音楽への入り口

――レイ・ハラカミさんの紹介文をネットで検索してみると・・・96年のFlare(Ken Ishii別名義)のリミキサーがデビューと書いてある事が多いのですが、このリミックスをされたきっかけは?

1996年にFlareのアルバムをリリースしていたSublime Recordsにデモ(ファーストアルバムの3分の1が入ったカセットテープ)を送った事がそもそもの発端です。デモを送って1週間もしないうちに、Sublimeの山崎マナブ氏から「リリースしたい」という話があって狂喜していたわけですが、その数カ月後、まだ電話でしか話した事のなかった山崎氏から「リミックスやってみる?もちろん良くなかったら没なんだけど…」と言われて、ダメ元で作ってみたら、なぜかリリースされたのです。という単純な経緯でリミックスが公でのデビューとなってしまったわけです。

――音楽への入り口は? そして音楽家を生業にしようと思われたのはいつ頃なのでしょう?

一番最初は、情操教育オタクだった親に嫌々ながらヤマハ音楽教室に通わされておりました。でも、楽譜通りに楽器を弾く事に興味を持てなかった(要するにヘタクソだった)ので、実質的には家にあったマイク付きカセットテープレコーダーに色んな音を吹き込んで遊んでいた事の方が、今やっている事と深く関係していると思います。23歳辺りで初めて自分のお金でDTM環境を整える事が出来て、そこからバイト感覚でセルビデオ等の為にありきたりのBGMを作ってました。25歳辺りで、お金を稼ぐ仕事として音楽を生業にしようと考えていたように思います。手に職がそれしかなかったので。そう考え始めた途端にSublimeからリリースが始まるわけですが、なんともおかしな感じです。

音楽歴

――所謂、エレクトロニカという範疇でレコード店とかでは並ぶであろうハラカミさんの作品ですが・・・どこにも属さないがいろんなものが混じったような作風と感じます。ハラカミさんのバックボーンとなった音楽にとても興味があります。

どこにも属したくなかったわけではありませんが、結局はどこにも属せないのかなと考えてます。10代からの音楽遍歴は以下。常にリアルタイムで音楽をインプットしているわけではないので、時系列はめちゃくちゃです。

オフコース→YMO/Japan→King Crimson/Yes→XTC→Material→Robert Wyatt/Soft Machine→Henry Cow/Slapp Happy→Brigitte Fontaine→Reich→Debussy→Monpou→The Beach Boys/Van dyke Parks→The orb→A Tribe Called Quest→Ken Ishii→Aphex Twin→Stina Nordenstam→Antonio Carlos Jobim→Bach/Handel→Moody Mann→Suzukiski→Sheila Chandra & the Ganges Orchestra→Suppa Micro Pumchopp→Jim O'rouke→くるり→Number Girl→Radiohead→Kraftwerk→Transmat→七尾旅人

どこかのHPと似たような情報が載っていると思いますがご了承下さい。

京都に住む理由

――僕自身は京都出身なのですが、ハラカミさんは広島出身ながら京都に住みついてられますよね。京都のどこに惹かれたのでしょう?

僕は18歳の時に学生として広島から京都に移って1人暮しを始めたのですが、やはり今でも"よそもの"という感覚があります。ずっと住み続けているのは、東京で高い家賃払い続ける為に仕事を増やすよりはいいかなと思ってるだけだったりします。それと無理矢理にシーンをねつ造しようとする"メディア"がほとんど無い事は気が楽ですし、それにも関わらず、モノを作っている人間が多いのは、とても勇気づけられます。

新作『lust』について

――デビュー・アルバム『unrest』(1998年)から『opa*q』(1999年)、『red curb』(2001年)、リミックスアルバム『レッド・カーブの思い出』(2001年)と割とコンスタントにアルバムをリリースされてきていますが、今回リリースされた『lust』は、実に4年ぶりですが、4年間十分に時間をかけて作られていたのでしょうか?

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
01. long time
02. joy
03. lust
04. grief & loss
05. owari no kisetsu
06. come here go there
07. after joy
08. last night
09. approach
10. first period


いいえ。実質的には去年の約1年で作りました。元々自分の作品を作るペースは大変遅いんです。『red curb』をリリースするまでは、名前を出さない音楽仕事をやるかたわらで、のんびりと自分の作品を作っていたので、ある意味で無理のないバランス感が取れていたと思います。しかし『red curb』リリース以降は、名前を出す仕事のオファー(リミックス、プロデュース等)しか来なくなったので、責任上、音楽を作る作業が遅くなった事が原因だと思われます。ただ、2~3年前にこういうアルバムが作れたかと言えば、やはり作れなかっただろうと思っています。

――ジャケットは古い瓦屋根の住宅地の写真・・・どこか郷愁感がありますが、これは何処の風景なんでしょう? また、イメージとして作り上げたかったものとかはあったのでしょうか?

この写真は、スズキスキー(ex.Fantastic Explosion/彼は写真家ではなくて音楽家です)というアーティストが個人的に撮影したものです。今回は頼んで使わせてもらいました。僕自身はこの写真の場所は知りませんし、京都にこういうロケーションはありそうで、実はあり得ないんです。この写真を見て郷愁感を持つのは、都会に住んでいる人ではないかと思います。僕にとっては、すごくリアリティがあったりします。こういう場所から、僕の音楽が聴こえてくるのも、いいんじゃないかと。僕なりのリアリティがあるからこういう組み合わせが出来るんじゃないかと考えています。

――ハラカミさんの作られるサウンドには、独特の触感があると思います。北欧には北欧の触感があったり、やはりどこか日本の触感なのかなーと。水中から生まれたような音・・・しかし、驚いたのは、ハラカミさんの京都のスタジオにある機材群はめちゃめちゃ安いものばかりだと。この辺の秘密について教えてください。

秘密も何も、そもそもお金が無かったからです。"スタジオ"と言えば聞こえは良いですが、自分の部屋に機材が置いているだけです。音色から想起させる雰囲気については、僕自身が考えた…というよりも、機材から僕が導き出したモノでしかありません。そこから快楽性を抽出した結果なんだと考えています。機材に関してですが、色んな事が出来る高価な機材からしか良質なモノを作る事が出来ないわけではないし、常に新たなテクノロジーこそが新たな表現を生み出し続けるわけでもありません。僕の使い続けているローランド社の音源モジュールでも、組み合わせ次第で十分色んな事が出来ると考えています。常に新しいソフト/ハードを開発/販売し続ける事で、お金を発生させなければならない会社からすれば、僕のようなやり方は、あまり嬉しくないのは、想像に難くありません。

――10分を超える2曲目の大作「joy」は、最初から長いトラックを作るつもりだったのでしょうか? 聴いていて、実際不思議にそれほど長く感じないのは、やはり、風景が変わっていくからでしょうかね。

「joy」は大作を作ろうと思っていたわけではありません。作っていたら、そうなっただけなんです。僕自身作り終わった後に、計ってみたら10分あった、というだけです。「joy (10min)」という文字情報を受け取った後で、そう考えながら聴くから"大作"として認識してしまうのではないでしょうか? 風景の移動が時間の移り変わりを想起させやすいとは思いますが、実際にそういう事を想定しながら作っていたわけではありません。「joy」という曲は、作り終わってしばらくして、「この曲は「joy」だな」と思えたから、「joy」と命名したんです。屁理屈っぽいですかね。

細野作品をカヴァーした理由

――今回、細野晴臣さんの『HOSONO HOUSE』からの「終わりの季節(owari no kisetsu)」をカヴァー、しかも初めてのヴォーカル曲として。この曲は、矢野顕子さんがライヴで歌われていたんですよね。そこから、自分でカヴァーしてみようと言う事になったのでしょうか? ヴォーカル曲をやると言う事には特に抵抗はなかったのでしょうか?

このカヴァーは、発表を前提として作ったものではありません。そもそも自分で作った歌詞/主旋律だったら、自分で冷静に聴けなかっただろうと思います。カヴァーの経緯は、まず矢野さんから「終わりの季節」をハラカミアレンジで歌いたい、というオファーがありまして、それを制作している最中に、最初は主旋律をピアノの音色とかで入れてたんですが、どうにも雰囲気がつかめないなと思い、自分で適当にウォークマン用マイクで歌ってみたわけです。それを矢野さんにお渡しする時に聴かせたのが発端です。今回のアルバムに入れるかどうかは最後まで考えていませんでした。あえて入れる事でアルバム全体が、より引き締まりつつ風通しがよくなる感じがしたから入れたのです。ちなみにCDに入ってる歌はデモのバージョンのままです。で、細野晴臣氏は、もちろん尊敬しております。

矢野顕子さんと・・・

――矢野顕子さんのアルバム『ほんとのきもち』(2004年)で「Too Good To Be True」と「Night Train Home」の2曲をプロデュースされましたが、作品を聴いて本当にお二人の相性がいいと感じます。製作過程ではNYと京都の間でどのようにやりとりをされたのですか?

基本的なやり取りは、矢野さんのヴォーカルとピアノの素材をMP3にしていただき、メール添付で送ってもらい、僕がその素材を使ってバックトラックを作って、それをまたMP3でメール添付…というやり取りでした。これは10年前ではあり得なかったスピード感です。ネット環境の進化には地方在住の人間からすれば、大変な恩恵を授かっているなと感じてます。最後のミックスダウンのみ、東京のスタジオでエンジニアさんに助けてもらいながら完成させました。やはり人間の移動が一番お金がかかりますね。

――矢野顕子さん曰く「世界遺産に決定。文句無し。」と大絶賛ですね。矢野さんがハラカミさんが手がけたくるりの「ばらの花」のリミックスを聴いて、ハラカミさんへのアプローチがあったらしいですが、驚かれましたか?

驚かないわけがないでしょう。僕が小学生の時、矢野さんはYMOでピョンピョン飛び跳ねているのをテレビで見てましたから。くるりのイベントで初めてお会いした時は、かけていたメガネが曇りました。「ばらの花remix」は、僕自身、かなり悩みながら作っていたので、矢野さんに絶賛された時は、もう引退してもいいかなと思える瞬間もありました。してませんが。

くるりと・・・

——京都つながりのくるりとはどのような経緯でいっしょに仕事をされることになったのでしょう?

僕自身、くるりの『図鑑』というアルバムを発売当時にたまたま聴いて大変感動しまして、『red curb』制作中にも愛聴してました。『red curb』発売後、彼等の方から「コンサートに遊びに来て下さい」という連絡がSublime経由で来た時は、本当にびっくりしました。お会いした時、やはりかけていたメガネが曇りました。その時に当時NUMBER GIRLの向井秀徳氏にも初めてお会い出来て大変に光栄でした。

リミキサー&プロデューサー仕事

——Ken Ishiiさん、くるりだけでなく、NUMBER GIRL、Date Cource Pentagon Royal Gardenとリミキサー仕事もコンスタントにされていますね。ハラカミさんのリミックスはジャンルを超えていますし、特にポップなフィールドの人たちの作品に新しい息吹が吹き込まれているように感じます。ハラカミ流リミックスの手法とかいうのはあるのでしょうか?

リミックス仕事は、2002年のDate Cource Pentagon Royal Gardenが最後なんです。それ以降は、プロデュースしかやっておりません。と言っても、根本的な仕事の進め方はあまり変わらないんですが。僕が歌モノのリミックスをやる上でいつも念頭に置いているのは、"歌/主旋律=意味"をきちんと生かしつつ、まったく別の曲に聴こえるようにする事です。言い換えれば、ある対象物をそれまでと違う視点/場所から見たらまた全然違って見える、という事だと思います。その意味で、最初から"リアレンジ"しているという意識はありました。世の中に氾濫しているリミックスは、原曲をダンストラックとして機能させる事に終止させているものが多いので、それではどうにも凡庸だなあと考えていたのは確かです。

——海外アーティストではColdcutやMax Brennanなどへのリミックスもされていますが、今後、コラボレートしてみたい海外のアーティストなど居られれば教えてください。

色々とやってたら、自分の時間がなくなる事はこの4年間で実証されてしまったので、誰かと一緒にやりたいとかってのは正直言えば今は無いです。大変ですから。と言いつつも現在もゆっくりとではありますが、数人のアーティストとコラボレーションを続けております。良いモノが出来たら、順次リリースして行きたいと考えております。出してくれる所があれば、ですが。

sonar 2005

——6月16日~18日にスペインのバルセロナで開催されるsonar 2005に出演されますが、海外でのフェスティヴァルは今までこなされていますよね。日本と違った海外で反応とかはあるのでしょうか?

言葉はよくわかりませんが、それなりにウケる事もあります。ウケるとやはり嬉しいです。来てくれたお客さんは「お前のCDはどこに行けば買えるんだ?」とよく聞かれますが、「すまんがAmazonに行ってくれ」というしかありません。困ったもんです。

——他、今後の予定・計画がございましたら、教えてください。

のんびり作り続けたいです。行った事のない場所でのライヴは、赤字にならない限り喜んで率先してやります。気軽に呼んで下さい。

(ご協力ありがとうございました。)

【関連リンク】
Sublime Records
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。