序章

童貞・処女の諸君(!)、新生アーバンギャルドは待望のフルアルバム『少女は二度死ぬ』を出産致しました。出産祝いとして、アーバンギャルドの団員達に彼らの頑なな志と受難について語って戴きました。ちなみに、“よこたん”とは浜崎さんの愛称です。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
少女は二度死ぬ
01. 水玉病 
02. セーラー服を脱がないで (Album Mix)
03. 女の子戦争 (New Mix)
04. ファッションパンク 
05. オギノ博士の異常な愛情 
06. ヌーヴォーロマン
07. いちご殺人事件
08. 仮想敵
09. 少女の壊しかた 
10. コマーシャルソング 
11. 四月戦争


谷地村(Key&Pg)、浜崎(Vo.&処女)、藤井(VJ&アートワーク)、松永(Vo.&童貞&Pg&被り物)、瀬々(G.&Pg)


処女を捧げる相手は慎重に・・・

ガイド:
お久しぶりではないですね。この1年で4度以上お会いしています(笑)。

松永:
いつもお世話になっております。前回受けたインタヴューからもう1年経っているのですね!
この1年で、童貞以外のあらゆるものを捨てた気が致します。

よこたん:
おかげ様ですっかり暗黒です。

ガイド:
よこたん、人のせいにしてはいけません。

ニューアルバム発売おめでとうございます。でも、その前に聞いておきたいことが。メジャーデビューを賭けた熱い闘い、Yahoo!JAPANのオーディション「WHO'S NEXT?」で3000組中、第5位になったんですよね。二次予選までは1位だったんで、「なんで~」という感じで・・・このままメジャーに行くと思っていただけに残念です。

松永:
ありがとうございます。ノミネート曲「女の子戦争」のPVを作ったり、政見放送を流したりと大健闘したのですが「子宮からメジャーデビュー!」まではあと一歩及ばずでした。

あの結果には色々と大人の事情を感じないこともなかったですが(笑)、それはともかく。あの当時「メジャーデビューしてくれ」という期待が高まる一方「インディーズのままでいて」といった意見も多く、自分たちとしてもどのようなかたちがモア・ベターなのか悩んでいたところでした。もちろん結果が1位でメジャーレーベルと契約していれば自分たちの住む世界は変わったのかも知れませんが。

堅い話ですが、CDが「マジで売れない」昨今、大手レコード会社と契約すると一口に言っても、色んな形態があり、それが必ずしもアーティストのためになるのかどうか分からないといったところが現状です。メジャーに行って逆に売れなくなったアーティストも沢山知ってますし、チラシをまく、すなわち広告費をかければそれだけCDが売れるといった時代でもなくなった。逆にYouTubeを使った超低コストなバイラルCMで広く名を知らしめることだってできるわけで、そのへん我々のような一介のインディーズバンドは有利でもあるわけです。

音楽業界もドンブリ勘定じゃなくなりつつあるんでしょうね。そこで僕らがどう振舞うかは今後の課題でもあります。
メジャーデビューはもちろんしたい。しかしながら、よく考えて相手を選ぶことが大事だということですね。処女を捧げる相手は、慎重に選びたい。慎重になりすぎて羊水が腐ってしまってもしょうがないですが(笑)。

アングラとポップの野合

ガイド:
「NEXTMUSIC AWARDS 2007」でもそのアングラさを評価するコメントに溢れていましたね。
LIVE


松永:
あれは賞そのものより審査員の方々のコメントが何より嬉しかったですね。「丸尾末広」「フレンチポップ」といったワードも、分かってくれてんじゃん、みたいな(笑)。

アーバンギャルドが意識的にしようとしていることは「アングラ」と「ポップ」の野合ですが、それを理解して下さっている方が多かったのが有難かったです。テクノポップって普通、ポップな方向にどんどん行ってしまいますよね。女の子も、どんどんオシャレに、プラスティックになっていってしまう。でもそこで唐突に手首切った女の子に「醜い髪にリボンを」って歌わせる違和感が僕らのオリジナリティではないかなと思っております。ポップに毒を忍ばせる、電子音をピアノやギターで歪ませる。

もはやアングラというジャンルが持ち上げられ、寺山修司が憎んでいた故郷さえ寺山で町おこししている現代だからこそ、ポップだけどアングラ、アングラだけどポップな立ち位置でいたいわけです。

谷地村:
アーバンはビジュアルや歌詞のインパクトが強いのでそれについて言及されることは今までもありましたが、今回はサウンドそのものにも色々コメント頂いていてアレンジ担当として素直に嬉しかったです。 アングラをポップに捉えるといったバンドの姿勢も結構伝わっていたし、審査員の方々とは是非お近づきになりたいものです(笑)。

トレヴァー・ブラウンが受けいれられる国

ガイド:
では、ニューアルバム『少女は二度死ぬ』について。先ずは、ジャケが素晴らしい! これはトレヴァー・ブラウンさんによるものですが、どのような経緯で描いてもらうことになったのですか? 松永さん、マジ好きそうですもんね。
浜崎・松永


松永:
実はトレヴァーは、よこたんからの紹介なんですよ!

よこたん:
元々トレヴァー氏の世界観が好きで、こっそりメールでやりとりした時期があったのです。それで今回、ダメもとでオファーしたら、なんと覚えてくださっていて!快く引き受けてくださいました。アーバンのHPやPVを全てチェックしてくださっていた事を聞いたときは夢のようでしたね。

松永:
僕は80年代YEN界隈で活躍したゲルニカの美術監督にしてイラストレーター・太田螢一画伯の描くジャケットが大好きなのですが(『うわさの人類』も『人外大魔境』もアイロニーがあって、キュートで、秀逸ですよね)トレヴァーのタッチには何処となく彼を思わせる雰囲気があり、前々から気になってました。しかしながら大御所なので、まさかオファーを受けてもらえるとは…という感じです。

ガイド:
あっ、僕も太田画伯は大好きで、ジャケ集めました。T-シャツも売れているらしいですね?

松永:
話題を振って頂きありがとうございます。こちらで販売しております(笑)。トレヴァー・ブラウン画のTシャツとしては、ひょっとして最も安い価格設定かも?かなり売れてますね。

トレヴァーファンの方がCDを買わずにTシャツだけ買っていく、という嬉し悲しい事態も起きております。アーバンのロゴが入っててごめん!みたいな。

ガイド:
彼は幼児芸術で知られるイギリス人ですが、今は日本に移住して活動されているんですよね。やはり、海外は風当たりが強いのでしょうかね。日本なら、トレヴァー・ブラウンは女子にも受け入れられますからね。

松永:
真偽のほどは定かではないですが、聞いた話によると本国では児童ポルノに対する風当たりが強く、当時規制の弱かった日本にやって来た、とのことでした。日本はロリコン大国というか、そういったものをきちんと芸術として認める文化が根付いてますからね。最近は児童ポルノ法が美術やマンガにも適用されるかも、みたいな話もあって、トレヴァー自身もブログで嘆いていますが。

彼の作品が当事者である女の子たちにも受け入れられている現状を見てもらえれば、この文化は国を挙げて庇護するべきものって気もするんですけどね。

「少女」は我々にとっても欠かすことのできないメタファーです。

先生、病気です。

ガイド:
ライナーを明けると・・・あれ?みんなで「チョコレイト・ディスコ」しているじゃないですか?
チョコレイト・ディスコに違いない


松永:
「チョコレイト・ディスコ」と見せかけて我々の新曲「水玉病」のフリというのが実際ですが、装置メガネの「メガネジェネレーション」のフリのようでもあり、いっぽうで「せんとくん」も意識しています。 余談ですが、かしゆかは前髪パッツンになって可愛くなったと思います。僕の好みを知ってたんだね、ksykかわいいよksyk。

よこたん:
先生、病気です。
以前先生が「チョコレイト・ディスコ」を聞きながら「チョコレイト・ビスコ」やら「チョコレイト・ピストン」やらおっしゃられていた日の事が忘れられません。

ガイド:
そんな事言いましたかね・・・ よこたん! 今日はPerfume対談ではないので、「先生」ではなく、「ガイド」ですよ。

よこたん:
先生、ごめんなさい!
ライヴでは「水玉病」や他の楽曲の振り付けをファンの皆さんがやってくれたりするので、ステージから見ていてとっても楽しいです。踊って唄える歌手になりたいですね。

ヴィレヴァンさん、Perfumeの横に置いてください!

ガイド:
ちょっと、話は飛びますが、シングル『修正主義者』は、梅田のヴィレッジヴァンガードに置いてあるそうですが、よこたんがPerfumeの横にわざとらしく置いてもらったというのは、本当なんでしょうか?

よこたん:
本当です!店長さんと話していたときに「この辺に置いて欲しいな」オーラを出していたら、見事にキャッチしてくださいました!

松永:
ヴィレヴァンでは我々はPerfumeに次ぐアイドル、という扱いなんですね(笑)。Aira MitsukiやSweet Vacation!と同じ視聴機に入れて下さっても結構ですよ。我々はむしろスイーツ(笑)バケイションですけど。

「水玉病」サビ転回の訳

ガイド:
肝心の楽曲について聞かないといけませんね。水玉病はオリーブ少女の残党の罹患率が高い病気ですが、オープニングの「水玉病」は、歌謡曲メロディーから「あなたに・・・」のサビで全然変わっちゃうところが大好きです。
水玉病


松永:
実はこれ、作ってる人が違うんですよ。A、Bメロは僕が作ってて、サビと導入部は谷地村が作ってるんです。

谷地村:
最初に天馬の作ってきたメロディが、アルバム1曲目にはちょっと弱いかなと感じたんです。なので僕がサビを書き直して、それを中心にいくつか他の部分も変えました。書き直したサビについてよこたんから一回猛烈なダメだしをくらって(笑)、もう一度書き直したものが今のものです。A・Bメロとの整合性が取れてない感じが逆にいい結果を生みましたね。
他の曲にも言えますがアレンジも随所に遊びを入れているので、聴きまくって色々な「音」を発見してみてください。

松永:
この曲に限らず、今回はお互い、ダメの出し合いでしたね(笑)。この曲と「ファッションパンク」「仮想敵」はかなりダメを出した気がします。

僕は楽曲を制作する前にアルバム全体のテーマみたいなものをまず綿密に決めるのですが、今回はそこでもだいぶ悩みました。最初に収録曲数と並び順、どういったテンションの曲を入れるのか、そして曲のタイトルまでリストアップするのですが、やはり一曲目のインパクトは絶大なものでなければと。悩んでいるうちに、ライヴハウスに集う女の子たち、アーバンのライヴを観に来る女の子たちの水玉ファッションが目に浮かびました。で、彼女たちを主役に一曲書いたらどうだろう、と。

元々よこたんの衣装も赤地に白の水玉で、いわゆる「射精」をイメージしているので、アーバンのコンセプトにも改めて自己言及するような歌となりました。

こちらはPV(プロパガンダ・ヴィデオと読みます)「水玉病」も是非見て頂きたいです!前回前々回でスキャンダラスでスプラッターな方向に走った反動か、今回は純粋に完成度の高い映像作品に仕上がりました。デュシャンの便器から登場する精子のぬいぐるみは、物販で売って!との要望も多く頂いております。

よこたんも血まみれになった甲斐があった

ガイド:
2曲目の「セーラー服を脱がないで」は、『修正主義者』に収録されていましたが、ちゃんと別MIXになっていますね。このPVはYouTubeで20万回を超えるVIEWだと聞きました。結構、海外の人にも受けるみたいですね。

松永:
セーラー服・日本刀・流血、というアイコンが、ある意味日本のサブカルチャーを端的に表してますからね。海外のANIME、OTAKUブームがこんなところにまで飛び火するとは! PV制作にあたっては現代美術家・会田誠氏の作品を意識しましたが、会田氏も同じ文脈で海外からの支持が熱いですよね(ちなみに「水玉病」PVは草間彌生を意識しています)。 外国からのCDの注文もにわかに増えつつあります。よこたんも、血まみれになりながら撮影した甲斐があったというものでしょう。

よこたん:
MySpaceでも海外の人からのメッセージをよく頂きます。
海外用通販にも、結構ご注文頂いていて嬉しいです。
そのうち海外のイベントにも出演したいなぁと企んでおります。勿論、セーラー服で。

セーラー服でうろいついて補導されたい

ガイド:
「セーラー服~」「オギノ博士の異常な愛情」「ヌーヴォーロマン」と全部「先生」が、歌詞に出てきますね。松永さんはよこたんに「先生」を言わせることに快感を感じ入るのではないかと・・・
LIVE


松永:
先生と生徒というのは男女のカップリングで最強だと思うんですよ!以前の記事でも言いましたがアーバンギャルドにおけるわたくしとよこたんの関係は「監督と女優」なので、この位相を歌詞に流し込んだ感じですね。

「セーラー服~」では教師、「オギノ博士~」では医師、「ヌーヴォー~」では作家として、それぞれ「先生」を演じています。関係ないですが年頃の女子と話すと、中高生時代、学校の先生と付き合っていたという子が多くてびっくりします。個人的には先生と生徒はお互い愛し合っても付き合えない関係、というのがいいと思うんですけど、いかがでしょう。先生は女の子に求められても「セーラー服を脱がないで」と言えるようじゃないといけません。

よこたん:
先生、と付く人は何故か3割・4割り増しになりますね!
最近は(今更ですが!)夜回り先生が気になってます。是非セーラー服を着てうろついて、補導されて自宅保護されたいです。

先祖帰り渋谷系

ガイド:
ラスト曲の「四月戦争」も気に入りました。最初はいつものアーバンと違うと感じたんですが、音の分厚い時期のムーンライダーズが疾走するような曲ですね。

松永:
ありがとうございます。確かに色んな音つめこみ感がライダーズっぽいかもですね。 この曲と一つ前の「コマーシャルソング」は渋谷系を意識しています。前者がピチカート、後者がカヒミカリィでしょうか。ムーンライダーズが渋谷系を先行した、という説もありますから、先祖帰りしてそうなったのかもしれません。

渋谷系は「新しい音楽は存在しない」という諦念と「しかし昔の音楽をかけ直すことで、何度でも楽しむことはできる」という享楽が思想的・サウンド的に合致した文化でしたが、十数年経っていま我々がそれを取り出してターンテーブル上に「かけ直し」てみると、こういったポストモダン的な表現すらやはりある種のヴィンテージとなり得るのだ、という発見がありました。この発見をアーバンギャルドの方法論でレタッチしてみたらこんな作品に仕上がったと。

谷地村:
いつものアーバンと感じが違うのは、アルバム中唯一の僕の全作曲だからかもしれませんね。

この曲の方向性はアルバム製作初期からかなり明確にあったんですが、実際に手がけたのはかなり締め切り間近でした(笑)。それでもほぼ思ったとおりの曲に仕上がりました。音(音色)数は実はアルバム中最も少ないんですが、音圧は意図的にあげてます。恋の戦争の最前線に立たされたような。

最後はノイズ(爆撃)に撃ち抜かれてわけもわからず死んでください(アルバムをリピート再生にしておけば生き返れます)。

ガーリー病のよこたん

ガイド:
先日の難波「SAOMAI」のライヴはとても楽しかったです。よこたんはお父さん、お母さん(当たり前だが、よこたんさんに似ている)も招待していましたが、本当に親孝行な娘さんです。過激な発言を繰り返す松永さんといると不良になるから、「容子!アーバンギャルド辞めなさい」とご両親は言っておられなかったですか?
LIVE @Saomai (c)nao


よこたん:
ありがとうございます。もっと各地でライヴもやってみたいですね。 アーバンのライヴに両親を招待すること自体が親不孝者のようですが(笑)。 あの後両親は娘が不良になったと泣いておりました。(なんて嘘だよーん)

松永:
ご両親にはいつも良くして頂いております。こないだのツアーの際は、図々しくもメンバー全員をよこたん宅に泊めて頂き、更にその翌日はPV撮影までさせてもらいました。

よこたんの部屋は天蓋つきのベッドといい、壁一面に並べられたブライスといい、ピンクのドアといい、物凄くガーリー、病的にガーリーでした。 最初よこたんが両親に「セーラー服~」のPVを見せたと言ったときは、大丈夫か?とも思いましたが(笑)。
よこたんの病的にガーリーな部屋


よこたんの病的なブライスコレクション


ブライスのよこたん&松永・モデル


ガイド:
すっげーっ! ガーリーのためなら死ねるみたいなガーリー病ですね、よこたん。

ヘンタイよいこでセレビッチ

ガイド:
でも、ちゃんと聞いていると、意外と節度があるんですよね。アーバンギャルドの世界観というのは何かに共通している・・・とこの前、思っていたんですが、「ビックリハウス」の“ヘンタイよいこ”ではないかと。変態ではなくてヘンタイ。

松永:
「ビックリハウス」ときましたか。82年生まれの僕はもちろんリアルタイムで読んではいないのですが、「ヘンタイよいこの歌」は持ってますし、糸井重里、YMOファミリー、ライダーズファミリーの洗礼は痛いほど浴びてきたので、その影響は計り知れないかもしれません。

センスのある下品さ、にはこだわりがあります。フランス・ギャルに「棒付きキャンデー」を舐めさせてほくそ笑んだゲンズブールのようにありたいと常々思います。YMOから提供された「過激な淑女」を歌わなかった中森明菜こそ下品だろ!と声を大にして言いたい所存であります。

つまり今ちまたで流行っている(らしい)“セレビッチ”とは、まさしく我々のことなのです!我々のことなのでR(←語尾も80年代を意識してみました)。

仮想敵は?

ガイド:
メンバーの皆さんに質問です。あなたの「仮想敵」は?
LIVE


松永:
「お金」ですね。資本主義は芸術を志すものを常に誘惑し、翻弄し、助けます。叶うなら、ロシア・アバンギャルドの尖兵でありたいです。

よこたん:
「ちょっと先の未来」かも。
日々自分たちの未来を妄想しながら生きているのですが、妄想を如何に実現させるかのプロセスが、一番苦しくて一番楽しいですね。 男女の恋愛で言う駆け引きみたいなものです。と、これも妄想で答えてみました(笑)。

瀬々:
「萎え」ですね。「萌え」を感じるシチュエーションを生活のなかに取り入れて生きたいです。

谷地村:
難しい質問だ・・・。
「谷地村啓」ですかねぇ。自らを脅威に陥れるのも結局は自分の振る舞い次第ですから。普段のナマケモノで太ましくてインターネット大好きな引き篭もりな自分と、時折現れる驚異的な集中力を持ったイケメンでGackt似の自分とをいかにコントロール出来るかってのが日々の研究課題です(謎ですね)。ていうかまぁ「ADD(注意欠陥障害)」ってだけなんですが(笑)。

藤井:
「時間」です。
締め切りやら納期というのは誰かを追い詰めるために作られた仮想敵。基本的にのんびりした人間なのでよく追い詰められてます。

今後の野望

ガイド:
最後に、今後の予定や野望について教えてください。

松永:
東京ゲリラ
航空電子さんが首謀するV.A.『東京ゲリラ』が7月9日に発売します。 こちらはただのコンピではなく或る種のムーブメントを起こそうという主旨のもので、アーバンや航空電子のほか、ぐしゃ人間、ニウロン、バイナリキッドなど、現代のナゴムを思わせるバンドが参加しています。 CDには9月某日に池袋LIVE INN ROSAで二日間行われる参加バンドによるライヴのチケットも同梱されているというので、これは買いです。

ちなみにxアーバンギャルドから購入の場合特典もついてます(笑)。

あと、ツアーで今度は名古屋に上陸します。8月2日、今池得三にて。All Aboutでもお馴染みのぶどう÷グレープ、ベテランバンドのA.C.E、ミンカ・パノピカと開催するテクノポップ系イベントです。

こちらは四方先生がライナーを書いて下さってますね。

野望としては、やはり子宮からメジャーデビューでしょう。 かのクラーク博士も「童貞よ、大志をいだけ」とおっしゃっています。

童貞処女へ告ぐ~アーバンギャルド
アーバンギャルド
東京ゲリラ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。