pLumsonic!の成り立ち

pLumsonic!
――Yasushiさん(yk)、結羽さん、デビュー・アルバム発売オメデトウゴザイマス。先ずは、pLumsonic!とは何かを教えてください。漢字で書けば、「梅光」ですが・・・どうしてこの二つが合体しちゃうのでしょうか?

yk:よく聞かれるんですが、特に深い意味があるわけではなくて、このユニットを作りたいと思い始めた時から、パピプペポのどれかで始まるユニット名にしたいというのがありまして・・・。

結羽:そんであたしがプラムがいい~って。

yk:そう。それで、やっぱり名前から音楽のジャンルが少し匂っている方が良いと思ったのと、響きを重視してプラムソニックという風になりました。あと、プラムという言葉が提案されてから調べてみると、いわゆる西洋すももという意味でのプラム以外にもすばらしい、最高の~なんていう意味で使われることもあると知ったので、最高の音波っていう意味も含みつつ・・(笑)。

――Yasushiさんが現在のヴォーカリスト、結羽さんに出会うまで、かなりのヴォーカリスト・オーディションをやったと聞いています。何人くらいやったのでしょうか? 結羽さんのヴォーカルは、どう言いましょう・・・未来声とでも言いましょうか、やはり千載一遇の出会いだったのでしょうか?

yk:そうなんです。沢山の方に会って何人かの方とは実際にデモ音源を作るところまで進めていたんですが、やはりその時の流行りの音楽みたいなやつをやりたいという方が多かったので、僕もそんな人たちに納得してもらおうと例えばピコピコしているんだけどR&Bにも聞こえるようなデモ音源などを作ってみたりもしたんですがやっぱりそれは違うなと思って(笑)そんな中たまたま別のバンドのメンバーと一緒に入ったスタジオの隣の部屋で1人熱唱していたのが結羽だったんです。あんまりにも面白いというか変な子だったので、これは!と思いその場で声をかけました。

――もともと結羽さんもテクノポップに興味があったのでしょうか?

yk:最初、結羽から「どんな音楽やるの?」って聞かれてテクノポップって言ったら、「あたしテクノ嫌~い!」って(笑)。

結羽:うん。なんか冷たい音というか、ジャカジャカいってるクラブとかの音はあんまり好きじゃなかったから~

yk:いわゆる90年代以降のユーロビートみたいなイメージしかなかったみたいなんですが、僕がやりたいのはこういうのでっていくつか80年代のテクノポップな曲を聴いてもらって、そこで決め手になったのがコンピュータおばあちゃんだったんです。

結羽:ああ、こういうのもテクノなんだ~って思って。これなら好き~!って。

近未来宇宙アルバム

――では、待望のデビュー・アルバム『パビリオン』についてお伺いします。僕の好きな未来ジャケなんですが、ライナーを読もうとして、ジャケの秘密を発見して感動しました。ネタばれになるので、何処まで言って良いのか分かりませんが。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
パビリオン
01. introduction
02. D-Spectrum
03. かいじゅーのうた
04. intermission X
05. あおいかさ
06. MoonBase
07. LuminousWay
08. intermission Y
09. エリア508
10. Space Parlfait
11. みらいのそら


yk:アルバムを作ろう!という話になった時点でジャケットは絶対この人に!と切望していたナカムラシゲルさん(ハニー・マニー、Yセツ王・・)にお願いしました。僕も具体的なイメージがあったので実際に未来絵のサンプルとか、自分で撮って来た未来っぽい写真などをお渡しして、あ~でもないこ~でもないと打ち合わせしながら完成した感動のジャケットなんです。

――近未来宇宙のコンセプトで統一されたアルバムですね。でも、どこか切ない。これは作る曲が全部、近未来宇宙なのでそうなったのか、それともアルバムのコンセプトを決めてやった結果なんでしょうか?

yk:収録曲の中にはプラムソニックを始めたばかりの頃に作った曲もあるので、実はアルバムのコンセプトはしっかりあるようで、自然にこうなったというのが本当のところかもしれません。でもどこか切ないというあたりを感じ取っていただけるのはすごく嬉しいんです。こんなに平和な日本なのに今は露骨に痛みとか切なさが歌われることが多いので、プラムソニックは極力そういった表現は避けて、子供の頃に夢見たような未来や宇宙を素直に感じて欲しくて。でも、そんな子供の世界のような中に隠されたメッセージを少しだけ感じてもらえたらいいなぁ~なんて。

――結羽さんが作詞、Yasushiさんが作曲というコンビで作られた曲が多いですが、pLumsonicサウンドはどのような手順で作っていくのですか?

yk:打ち込みで音楽を作る方には少なくないと思うんですが、僕はメロディや歌詞よりも先にアレンジから曲作りを始めてしまう癖があるんです。特にこんな曲を作ろう!とか先に決めてから作ったことがなくて、まずはシンセサイザーで音を作ってそれを重ねる間に、作りたいイメージが固まってきて。あとプラムソニックに関しては自分の中のノスタルジーみたいなものを素直に表に出そうと思っているので、そういう気持ちを追いかけて音を重ねていくという感じです。そうしてアレンジなどもほぼ決まった状態で仮のメロディを入れたデモを結羽に送るんです。

結羽:あたしはそれを聴いて浮かんできた絵や言葉をどんどん膨らませて歌詞にしていく~!

yk:曲を渡す段階で、これはこんな背景のこういう世界でって伝えることもあれば、全く何も言わないで渡すこともあって、そういう場合は自分が考えていたものと全然違う歌詞があがってきたりもします。例えばアルバムにも収録した『あおいかさ』という曲があるんですが、あれはデモの段階では小学生向けの理科とかの教育番組のエンディングっていうイメージだったんです。僕と同世代の方ならその時のデモを聴いてもらうと納得してもらえるかもしれません(笑)。

結羽:でもあたしは、あの曲をもらった時すぐに『これは雨が降ってるよぉ~♪』って感じて、少し寂しい感じからだんだん悩みが晴れてくるような。それであの歌詞はすぐにできちゃった。
にょき~

にょき~v

――1曲目の「Introduction」でも出てきますが、ライヴでのお決まりの「にょきにょき」とは何か、皆さんに教えてください、結羽さん! にょきにょき写真もぜひください。

結羽:にょき~v(笑)

yk:未来の挨拶か何かでしょうか(笑)。実はライヴ活動を数回する間に自然発生したんですよね。その前から写真撮影をしたりする中で『にょきっとした顔だなぁ』なんて言ってはいたんですけどね(笑)。

結羽:最初はね~、にょきにょきvにょきにょきv言って遊んでただけなんだけど、なんかおもろかったから、ライヴとかでみんなとにょきにょきvできたらいいなぁと思ってぇ。言葉では説明できないけど、にょきぃ~~vってすると、はっぴぃになるよぉ~☆

yk:だ、そうです(笑)。ライヴでは『正しいにょき講座』っていうのもあるので是非見に来てください。

特撮モノ

――『Techno4Pop vol. 1』も収録されていた胸キュン・トキメキな「かいじゅーのうた」ですが、アルバムでは少しアレンジが渋めになっていますね。Yasushiさんは、怪獣、怪奇、ヒーローものついても思い入れがあるのではないかと思うのですが、当たっているでしょうか? 出来れば、好きな奴らを教えてください。

yk:さすが先生、鋭いですね(笑)。世代的に僕は宇宙刑事ギャバンとかの影響は大きいかもしれません。プラムソニックの曲に直接の影響を与えているかは自分では分からないんですが、戦隊モノと違って衣装が電飾ピカピカな感じとかは大好きでプラムソニックの衣装イメージにはその影響も強くでているかもしれませんね。マニアというほど詳しくないのですが特撮モノは全体的に大好きです。ただ当時から超合金じゃなくてサントラのテープをねだる子供でした。

シンセとの出会い

――Yasushiさんは、松前公高さんと一緒にKORGの「RADIAS JAPAN TOUR 2006」でシンセサイザーの講師をされていたようですが、何歳くらいからシンセなどの電子音楽に興味を持たれたのですか? 最初のシンセとは? 多重録音をしていた早熟小学生だったようですね。

yk:昔、父親の知り合いがRolandのSH09というアナログモノシンセを買ったらしいんですが、何らかの事情があってビデオの予約も出来ないほど機械に弱い父が買い取ったらしいんです。それで当然使えるわけもなく放置されていたのを僕が発見しておもちゃにしていたのが始まりで、それが3歳くらいの頃です。それ以来、小学生の頃からラジカセ2台で多重録音したりしていました。ピアノ歴などは一切なくて中学に入るまではずっとそのSH09だけでいろいろやっていました。中学でパソコン好きの友人と知り合ってMSX2+で打ち込みを始めて・・という感じです。電子音楽に関してはもう僕の世代なので意識しなくても身の回りのシンセ音で一杯!という感じで大好きでした。つくば科学万博とかの影響も大きいと思います。
ライヴ

電脳マニアックス

――大阪のライヴ「ビッキー ホリディVOL..2」では、約一年ぶり大変盛り上がっていたと思います。前には写真を撮りまくる複数の中年男性ファン(あ、友達です)も居ましたし。東京でも「レトロ&フューチャー 電脳マニアックス」で定期的にライヴをされているようですが、どのようなイヴェントがぜひ教えてください。また、今後の予定もあればよろしく。

yk:ついに30回目を迎えた電脳マニアックスは、プラムソニックのコンセプトから生まれたイベントで、基本はクラブとかとは違う方面のテクノポップのアーティストさんに集まっていただこうということで始めたんですが、今ではそんなコンセプトの中でも非常に幅広い出演者さんやお客さんに支えられてイベント自体の一体感もすごく高まってきたと思います。YMO世代の方にはどこか懐かしく、若い方には新鮮なそんな良質のテクノポップを沢山紹介できたら良いなと思って、ジャンルや出演者さんのカラーをある程度狭く絞りつつもどんどん新しい方にも出演していただいております。奇数月の第3日曜日に池袋ロサで開催しておりますので、是非遊びに来てください。また12月から偶数月は新たに渋谷青い部屋で『電マニ研究室』というイベントがスタートしますのでこちらもよろしくお願いします。

■2006年11月19日(日)池袋ロサ
レトロ&フューチャー 電脳マニアックス!0030
Open&Start:17:00  Ad&with fryer:2000 Da:2500 1D別

:LIVE: 【 pLumsonic! 】【 ベスパ☆くまメロ 】【 ピノリュック 】【 applehead 】【 チカチカ 】
:電マニ実験室: 【 デフラグ 】【 電マニGIRLS! 】他
:GUEST LIVE: 【 航空電子 】
:MINILIVE: 【Campanella Complex Featuring ぽらぽら。】
:DJ:【 サミー(装置メガネ) 】【 mappy 】
:VJ:【 Tip-And-Run 】
:MC:【 結羽(pLumsonic!)】【 電マニGIRLS! 】
:EXHIBITION:【 mari. 】
:ORGANIZER:【 D's Valentine 】
:CONCEPTPRODUCE 【 プラムソニック 】

☆プラムソニック☆