この「レーベル紹介」の新シリーズでは、一つのレーベルに焦点を当てて、レーベル自体、レーベル所属のアーティストそしてレーベル・コンピレーションなどを中心に紹介していきます。メジャー・レーベルでもいいのですが、良質なインディー・レーベルを応援できる企画になればいいと考えています。もし、複数アーティストを抱えるレーベル・オーナーで、紹介されてもいいという方がおられたら、ご一報ください。

第1回は、sucre(シュクレ)。以前、ELEKTELの記事でその所属レーベルとして紹介したのですが、今回、レーベルに焦点を当てて、新たな情報を加えて書き直しました。sucreは、2002年にスタートした甘い音色、甘いコード、甘いフレーズをテーマに作られたレーベル。姉妹レベールとしてripple (リプル)とsucre homme (シュクレ・オム)も予定されています。

仮想建築のためのサウンドトラック

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
最初に紹介するのは、2003年5月9日にリリースされた『VA~仮想建築のためのサウンドトラック』という11組のアーティストが参加した架空サウンドトラック。「建築博覧会」をテーマにつくられた楽曲、そしてテーマごとにデザインされた13種類のジャケが用意されています。飾れるCDです。サウンド的にはエレクトロニカとガール・ポップが交差するエレクトロニック・リスニング・ミュージック。

01. toneflow:Pre Construction
02. Lamb:Folkways
03. Girls Tape Store:niji
04. Jun-ichi Hoshino:Skyscraper
05. toneflow:tsuioku
06. ELEKTEL:Planet Airline
07. Sonic Coaster Pop:HW 88
08. pictogram color:Instant Trip
09. Melting Holidays:ladybug
10. HI-TECH MATES:Somewhere like a Paradise
11. pianetta:echo theater
12. FOLON:Monika(instrumental short edit)
13. toneflow:Post Construction


ELEKTELは、「モジュラーシティ」をテーマにした「Planet Airline」という曲を提供。曲のイメージはスペースエイジの「Firecracker」。また、ELEKTELのMamikoさんがPianettaとして、初めて正式音源を発表。「echo theater」はとろけるようなスウィートな曲に仕上がっています。Pianettaは、ソロアルバム『Elements』(2003年)をsucreからリリースしています。Pianettaという名前の由来でもあるPianetという楽器で作られたアルバムですが、微妙にやわらかい、どこかノスタルジックな音がアルバム全体を包み込んでいます。

新たに中川未希波をメンバーに迎えたpictogram colorというユニットは、ボッサ風味の「Instant Trip」という曲を提供。実は、2001年の「RENOVATION WAVE vol. 5」での中川未希波のソロ・ライヴ(ジャケ写は会場販売していた『return to the first aqua』)を見て、ずっと気になっていました。ライヴでも元P-MODELの福間創がサポートをしていましたが、彼女のソロのプロデュースも手掛けています。

他、キャッチーでラヴリーな楽曲に才能を感じるMelting HolidaysやMinty Fresh Japanより『I'm in mood』を既にリリースしたGirls Tape Storeも収録。
sucreは、所属アーティストのアルバムに加えて、レーベル・コンピレーションにも力を入れています。Cherry Red、Factory、Rough Tradeなどの多くのイギリスの良質インディー・レーベルは、レーベル・カラーというのを持ち、そのコンピレーションも単なる寄せ集めではなかった。sucreというレーベルにも、サウンドの幅はアーティスト毎に違いますが、ジャパニーズ・インディーポップ~インディートロニカ的な空気があります。現在の海外のレーベルなら、シカゴのMinty Freshとか、スペインのelephantとか・・・ 

『VA~仮想建築のためのサウンドトラック』(2003年)
『Detour!』(2003年)
『Superior Resort』(2003年)
『Superior Suite ~ 晴れた午後の休日音楽』(2004年)

sucre sweet tracks

第5作目のコンピは、10月25日発売の『sucre sweet tracks』・・・タイトルからしてレーベル・カラーに沿ったものと考えられます。15曲入って、なんと税込1,000円の良心的価格。

01. Melting Holidays:Flash Back To Beatnik Jack
02. metro trip:でも泣けない。
03. one note:夜がくるまえに
04. cafa:Quiet
05. リトルハヤタ:君のこと
06. Love Attack Eve:流星ジェット
07. metro trip:パートタイムクリスマス!
08. pictogram color:夕暮れと小雨の夜
09. Lamb:Peach
10. pianetta:Summer Dream
11. Girls Tape Store:Balloon
12. Melting Holidays:Toygirl Talks
13. pictogram color:冬休み
14. ELEKTEL:恋の電子ブロック
15. Melting Holidays:Cherry Wine


Melting Holidaysによるアンニュイ・フレンチなサイケデリックポップ曲「Flash Back To Beanik Jack」から始まる意外な展開。one noteは、Polarisとかにも通じる、ポップトロニカ。Love Attach Fiveの「流星ジェット」は、もうカントリー的フォークなんですが、これが良質の胸キュン・フォーク。metro tripは、歌詞が印象的なソフトロック・テイストたっぷりの和み系歌謡。Lambはまるで映画サントラを聞いているような感覚に・・・ウィークエンドのテラスで聴きたいスウィート・ポップミュージックの数々。

今後、可能であれば、sucreのアーティストの方をさらに紹介したいと考えております。

【関連サイト】
ELEKTEL~未来型電子ポップ
sucre公式サイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。