから派生したゲットーテック系のフレイヴァーを感じています。もちろん随分と聴きやすくなっていますが、あれは不良のレシピではないかと(笑)。

ただしこれらはすべて、当時の時代背景などを無視したイメージでしかありません。

先生はArt Of Noiseのどの要素に注目して、「発明家」と評しておられるのでしょう?すごく興味があります。おそらく博士も同様の印象をお持ちだと思いますし。

先生:
当時のサンプラーの可能性と最大限に生かしたArt Of Noiseですが、それらは今から見れば、技術的には黎明期のものでしょう。センスは抜群にイイと思いますが。僕の中では、「Beat Box」に代表される破壊的なドラムが中心に楽曲が成り立つ事が、発明でした。 だから、日本にもArt Of Noiseっぽい事を試みる人たちがいましたが、あの破壊力は感じませんでした。

研究生:
僕もArt Of Noiseを心地よく感じるのは、あのドラム音だからです。そして、先生が「Beat Box」を聴いた際に感じた“ドラムの音だけで楽曲成り立つんだ!”という驚きは、僕ら世代ではテクノに感じた衝撃です(どちらも、実はドラム音ではないということも含めて)。昔、テクノのイベントに行った際、音楽の話題になった時によく話していたのも「誰の音が好き?」ではなく、「誰のキック音が好き?」でした。

でも、ニューエレクトロを聴く人たちにその感覚はあるのかな?と。“あの曲のキックのアタック感がヤバいんだよ~♪”という音キチは、あまりいなさそう・・・。そういう意味でも、Art Of Noiseはニューエレクトロ登場以前のピュアテクノから発展したテクノ系サウンドのルーツとしての立位置なのかなと。

ただし、ニューエレクトロのルーツであろうDaft Punkは、キック音が最高に気持ちよかったんですが・・・。ニューエレクトロはそこをもう少し突き詰めて欲しいなぁと思ったりはします。リズム面でちょっと物足りなく感じたりもするんですね。音圧高いのにキックが細いぞとか。

Cut Copy

先生:
さて、いまどきのニューエレクトロですが、最近洋楽を以前ほど聴きこんでいないので、偏ってはいますが、僕の中では、ダフト・パンク(Daft Punk)の流れから来るフレンチ・エレクトロやKitsune~ED BANGER系ですね。ダフト・パンクも『DISCOVERY』でのフィルターハウス的な音から、『Human After All』でエレクトロにアプローチしていますしね。Justiceやdigitalismとかは、もう王道ですから。あと、SurkinやオーストラリアのCut Copyなど。Cut Copyはかなりエレクトロポップですけどね。

博士:
Cut Copyは良いなぁ・・・ヒューマン・リーグとかユーリズミックスの良いところ取りみたいで。エレクトロ~テクノ系好きでこれ嫌いな人いないんじゃないかなぁ。こうゆうのがもっと日本でもヒットすればSPANK HAPPYなんかも人気が出るんじゃないですか。

先生:
なんかいつもSPANK HAPPYが売れなかったところにオチがありますね、博士。Surkin君なんて、ミュージシャンというよりもオタク少年という風情があります(笑)。

博士:
いんちき魔術師みたいなSurkin君なんて絶対アキバのイベントで大勢で変なシンクロダンスしてそうですからね・・・。

先生:
In Ghost Colours
博士もCut Copy好きですか! やはり世代が同じである事を痛感します。彼らはオーストラリアのMODULAR RECORDS発ですが、オーストラリアって時々、面白いバンドを輩出しますね。アヴァランチーズ(The Avalanches)なんかもそう。彼らはブリブリのエレクトロではないですが、所謂ニュー・オーダーみたいな泣きの入ったエレクトロ(ポップ)。懐かしいんだけど、今の音としても大丈夫ないいバランス感覚を持っていますね。

小悪魔:
MODULAR RECORDSは、なんか凄いいまアツいみたいですね。昨日お話した若いテクノ好きの男の子も「ちょー好き!」とか言ってました。

先生:
Cut Copy自体がエレポップ的であるというのは、その通りなんですが、他のエレポップ的な、エレクトロクラッシュなんかも含めたエレクトロ系がイマイチ冴えないのを考えると、Cut Copyというのは異質だと思うんですよね。彼らのオリジナルの焦らした感じも好きなんですが、リミックスものがいいです。CSSの「MOVE」、Mercy Armsの「Kept Low」やMidnight Jaggernotesの「45 and Rising」のリミックスとか、鳥肌もんです。

研究生:
わかります。リミックスも基本はエレポップ風味ですが、従来のこのジャンルとは異なるフィーリングがありますね。特にリミックスはなんだろう・・・覚醒感がポイントなのかな? 「Hearts On Fire」でも感じました。Surkin君にも同様のものを感じます。

CSSの「MOVE」だと後半はアガっていく展開。あのへんのフィーリングが、僕がCut Copyを引き合いに出した、コズミックを使用するプログレッシヴディスコのDJプレイと重なります。このへんのDJで使用される曲単体はただのエレポップなのですが、そこに別の曲を重ねてじわじわアガっていく・・・あの感覚と似てます。トリッピーな雰囲気に現代性を感じます。

Surkin君の「Next On Kin」は、同パターンを延々とループ。無茶な繰り返しだからこそトべる。僕が感じるエレクトロクラッシュの“こぢんまり感”とは異なる、フロアミュージックならではの“豪快さ”がありますね。美味しいところだけをぶっこ抜いて、ループ効果でさらに高みへと導く。この曲に関しては大袈裟な表現ですが、ちょっと“心に危険な音楽”って感覚もあって。「ヤバい」って表現がハマりそう。アンセムっぽくもありますね。

先生はどのあたりの要素で彼らを評価しておれれます?

先生:
Cut Copyを車運転しながら聴いて、考えていたんですが、“切なくて、ファンキー”なところですね。それは、Royksoppとかにも近い感覚です。

Surkin君は確かに突き抜けた感じが好きなんでしょう。どちらも、メロはエレクトロとしては強いですね。

Uffieちゃん

先生:
F1RST LOVE
他、JusticeがリミックスしたMGMTの「Electric Feel」が、完全にツボです。それから、Justiceの「The Party」を歌っていたED BANGERの歌姫、Uffieちゃん。宇多田ヒカルではないですが、彼女の「F1RST LOVE」がうにょうにょなラヴソングが素敵です。脱ぎっぷりもいいし、ビッチな歌詞もぴったり。ジャケのイラストも、アメコミというかロイ・リヒテンシュタインみたいなED BANGER路線。このあたりをAiraちゃんにも取り入れて欲しい。

博士:
分かりました。私がそのジャケをAiraちゃん用に作ります(本当に20分で作りました)。

フィジェットハウス

先生:
ニューエレクトロの次は、先日、研究生も言っていたフィジェットハウスらしいですけど(笑)。 Herve、Sinden、その二人そろったMachine Don't Careなんかですよね。

研究生:
タワレコの煽りやAiraちゃんブレーン内ではそうじゃないかと思っています(笑)。でも、僕もあのあたりの音を聴いて納得してますね。こりゃかっちょいいぞ~♪と。

ただし、文字通り上物が“そわそわ(=フィジェット)”しててメロディアスではなく、リズム主体でフロアユースの要素が強い。ポップスへの転用は現在形のエレクトロよりも難しそうな感があります。ですから、今のエレクトロブームほど大きな動きにはならない予感はします。むしろ、大きな括りであるエレクトロのバリエーションが増えただけだという捉え方もできます。

今年の半ば以降になると、「俺はエレクトロなら、ED BANGER系よりもフィジェット寄りのやつが好みかな。あっちの方がケツにくるしさ~」って人も出てくるかもしれません。ということは、俯瞰するとエレクトロの流行はまだまだ続くのではと予想しています。

先生:
クラブ系の分類はよく細分化されすぎては、訳がわからなくなります。フィジェットハウスも確かにエレクトロの一部って感じがしますね。というか、ジャンルというよりも、音の処理の名前みたいな。エレクトロの場合、音以上のカルチャーやデザイン的要素と連動していますが、こっちはそういう感じではない。これから変わるのかもしれませんが・・・

では、次は講師の提案があったので、ちょっと視点を変えて、チャートやTVから分析してみましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。