このガイドサイトを見ていただいている方には、1980年前後のテクノポップ・ブームをリアルタイムで体験した人、その後何らかのきっかけでテクノポップに遡り興味を持った人などが居るのではないかと推測します。2000年に入って、エレクトロクラッシュやニューウェイヴ・リヴァイヴァルや80年代カヴァーなどの動きも手伝って、テクノポップに興味を持った人も増えたのではないかと思います。テクノポップだけ聴きましょうと言うつもりは毛頭ありませんが(先生自身もテクノポップよりももっと古いのから最近の流行りモノまで雑食です)、テクノポップをもっと知ってもらう戦略的目的で書きました。そこそこ知っている人にも楽しんでもらえるように、トリヴィアも交えてみました。

最初のテクノポップは?

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Autobahn
テクノポップの語源については後述しますが、最初のテクノポップ、いやまだテクノポップという言葉は普及していなかったから、テクノポップの先駆けとは? テクノの神様と奉られるクラフトワーク(Kraftwerk)の1974年のアルバム『Autobahn』をその先駆け作品として認定したいと思います。これはクラフトワークのデビュー盤ではありません。クラフトワークは、ドイツのプログレことクラウトロックから明らかにこの作品でポップ化します。モダンワールドをコンセプトにキッチュでポップなセンスを取り入れて生み出した反復の美学で・・・まさにテクノポップの要素が組み込まれた作品と言えます。タイトル曲の「Autobahn」は、「fahren fahren fahren (fahrenはdrive)」というリフレインがあり、これがビーチ・ボーイズの「Fun, Fun, Fun」からの影響を指摘する意見もあります(ビーチ・ボーイズからの影響は肯定してるようですが、このフレーズについては偶然の一致とのメンバーの見解もあります)。そして、このアルバムは保守的なアメリカのビルボート・チャートにおいて5位にまで上り詰めるのです。

Best Of Moog: Electronic Pop Hits From The 60's & 70's
もちろん、電子音楽という切り口ではもっと早かったです。シンセサイザーを使わないテクノポップというのも有り得るのですが、シンセサイザーとテクノポップの関係は、エレキギターとロック、アコギとネオアコ、シタールとインド音楽のようなものです。シンセサイザーの父とされるロバート・モーグ博士が2005年8月21日に71歳で永眠されましたが、モーグ博士によると「シンセサイザー」と呼び始めたのは、1967年との事。アルバム『Best Of Moog: Electronic Pop Hits From The 60's & 70's』(1999年)では、68年ごろから72年ごろまでのペリー&キングスレイ(Perry & Kinglsey)やマーティン・デニー(Martin Denny)などによる所謂、モーグ・サウンドと呼ばれるモーグ・シンセサイザーで作られたラウンジーなインストを集めています。ディズニー・ランドでの「エレクトリカル・パレード」でも有名なペリー&キングスレイの「Baroque Hoedown」も入っています。その1曲目に収められているのが・・・

Popcorn
1972年に世界的に大ヒットしたホット・バター(Hot Butter)による『Popcorn』です。オリジナルは作曲者でもあるアメリカに移住したドイツ人、ガーション・キングスレイ(Garshon Kingsley)が1969年にアルバム『Music To Moog』に収録した曲ですが、ホット・バターの前にキングスレイ自身の加わったFirst Moog Quartetで再カヴァーし、ホット・バターでブレイクしたのです。「Popcorn」は電子音楽としてはポップの要素も強く、ルーツとしては重要な存在だと思います。後に日本のテクノポップ・シーンでの最重要レーベルとなるアルファ・レコードが、『Popcorn』の最初のヴァージョンを1970年に発売している事には何かの因縁を感じます。

Abbey Road
67年ころからビーチ・ボーイズ、ローリング・ストーンズ(Rolling Stones)、ザ・フー(The Who)などのロック&ポップ系ミュージシャンもシンセサイザーなどの電子楽器を導入し始めます。有名なのはビーチ・ボーイズの「Good Vibration」におけるテルミン(まだシンセサイザーとは言えないですが・・・)ですね。ビートルズの最終レコーディングとなった『Abbey Road』(1969年)でも5曲にシンセサイザーが使われいますが、その中でもポールが強い思い入れでシングルにしようと頑張ったらしい曲「Maxwell's Silver Hammer」ではシンセサイザーが目立っています。Musician誌86年10月号のインタヴューでポールは「作るのに3日もかかったね。トレヴァー・ホーンがフランキー(Frankie Goes To Hollywood)でシンセサイザーのスイッチを入れるの2日もかかり、ビートルズ時代はシンセサイザーのスイッチを見つけるに2日もかかっていた。」とのコメントをしてます。後に、ポールが『Flower In The Dirt』でトレヴァーにプロデュース依頼をするのも興味深いです。

テクノポップを命名したのは?

MODERN MUSIC
さて、テクノポップという呼称ですが、誰が使い始めたのか? YMOの坂本龍一説とか諸説入り混じるのですが、関西発・伝説のカルト雑誌、「ロックマガジン」編集長の阿木譲説を個人的には押したいと思います。阿木譲は昔歌謡曲界で活動し(67年に「高原の慕情」でデビューし、68年に同名映画主題歌の「俺には天使の君だった」がヒット)、フォークシンガーを経て、75年~76年にかけて近畿放送(現KBS京都)で「ファズ・ボックス・イン」(当時、マニアックなロック系選曲をする貴重な情報源となっていて、先生もよく聴いていました)でラジオDJとして知られるようになり、76年2月に「ロックマガジン」を創刊しました。「ロックマガジン」でテクノポップの呼称が使われ始めたのは78年で、多分YMOのファースト・アルバムのリリース時期(78年11月)よりも早かったと思われます。後にYMOがテクノポップの牽引者となるわけですが、デビュー時期にはまだテクノポップの呼称は彼らに向けられたものではなかったはず。79年8月の「ロックマガジン」の増刊号の「MODERN MUSIC」にてクラフトワークを以下のように紹介しています。

クラフトワークは、マン・マシーン(人間人形)、電子パンク、テクノポップの代表“Kraut Rock Minimalist”と称される、電子時代のネオン・サインやプラスチックと最も融合する、今のディスコ・ミュージックと言われる音の核とも言うべきグループ。

ロック・ポップのムーヴメントの中で、今までフォロワー的な立場でしか居なかった日本のアーティストが、テクノポップにおいては先駆者とまでは言えないまでも、牽引者になったわけです。そして、この日本で生まれたと思われるテクノポップという呼称は、世界へ広がっていきます。

テクノポップが出てくる曲は?

さて、テクノポップが題名または歌詞に出てくる曲を古いものから紹介しましょう。

Clean, Clean(裏ジャケ)
Clean, Clean(表ジャケ)
前述のトレヴァー・ホーンはテクノポップ史において、アーティストおよびプロデューサーとして最重要人物と考えます。彼が在籍したバグルズ(The Buggles)のシングル『Clean, Clean』(1980年)のB面には、「Technopop」という曲が収められています。テクノポップなアレンジですが、意外とサックスが幅を利かせています。

The Age Of Plastic
「Technopop」は未来コンセプトが散りばめられたアルバム『The Age Of Plastic(プラスティックの中の未来)』(オリジナル:1980年)のボーナス・トラックとして収録されていますが、さらに知りたい方は・・・
ラジオスターの悲劇~日本大会
ラジオスターの悲劇~世界大会1
ラジオスターの悲劇~世界大会2

Electric Cafe
クラフトワークは、86年の『Electric Cafe』にて「Techno Pop」という曲を収録していますが、元々は83年に『Techno Pop』というタイトルでアルバムがリリースされるはずだったのです。また、昨年発表がなされながらも、延期となったオリジナル・アルバムのリマスター盤発売では、『Techno Pop』というタイトルになるという情報もあります。

Complete Susan
日本では、テクノポップと言えば、YMO。YMOなら「Technopolis」はありますが、高橋幸宏がプロデュースしたスーザンの「モダンワールド」歌詞にも出てきます。♪My Mickey Mouse watch plays Techno-pop・・・ 作詞は、クリス・モスデルですね。アルバム『Complete Susan』にも収録されていますが、詳しくはインタヴュー記事を読んでください・・・
ガーリーテクノ歌姫~スーザン

Friend Or Foe?
細野晴臣はAlfa内のENレーベルに続いて、テイチク内に設けたNon Standardで活動し、インテリアの野中英紀らとF.O.E.(Friends Of Earth)を1985年に結成。アルバム『Friend Or Foe?』(オリジナル:1985年)には、「World Famous Techno Pop」とい曲が収録されていますが、テクノポップというよりもエレクトロファンク! 教授のからんだ曲にはなさそうですね、「テクノポップ」(「テクノ」だけは除外)が出てくるのは。

第1回ではテクノポップの起源を辿ってみましたが、テクノポップに関する皆様からの質問にも答えていきたいと思いますので、感想メールで質問を募集中です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。