松武秀樹氏へインタヴュー

第4のYMOのメンバーとしても知られる松武秀樹氏がテクノライフ30周年を記念して、Logic System名義のもと放つアルバム、その名も『TANSU MATRIX』!幼少時の音楽体験から、今回のアルバム、最近のシンセサイザーにまつわる活動、テクノの盛り上がりなどについてお話を伺ってみました。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
TANSU MATRIX
01. Turning Point - Epilogue
02. Hypnotize
03. Wandering On The Road
04. Digiphone
05. 桜繚乱
06. THOUSAND KNIVES
07. Sweet Memories
08. Nenkororo (MOSH)
09. LEFT-HANDED WOMAN
10. LOVE
11. Y.M.C.A.
12. a long cool rain
13. Go!! Rise!! Cow!!
14. Land of 1000 Dances
15. Some Enchanted Evening
16. Turning Point - Prologue


タンスを操作する松武秀樹氏


幼少時の音楽体験

ガイド:
たった1人のフルバンド
今回は松武さんにインタヴューできる機会が出来て、とっても光栄です。先ずは古いお話から聞かせてください。松武さんの歴史は日本のシンセサイザーの歴史でもあるので、質問しだすときりが無いかもしれませんが。松武さんが1981年に出された『たった一人のフルバンド』はとても好きな本です。YMOの本でもあるんですが、シンセサイザーに対する熱い想いが伝わります。お父さんの仕事関係で幼少の頃から音楽的に恵まれていたそうですね。お父さんは何をされていたのでしょうか?

松武:
読んで頂けて嬉しいです。父は原信夫さんのシャープスアンドフラッツの結成メンバーで、テナーサックス奏者でした。あの頃のビッグバンドはアメリカから入ってきたアレンジをそのまま演奏するのが主流でしたけど、シャープスアンドフラッツは日本人のアレンジャーを起用して大胆な表現をしてたんですよね。ある意味ではそれも僕のテクノ人生のルーツかも知れない(笑)。あとは、親父はジャズの他にも、大陸的な曲調の歌謡曲とかイージー・リスニングもいっぱい聴いてたんで、僕も小さい頃から自然といろんな音が耳に入って来てたんだと思います。

冨田勲先生へ師事

ガイド:
その後、千代田電子技術専門学校を卒業して、冨田勲先生に師事されるわけですが、振り返って一番学べたことは何だったのでしょうか?

松武:
近未来の電子工学と、電子計算機(コンピューター)の応用工学ですね。僕がよく言っている「テクノは忍耐」は・・・19歳で冨田先生に弟子入りしてから、プロの現場で学んでいったことですけど、学校ではそこは教えてくれてなかった(笑)。

MAC設立

ガイド:
その後独立して広告音楽制作会社「MAC」を設立されるわけですが、当時自分で会社を立ち上げて、かなり高価なシンセサイザー(Moog III-C)を購入されたと思いますが、これはかなり大きな冒険だったのでは?

松武:
もちろん、パトロン会社がありました。でもYMOに参画しなければ返済できなかったでしょう。振り返ってみれば無謀ですけど、23歳位だったんで勢いで。まぁ、若さの特権と言うことですね。

MC-8

ガイド:
松武さんがローランド社のシーケンサーMC-8が使えるというのがYMOに参加される一つの理由だったと聞きますが、この時点でMC-8を使える人は日本にはほとんど居なかったのでしょうか?

松武:
どうなんでしょう? 情報網がほとんどなかったので何とも言えませんが・・・MC-8の価格が高価なのと、そんなに量産できるものではなかったんで、流通した台数自体も少なかったでしょうね。

ガイド:
MC-8苦労話などもあれば、聞かせてください。

松武:
苦労といえば、MC-8が悪い訳ではないんですけど、ライブではデンスケ(当時のテープレコーダーの愛称)やらモーグやらE-μやら、いろんなものと繋いでいたんで、機材トラブルが起きる確率は上がるし、どれか一つでもトラブルが起きると音が出ない部分があるのが大変でした。

Logic Sytem東芝EMI時代

ガイド:
今回ちょうど、東芝EMIからの初期Logic Systemの3作品(『Logic』『Venus』『東方快車』)のリリースが6月20日にリマスター再発されるのは、ファンにとってもうれしいことです。YMOの『BGM』『テクノデリック』と重なる時期に、Logic Systemを始まれたわけですが、その理由は?

松武:
時期が近かったことに特別な理由は思い出せないんですけど、たまたまテクノミュージックが成熟、拡散の時期だったのかも知れません。Logic Systemの役割というと大袈裟ですけど、アルバムごとにはテーマはありますね。
Logic
『Logic』はYMOもゲーム音楽も含めてコンピューター・ミュージックが世間に一通り認知された時期に、アナログシンセを中心にした日本+ヨーロッパ調のテクノの総まとめをしておきたかったと記憶してます。

Venus
『Venus』はロスで凄腕のミュージシャンが何人も参加してくれたり、クリス・モスデルさんの詩とかペーター佐藤さんのイラストとか含めて、総合芸術的な作品ですね。

東方快車
『東方快車』は、僕が鉄道が好きっていうのもありますけど、単に旅と言うことだけではないんです。大陸を横断できる鉄道で情報の交流があれば、戦争だって無くなるんじゃないか・・・と。そんなコンセプトで創りました。当時はまだベトナム戦争の影を引きずってたし、もっと世界を知ろうよ、お互いを助け合おうよ、という気持ちを込めたつもりです。

ガイド:
これは以前からご本人に聞いてみたかったんです。ファースト・アルバム『Logic』(1981年)にも収録されている「Domino Dance」は、シングルとしても日英同時発売されていますが、アジア圏でも人気が出たのですよね? 香港とか? フィリピンで流行ったといううろ覚えな記憶もあるんですが、そうだったのでしょうか?

松武:
EMIレーベルから9ヶ国で発売して、ヨーロッパ圏と、香港を中心にフィリピンを含めてアジア圏でヒットしました。ライブもやりましたね。僕とシンセとコンピューターしかステージにいないのに色んな音が鳴るから(笑)、当時はそんなの初めて見た人ばかりですごく驚かれたけど、熱気もすごかったですよ。さっきの『東方快車』の話じゃないですけど、音楽に国境はないんだな、と。

TANSU MATRIX

ガイド:
では、本題に移ります。7月25日にリリースされた最新作『TANSU MATRIX』についてお聞きしたいと思います。今回のアルバム、ゲスト陣、新旧がクロスオーヴァーする機材群とテクノライフ30周年に相応しい内容になっていますね。2曲目の「Hypnotize」に関して「PerfumeサウンドをLogic System流にやってみた」とのコメントがありますが、松武さんからPerfume(中田ヤスタカ)サウンドはどのように評価されているか、ぜひお聞きしたいです。

松武:
Perfumeサウンドをちゃんと研究した訳ではないんですけど、80年代のエレクトロサウンドがまた流行っていることは良いことだと思っています。僕も、今ではテクノ歌謡って呼ばれるようなピコピコした女の子のポップスはだいぶ関わってましたし、そこも含めて集大成ということで(笑)。

ガイド:
この曲に続いていく流れがとても好きです・・・壮大なストリングス系の「Wandering On The Road」~初期Logic Systemを思わせる、今風に言えばエレクトロなロボ声曲「Digiphone」。「Digiphone」は機材的にはどのようなものを使われたのでしょうか?

松武:
VocoderはEMSとRoland VP-550ですね。

ガイド:
当世ロマン歌集
クレジットを見て目に付いたのが、赤池晴子さんの名前です。「桜繚乱」「Nenkororo」という赤池さんにぴったりのレトロなムードが漂う楽曲になっていますね。赤池さんの1992年のアルバム『当世ロマン歌集』で、松武さんはシンセサイザー・プログラマーとして参加されていますが、今回ゲストヴォーカルとして赤池さんに参加されることになった理由は?

松武:
Logic Systemの基本コンセプトである「Asian Techno」サウンドと今回の企画内容に、赤池さんの声質が必要と感じたからです。武藤ありささんも、同じ理由ですね。

初音ミク??

ガイド:
こちらはゲストというか機材というか、初音ミクも登場していますね。今回、初音ミクを使う際、松武さんとして使い方として特に工夫されたところがあれば、教えてください。初音ミク・ユーザーも多いと思いますので、参考にされたい方も多いと思います。

松武:
実は初音ミクではないんです。ヴォーカロイド開発技術者の協力援助を頂いて、販売製品・開発商品を使用しました。ヴォーカロイドは初期製品発売前から関わっているので、プログラムや録音の工夫は色々とコツはあります。一番大事な点は、人間と違うニュアンスを出すプログラムであるということですね。人間そっくりが良いなら、ヴォーカロイドである必要がなくなってしまいますから。『To Gen Kyo ±1』でやった「コーヒー・ルンバ(LET'S TAKE A COFFEE)」も、あえて外国人データのヴォーカロイドに日本語で発声させて、カタコトっぽい面白さを狙ったりしています。初音ミク・ユーザーには・・・『HISTORY OF LOGIC SYSTEM』の「あの素晴らしい愛をもう一度」も聴いてもらえると嬉しいですね。5年前、日本語版ヴォーカロイドが発売される前にこんな使い方してた人間もいるんだと思えば、なんでも出来そうな気がしませんか(笑)?

大人の科学

ガイド:
大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル
大人の科学マガジンふろくシンセ、Gakken SX-150も使われているのを知り驚きました。これはどこでどのように使われたのですか?

松武:
「digiphone」「Land of 1000 Dances 」などなど、思いついた場所ですね。いろいろ試しながら入れてみたので、テクニックを正確にレクチャーすることは出来ませんけど、レコーディングでも使えるんだって証明にはなったかな、と。

ガイド:
シンセを付録というのは松武さんが提案されたんですよね? いや、僕の周りの人達もかなりの人達が買っています。三冊?三台?買った友達もいます(笑)。

松武:
ありがとうございます。アナログで制作するところが重要なんですよね。パソコンの中で使えるものも便利だけど、実際に手にとって動かして音が出る面白さを体感して貰えたらと思ってます。

KORG DS-10

ガイド:
KORG DS-10
同じく、松武さんが監修されたNintendo DSのソフト、KORG DS-10もアルバムで使われたんですよね。ふろくシンセもDS-10も、大人でも十分に楽しめるもの(実際、大人の科学ですから)だと思いますが、日本の少女少年たちがシンセに目覚めるきっかけを作るという松武さんの教育的狙いが
あるのではと深読みしていますが・・・どうでしょうか?

松武:
そうですね・・・音楽を創造する、そして制作するというきっかけになってくれればと思っています。どうしてもシンセとかテクノっていうと「機材を揃えるのが高くつきそう」とか「難しすぎて使いこなせないんじゃないか」とか構えちゃうこともあると思うんですけど、そうじゃなくて身近に感じられるものなんだよ、みんなが表現者になれるんだよ、と伝えたいですね。

テクノ再燃現象

ガイド:
続く世界(初回生産限定盤)
松武さんが後見人としてクレジットされているチップチューン・ユニット、8bit Project(9月10日に中川翔子さんの6thシングル『続く世界』に8bit Projectがリミックスした「空色デイズ」が収録)の伊藤さんには以前インタヴューさせていただきました。チップチューンもそうですが、このところ前述のPerfume、初音ミク、大人の科学、DS-10などテクノ再燃とも言える現象が勃発しているのではないかと思っております。30年テクノライフを追求されてきた、松武さんとして現在の現象はどのように捉えられていますか?

松武:
たいへん嬉しく思っています。電気があるおかげで生活が豊かになり、産業も発展してきました。でもテクノロジーは空気のようにフワフワしていて、誰も入手することができないんです。つまり、答えがないから、誰しも興味を持つのでしょう。「デジタルはアナログを超えることができない」が現在の僕の回答です。

ガイド:
いろいろ面白く且つためになるお話しをありがとうございました。

お知らせ

11月28日(金)、29日(土) 東京・池袋アムラックスホールにて「SYNTHESIZER FESTA 2008」開催。
新旧のシンセサイザーが勢揃い、SX-150 サウンド&パフォーマンス・コンテスト・ファイナル、Logic Systemのライブも無料で観覧できます。

詳細は下記URL
Synthesizer Festa Archive
SX-150 サウンド&パフォーマンス・コンテスト 10月20日(月)応募締切
Synthesizer Festa Pre Infomation
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。