ついにブレイク?Perfume

前週に続いてPerfumeネタです。Perfumeの最新シングル『ポリリズム』については、公共広告機構のCMを軸に書きましたが、PVがYahoo!動画で先行ストリーミング配信されています。正直、驚愕しました。ただCM曲を延長してシングル曲にしたものではなく、それを超越するエレクトロチューンとして出来上がっています。中盤の「ポリリズム」としつこい位繰り返すループで、完全にノックアウトされます。GONZOによる幾何学的PVも、楽曲と映像が相思相愛って感じです。まさに快楽の無限地獄。中田ヤスタカにとって、Perfumeをもはや芸術的表現手段なのでしょうか?

Yahoo!動画 - 音楽 - Perfume スペシャル - Perfume 「ポリリズム」

ニコニコ動画とは?

本日のテーマは、Perfumeとニコニコ動画の関係。ニコニコ動画とは、YouTubeみたいな日本の動画共有サーヴィスです。運営しているのは、ニワンゴ。東証一部に上場している携帯電話向けコンテンツ配信を根幹事業としているドワンゴの子会社です。ドワンゴ(DWANGO)って、変てこな名前だと思っていましたが、Dial-up Wide Area Network Gaming Operationの頭文字をとったものです。ニワンゴの社名は、「ドワンゴ」と取締役でもある2ちゃんねる管理人、西村博之の「二」を合体させたもの。東証一部上場企業とは思えない、フットワークの軽さがあります。avexがドワンゴの筆頭株主というのも、面白いですね。

ニコニコ動画(RC)

市場に衝撃を与えた製品

ニコニコ動画は2006年12月に実験サーヴィスを開始した、まだ歴史の浅い事業です。YouTubeの時も、その成長のスピードに驚きましたが、ニコニコ動画も急成長中です。YouTubeが現れた時、「これって、欲しかったんだよね」と素直に思いました。でも、「これって、いろんな法律や圧力(特に著作権)でビジネスとして存続するのだろか?」と正直感じました。イノベーションをスローガンに掲げる企業は多いですが、この場合、イノベーションは、実行力と根性の賜物です。経済誌「Forbes」が選んだ「2006年市場に衝撃を与えた製品」の1位に、YouTubeは選ばれています。ちなみに日本企業では、任天堂のWiiが3位です。そして、GoogleはYouTubeは16億ドル(約1,800億円)で傘下に収めました。

ニコニコ動画の差別化

この動画共有というのはYouTubeの独占市場です。ニコニコ動画がYouTubeレベルの価値を生むかは分かりませんが、ニコニコ動画にはYouTubeにはない差別化が出来ています。ニコニコ動画自体には、アップロード機能はありません。他の動画サイトからリンクしたものが閲覧できるコバンザメの様な仕組みです。最初は、YouTubeにも対応していたようですが、アクセス拒否されてしまったようです。同じ、ニワンゴ内にSMILEVIDEO(「ニコニコ動画」の英訳じゃん!)がありますから、実際自己完結しています。ここで重要なのは、動画にコメント機能がある事です。YouTubeではトラックバックのコメントが見れますが、ニコニコ動画の場合、コメントが動画とシンクロしているんですね。

動画コメントというのは、最初その効果のほどが分からなかったのですが、幾つか試聴する内に、知っている動画でさえも新しい発見、価値が見出せることに気づきました。人気のある動画だと、解説、批評、アホなつっこみ、空耳がテキストで現れます。一人で動画を見ていては得られなかった体験です。動画共有サイトを越えた、動画共感サイトの可能性を感じます。中には、暴言、意味不明のコメント、品位に欠ける発言、画像が見えなくなるほどのコメントの嵐があり、正直うざい場面もありますが・・・まぁ、いやならコメント非表示できます。

ニコニコ市場

話をPerfumeに繋げましょう。ニコニコ動画には、ニコニコ市場というのがあります。別にニコニコ動画で物販販売をしているわけではなく、見ている動画に関連する商品をAmazon.co.jpへ誘導してくれるサービスです。アフィリエイトというシステムで、商品を購入すると、リンク元サイトに報酬が支払われるという広告手法です。

Perfumeはランキング上位

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Perfume~Complete Best~(DVD付)
7月の月刊ランキングを見てみると、ベスト10にPerfumeのCDが2点ライクインしています。1位が『Perfume~Complete Best~(DVD付) 』、6位が『ファン・サーヴィス[sweet](DVD付) 』。2位から5位までは『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST』のシリーズが入っています。これらはPerfumeも含め全て、THE IDOLM@ASTER(通称、アイマス)が関わっています。

アイマス

アイドルマスター
ニコニコ動画で「Perfume」と検索し、再生回数の多いものを表示してみると、アイマス関係のものが上位に出てきます。アイマスとは、ナムコから出ているアイドル育成シミュレーション・ゲームです。つまり、アイドルのプロデューサー気分が味わえるわけです。アーケード版から始まり、現在はXboxに移植されています。Xboxというのが、渋いと言うか・・・持っていないし。他の機種への移植もしてほしいですね。

PV風アイマス

どうして、アイマスとPerfumeが関係するのでしょう? アイマスでは、アイドルを育てていくと、デュオやトリオのアイドル・ユニットもプロデュースできるようになります。結果、トリオのアイドルがステージで、アイマスのオリジナル曲でダンスするのですが、このアイドルの踊る画像をPerfumeの楽曲とシンクロさせる、つまりアイマス(動画)とPerfume(音声)のマッシュアップさせたものをニコニコ動画で公開するのです。この手法そのものは新しいものではなく、MADムービーと呼ばれている手法です。t.A.T.u.が全盛期の頃、海外でもアニメとt.A.T.u.のMADムービーが氾濫していました。

現在、ニコニコ動画で一番再生されているのは、「アイドルマスター Perfume パーフェクトスター・パーフェクトスタイル PV風」。この記事が掲載される頃には、40万回近い(一度削除されたみたいで、現在は表示回数は減っています)再生がされているでしょう。他にもPerfume関連では、「エレクトロ・ワールド」「チョコレイト・ディスコ」「コンピューター・シティ」「スウィート・ドーナッツ」「Perfume」などのPV風アイマスが製作されています。ちなみにcapsuleの「グライダー」「Catch My Breath」「Sugarless GiRL」のPV風アイマスも存在します。個人的に大ファンのCOLTEMONIKHAの「パーティーキャロネイド」(9月26日は待望の『COLTEMONIKHA2』がリリース!)まであって、びっくり。

Perfumeアイマス、人気の秘密

アイマスが作られるのはPerfumeだけではありませんが、PerfumeのPV風アイマスが作られ、人気がでるのには理由があると思います。Perfumeの楽曲は、capsuleの中田ヤスタカが作った極上のダンス・ミュージックです。アイドル向けの手抜き仕事ではありません。実際、Perfumeの生の振り付けというのも、かなり複雑で凝っています。ただダンスの上手いアイドル・ダンス・トリオを超えた世界がそこにはあります。これらが、アイマス職人のやる気を喚起し、完成度の高いコラボレーションを作り上げているのです。

著作権ふたたび

ここで問題となるのが、著作権上の問題です。これは、YouTubeやニコニコ動画というサーヴィスが抱える問題でもあります。以前、バスタードポップとは?『恋のマイアヒ』ヒットの法則で著作権について言及しましたが、もう一度提言します。

著作権なんか無視してもいいのだと主張するつもりはありません。しかし、著作権でがんじがらめにしてしまったら、きっと音楽もネットもつまらなくなるでしょう。マッシュアップ、アイマスなどは全てNOになってしまいます。多くの文化は育たないと思います。良い意味で大目に見るという柔軟な考え方が必要です。

著作権法の非親告罪化のような動きもある今日この頃ですが、やみくもに権力で取り締まるという姿勢から共存共栄の姿勢への転化が正しい方向だと個人的には思います。実際、ニコニコ動画から認知度を上げ、ニコニコ市場から売り上げを出していける可能性は、この事例は示していると考えます。さらに「THE IDOLM@ASTER~Perfume編」として商品企画にまで発展させるくらいの柔軟性が欲しいです。

萌えテクノ・アイドル?~Perfume
Perfume~サマソニの快挙!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。