笹短歌(念力日誌)
部屋中に怪獣図鑑ちらかしてサイダー太りのこどもは眠る




【歌人・笹 公人】

――この度は、念願の第一歌集『念力家族』の発売おめでとうございます。笹さんによる「短歌」の定義とは何なのでしょう?

ありがとうございます。「短歌」とは、1300年の歴史を誇る日本の伝統詩型です。五・七・五・七・七の三十一文字で成り立っています。俳句とちがって、「季語」はいりません。「なり」とか「けり」とかいう古文(文語)体の語尾を無理に使う必要はありません。話し言葉であってもかまいません。

話し言葉(口語)と書き言葉(文語)が混じったところでいっこうにかまいません。歌う内容については、「自分の思い」を三十一文字にするのが一般的です。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
――『念力家族』は、デザインにもこだわりが感じられますね。村上龍なども手がけられている超人気装丁デザイナーの鈴木成一さんによる装丁は、笹さんのあつい希望だったのでしょうか?

これは編集者のあつい希望で、鈴木さんしかいないという執念に近い気持ちでやってくださっていたそうです。もちろん僕としても鈴木さんにやって頂けたら最高だと思っていたので、鈴木さんが快諾してくださった時は本当にうれしかったです。完成したものは、予想以上に最高に素晴らしくて、神(紙)技を感じました。実にイエローマジックな装丁で、念力ワールドにぴったりです。

――イラストは、雑誌、本、広告などで著名な田中英樹さんですね。レトロモダーンな感覚が笹短歌にぴったりですね。

『念力家族』のコンセプトは、
1)女子中・高生が雨の日の教室でまわし読みするような本
2)むかしの角川SFジュブナイル文庫の挿し絵のようなレトロなイラストを現代風にアレンジしたものだったのです。

このコンセプト通りの難しい作業をできる人は誰かと必死でさがしまわっていたのですが、そんな時に編集者が「これしかない!」という感じで、田中さんのイラストを見せてくれまして、僕も見た瞬間に「これだ!」と思いました。実は、『念力家族』のイラストはもともと田中さんが数年前に描いていた作品を多く使っています。

それはなぜかといいますと、僕の短歌と田中さんのこれまでのイラストを実験的に合わせてみたら、なんと描かれている世界がぴったりだったという場合が多かったので、そういうのはそのまま使わせて頂きました。しかも作成した時期まで一致していて、本当にびっくりしました。宇宙の神秘を感じました。

――そして・・・あの蜷川幸雄先生が賞賛の帯文を添えられていますが、笹さんは蜷川先生とはどのような縁で知り合いに?

蜷川先生とは19才の頃不思議なご縁で知り合ったのですが、当時から短歌に限らずいろいろな作品を見て頂いて、貴重なアドバイスを頂いてきました。それが心の支えになって、いまに到るという感じです。蜷川先生は心の師です。尊敬しています。


笹短歌(生徒会長レイコ)
校門のカメラ小僧を罵倒してレイコの朝がはじまらんとす



――短歌には音楽と同じようにジャンルはあるのでしょうか? すでに前衛短歌、ニューウェイヴ短歌というジャンルはあるようですが、あえて笹短歌をジャンルとしてとらえるとどうなるんでしょう? サイキック短歌?(師匠の岡井隆さん、俵万智さんや穂村弘さんとかはどうとらえているのでしょう?)

文語短歌と口語短歌という分け方はありますが、ジャンルと言われるとあるようでないと思います。全部ひっくるめて「現代短歌」と呼ばれることが多いです。あえて「笹短歌」にジャンル名をつけるとしたら、ずばり「エンターテイメント短歌」だと思います。

歌人の藤原龍一郎さんは『念力家族』を日本初の「笑える歌集」として評価してくださいましたが、たしかに「笹短歌」は現代短歌史上初の「お笑い短歌」として位置づけることもできると思います。まぁ短歌界としては、そんなジャンルは必要としてないでしょうけど(笑)。

岡井先生は、前衛短歌運動を興した方で、現代短歌に多大な影響を与えた巨人です。岡井先生の歌は、玄人を唸らせるだけではなくて、ふつうにいまどきのヤングが読んでもおもしろい部分があると思っています。そこがまた凄いと思います。

俵万智さんは口語短歌を広めた方です。『サラダ記念日』がなければいまの短歌界は違うものになっていたと思います。穂村さんは僕と同じく空想&妄想で短歌をつくっている歌人だと思いますが、その空想&妄想の中からポエジーをつかみだそうとしている人というイメージがあります。

――笹短歌は、家族と学園が大きなテーマですね。内省的だけど野望を秘めた少年が歌ったような学園もの短歌(スクール短歌)は、やはり笹さんの少年時代のリフレクションでしょうか?

いえ。逆に少年時代はクラスを代表するひょうきん者みたいな感じでしたから、決して内省的ではなかったですね。内省的になったのは高校時代からです。本当に暗い奴でした。基本的に僕は、全部空想で歌をつくっているので、自分の体験はあまり反映されていないのです。

――アメリカの素晴らしきB級映画『超能力学園Z(Zapped!)』 (1982年)は、ご存知でしょうか? 学園、超能力、生徒会長・・・笹さんの短歌の世界と共有するものを感じました。

『超能力学園Z(Zapped!)』は知ってますけど、見たことはありません。超能力ものの映画では、『キャリー』は大好きです。それよりも映画では、『転校生』とか『時をかける少女』とか大林映画の影響のほうが強いと思います。「ねらわれた学園」(眉村卓さんの原作含め)の影響もあるかと思います。

――「生徒会長レイコ」が主役の短歌、とっても好きです。とっても気高いビッチな生徒会長、レイコは、笹さんの屈辱的少年体験から生まれたものでしょうか?

いえ。少年時代はああいう女(スケ)には出会えませんでした。20代になってからああいう魔性の女みたいのに死ぬほどふりまわされたことがあったので、その体験は影響しているかもしれません(苦笑)。

――短歌というのは、やはりリズムがあって「詠む」ということも大事なんだと思いますが(『念力家族』も一人で声に出して詠みました)、短歌会とはどのようなものでしょう?「・・・YMOを好んで聴けり」とか「・・・髪をアトムに・・・」とか「・・・車内に大山のぶ代」とか皆さんの前で詠むんでしょうか?

もちろん詠みます。僕は常にウケを狙っていきますから。わざと「百人一首」ぽく詠んだりするとよけいウケますね。でも短歌界は非常に真面目な方が多いので、たまに怒っちゃう方もいます。

――ちょっと提案があります。百人一首も短歌ですよね。競技かるた、源平合戦、ちらし取り、坊主めくりなどで遊べるわけですが、21世紀のサイキック・カルタとして「公人百首」を発売してはどうでしょうか? 来年のお正月のブームになること間違い無しです。イラストもポイントですね。

「公人百首」いいネーミングですね。この企画は以前、編集者と話し合ったことがあるのですが、話のネタとして終わってしまいました。全部にイラストをつけるとなると莫大な予算がかかると思いますし、田中さんも多忙な方なので、実現は難しいとは思いますが、将来の夢のひとつとしてとっておきたいです。

念力家族(さらに笹短歌を知る!)
TOKYO ILLUSTRATION CENTER
(田中英樹さんの最近の仕事として『念力家族』が紹介されています)


笹短歌(金星のレナ)
金星の王女わが家を訪れてYMOを好んで聴けり




【作詞家・笹 公人】

――笹さんは現Cyborg'80sのZUNBA小林さんと未来派サイキック・テクノポップ・ユニット「宇宙ヤング」を結成し、トルバドール・レコードから『宇宙ヤング』(1998年)でデビューしたいきさつは? 

OMYが好きだったので、OMYのリーダーでありトルバドールの主催でもある細江さんにプロデュースしてくださいという感じでデモテープを送ったのがきっかけです。ほかにはなぜかソニーにも送っていたのですが、もちろん相手にされませんでした。ほとんど記念受験の世界ですね(笑)。

――このアルバムは、まさに念力学園的なテーマが爆裂する詞の世界ですが、YMOのうたものカヴァー「コスミック番長」そして「君はサイコメトラー」などでは、松本隆へのリスペクトが伺えますが、いかがでしょう?

松本隆さんの影響はかなりあると思います。はっぴいえんどの歌詞も松田聖子の曲の歌詞も「ハイスクールララバイ」も「スターボー」も大好きです。僕は歌詞に「微熱」という言葉を使う癖があるのですが、これは確実に松本先生の影響だと思います。ほかにも阿久悠さんや糸井重里さんへのリスペクトもあります。

『僕たち、サイボーグ’80s』

【歌手・笹キミヒト】

――日本のバナード・サムナー(New Orderのヴォーカリスト)としての才能を開花されていた笹さんですが、HIDE-AKIさんとの新生・宇宙ヤングでは、突然、郷ひろみ唱法への転換をされましたね。その訳は?

ふつうの歌い方だとあまり印象に残らないので、どうしようかと悩んでいたのですが、そんな時にたまたまやってみた郷ひろみさんのモノマネが周囲でウケたので、これだ!と思って、「郷ひろみ唱法」に転換しました。

近田春夫さんの「なりきりジュリー唱法」(「何故かアップサイドダウン」)もヒントになっています。「郷ひろみ唱法」とHIDE-AKIサウンドの相性がいいようなので、結果的に正解だったと思っています。

――そして、ついに憧れの高橋名人とのデュエット『ハートに16連射』(週刊文春にも載った!「高橋名人のBugってナイト」のライヴで販売)を実現させましたが、野望実現までの道のりは?

もともと高校時代から高橋名人を復活させたらおもしろいだろうなぁと思っていたのですが、98年の夏に超能力者の秋山眞人さんのご紹介でようやく名人と知り合えて、その時に、ここぞとばかりに「ぜひデュエットしてください」とお願いしたのが事の始まりです。

『ハートに16連射』が完成したのは2001年の夏ですから、長い道のりでした。秋山さんの紹介で知り合ったというところが怪しくて気に入ってます(笑)。宇宙ヤングwith高橋名人のシングル第2弾『ファミってオールナイト!~黄金の指伝説~』の完成も間近です。

――また、提案ですが、CD版『念力家族』として短歌とテクノの融合をCDとして世界で初めて挑戦してはどうでしょう? スネークマン・ショーがギャグとニューウェイヴを融合させたように。

これも編集者と話し合っているのですが、「魔除け少女」のような連作の朗読ならかなりいいものができるのではないかと思っています。自分の好きなミュージシャンたちに声をかけてぜひアルバムをつくりたいです。

宇宙ヤング.NET
『何故に16連射の高橋名人?』


笹短歌(念力学園)
「ドラえもんがどこかにいる!」と子供らのさざめく車内に大山のぶ代



【アイドル・プロデューサー・笹 公人】

――TBS系番組「U-CDTV」の「アンダー発掘計画」というコーナーでは、ベッキーのプロデュース対決をされましたね。辛酸なめ子さんがグレムリン化を憂えるベッキーは、『伝説のスタフィー』や『さらら』といった中華風テクノ歌謡を発表していて密かに注目していました。ベッキー・プロデュースの感想は?

ベッキーは頭の回転も早いし、タレントになるべくしてなった子だと思いました。歌もうまいので、歌手としても逸材だと思います。僕が言うまでもありませんが。実際にベッキー本人も気に入ってくれていたので「ベッキー・クッキー・モーニング!」はぜひCD化したいところです。撮影の合間もいろいろお話ししましたが、テレビのイメージと変わらない、しっかりしたいい子だと思いました。

――続いて、テレビ東京の番組「音楽職業案内所 どれカム」で、笹さんは、アイドルをプロデュースしたいと宣言しましたが、その後アイドル志望の子からの応募はあったのでしょうか?

続々きているようです。女の子だけではなくて、なかにはベトナムで人気のオカマ歌手みたいな人もいて(笑)、こうなったらその人も入れて、「よめきんトリオ」みたいにしちゃおうかなと思ってます。6月26日(木)深夜25時~放映のテレビ東京「どれカム」に『念力家族』の宣伝などで出演したので、よろしかったらご覧ください。

【ラジオDJ・笹 公人】

――FM西東京(84.2mhz)では、「宇宙ヤングの超光速ナイト」(隔週で木曜日 23:00~)のDJをしていますね。4月・5月は、辛酸なめ子さん、見ル野栄司さんといった漫画家のゲストでしたが、この辺の方々とのつながりは?

フジテレビ「お台場ちゃんねる」の「ウルトラタケシ」という番組で、「宇宙ヤング劇場」というコーナーをやらせて頂いていたのですが、その関係で知り合った人たちをゲストにお招きすることが多いです。

見ル野さんとはたまに飲み会で変な企画をいっしょに考えたりしています。なめ子さんは、いま一番刺激的なメル友です。発想が似ているので恐いときがあります。8月、9月のゲストには、元明和電機社長・土佐正道さんと漫画家の杉木ヤスコさんのユニット・Y&M☆O(ヤスコーン&マサビッチ☆オーケストラ)が登場します。

teknohauswt
Y&M☆O

【占い師(?)・マドモアゼル・キミ】

――こんなこともやっているんですね。


1998年発売のアルバム『宇宙ヤング』の裏ジャケより。

(ご協力ありがとうございました。)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。