ゲーム音楽のルーツ

All Aboutが立ち上がった頃、「ゲーム音楽」というガイドサイトがありました。「ゲーム・ミュージック」だったかもしれません。ちょっとした親近感を感じていたのですが、テクノポップとゲーム音楽というのは深い関係にあります。

調べてみると・・・ゲーム音楽のルーツとされるのは、1977年のアーケード用ビデオゲームのEXIDY社の「サーカス」のBGMと言うことになっています。BGMといってもほとんどサウンド・エフェクトと言ったほうがいいかもしれません。まだ、任天堂のファミコンもなく、家庭でビデオゲームは出来ないので、ゲーセンや喫茶店でコインを入れてちまちまやっていた頃の話です。「サーカス」は、ブロック崩しを発展させたもので、シーソーを動かして二人のピエロが交互に空を飛んで風船を割るゲームです。

Computer Game

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Yellow Magic Orchestra
「サーカス」と聴いてピンと来た人、あなたはYMOファンですね。YMOのファースト・アルバム『Yellow Magic Orchestra』(1978年)のA面1曲目に収録されている「Computer Game "Theme From The Circus"」は、文字通りビデオゲーム「サーカス」のBGMの「風船が割れる音」「葬式行進曲」などをシンセサイザーで再現したものです。

アルバムのA面のラスト曲も「Computer Game」で締めくくります。こちらは「"Theme From The Invader"」。「ブロック崩し」「サーカス」に続き一世を風靡したタイトー社の「スペース・インベーダー」です。このゲームの必勝法は名古屋撃ちと呼ばれました。「インベーダー」サウンドのバックには「サーカス」のBGMが流れています。

B面は「東風」から始まり、「Acrobat」で終わるメドレー形式になっています。ビートルズの「Abbey Road」とか意識していたんでしょうかね。ラストの「Acrobat」では、「サーカス」からの「葬式行進曲」などのサウンドを使っており、A面トップへと繋がるメビウスの輪のような循環的な流れを作りましたが、米国版の『Yellow Magic Orchestra』からは削除されてしまいました。

YMOのファーストは、未だに風化しない普遍的な作品だと感じます。ゴダール映画からのタイトルの引用をしつつも(詳しくは「YMOとゴダール映画」を参照ください)、ビデオゲームという題材もこのファーストの根幹を成しています。実際、「サーカス」は米国ルーツのゲームですが、「スペース・インベーダー」以降の日本のゲーム産業の発展をまるで予言しているようです。

『Computer Game』は、海外で12インチもリリースされ、ビルボードのダンスチャートに入りました。その後のホワイト盤でリリースをされています。ちなみに今回、所有の12インチを探してみたのですが、現在行方不明であります。

Duran Duranも・・・

Nick Rhodes and John Taylor Present Only After Dark
Duran Duranのニック・ローズとジョン・テイラーのミックスCD『Nick Rhodes and John Taylor Present Only After Dark』(2006年)には「Computer Game」が収録されており、やはり海外でも評価されていることがわかります。きっと、選んだのはニックだと思いますが・・・

ファーストにおいて、ゲームを題材として持ち込んだのは、「Acrobat」に作曲のクレジットがある細野晴臣と考えるのが妥当でしょう。YMOの作品の中でゲームを題材にしたものは、ファースト以降ありませんが、その後、その延長線上にある作品があります。では、さらに検証しましょう。

パックマン

PAC-MAN FEVER
世界初のゲーム音楽・アルバムは何だろうと調査をしてみると、日本ではなく、意外な事にアメリカでBUCKNER & GARCIAによる『PAC-MAN FEVER』が1982年リリースされています。前述の1978年の「スペース・インベーダー」から日本産ビデオゲームの躍進が始まるのですが、1979年には「ギャラクシアン」(ナムコ)、「平安京エイリアン」(電気音響)、そして1980年には「パックマン」(ナムコ)と日本メーカーはヒットを続けます。「パックマン」は、日本以上にアメリカで人気が出て、便乗するかのように、この『PAC-MAN FEVER』も大ヒットしました。シングルはビルボード9位まで上り詰めました。ただ、電子音は効果音的使われる程度で、テクノポップという視点からはそれほど評価に値するゲーム音楽とは言い難いです。

ゼビウス

VIDEO GAME MUSIC
話をYMOに戻しましょう。その2年後にリリースされたのが、細野晴臣が監修を務め、アルファ・レコードからリリースされた『VIDEO GAME MUSIC』(1984年)です。これが、たぶん日本初のゲーム音楽・アルバムでしょう。ナムコのゲーム音楽を集めたもので、当然「PAC-MAN」も収録されています。中途半端な歌ものではなく、オリジナルのゲーム音楽を細野アレンジによってアルバム化するという点で『PAC-MAC FEVER』とは全く異質なものです。ゲーム音楽の歴史的意義を考えると、こちらに軍配が上がります。当時のナムコの勢いというのも感じますね。

SUPER XEVIOUS
このアルバムは、細野が縦スクロールシューティングゲームの「ゼビウス」のファンであり、ナムコに見学に行き、ゲームデザイナーの遠藤雅伸と出会ったことから始まったみたいです。ノリで作った12インチ『SUPER XEVIOUS』(1984年)では、ゲーム音楽が当時使われ始めたサンプラーで、エレクトロ化します。当時一番新しい音に挑戦していたThe Art Of Noiseや同年にリリースされた細野のソロ『S・F・X』にも通じるサウンドです。

NAMCO TRILOGY BOX
なお、この12インチは、『EN BOX』としてリリースされた際、CD化された『VIDEO GAME MUSIC』のボーナスとしても追加されました。その後、2001年には、「GAME SOUND LEGENDS」のシリーズとして『VIDEO GAME MUSIC』『SUPER XEVIOUS』『THE RETURN OF VIDEO GAME MUSIC』(こちらは細野の参加ではない)がCD化リリースされています。この三枚を収納するための「NAMCO TRILOGY BOX」というのも付いて来ました。

スーパー・ゼビウス(ハード・コア・ミックス)
なお、『SUPER XEVIOUS』には、ボーナストラックとして「SUPER XEVIOUS(Gust Notch Mix)」が収録されています。このボーナスは、元々はENの宣伝用特別レコードとして「ハード・コア・ミックス」と呼ばれていたものです。

今や、一つのジャンルを形成したゲーム音楽ですが、YMOはこんな所にもパイオニアとしての多大な功績を残しています。また、近年ブームを起こしているチップチューンというのもこの流れにいると言っていいでしょう。チップチューンについてはまた改めて、書いてみたいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。