amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。
(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)

1980年2月21日、YMOブームが巻き起こる中『PUBLIC PRESSURE(公的抑圧)』は、リリースされます。ライヴ・アルバムがオリコン初登場1位になるとは、ただならぬ事態だと当時、感じました。言い尽くされていますが、渡辺香津美のギターが教授のシンセに置き換えられています。

01. Rydeen
02. Solid State Survivor
03. Tong Poo
04. The End Of Asia
05. Cosmic Surfin'
06. Day Tripper
07. Radio Junk
08. La Femme Chinoise
09. Back In Tokio
01~04:Venue In London、05:Greek Theater In LA、06~09:Bottom Line In NYC


『PUBLIC PRESSURE』でも演奏されている『Radio Junk』は、もともと79年10月にリリースされたシーナ & ザ・ロケッツ(略称:シナロケ)のアルバム『真空パック』に収録されていたものです。蛇足ですが、当時のシーナの名字は、ロケットとのこと。細野晴臣のプロデュース、YMOのメンバーの全面的参加によりSandii、矢野顕子らとともにYMOファミリー的位置づけでした。

『Radio Junk』は鮎川誠がヴォーカルですが、クリス・モスデル=高橋幸宏のコンビによるYMO度が高い曲です。その曲に続くラストのインスト曲『ロケット工場』になると、ヴォーカルもギターもない教授と松武秀樹の独断場です。ちなみにジャケはもう1種類あります。このアルバムに加えて、シナロケの『CHANNEL GOOD』(1980年)とシーナの『いつだってビューティフル』(1983年)のYMO絡みのテクノ3部作は、ぜひ再発して欲しいですね。

Yセツ王のセカンド・アルバム『PUBLIC PUSSY(公的膣圧)』のトラックは、1曲目から9曲目まで『PUBLIC PRESSURE』と同じです。10曲目は、Yセツ王にしては珍しいオリジナル曲『フューチャー野郎!』で、URARAという女性ヴォーカルをフィーチャーした「音楽殺人」的なテクノポップが楽しめます。CD-ExtraでYセツ王の特設ページでスペルマン・ショー、マル秘映像、壁紙などがございます。

『PUBLIC PRESSURE』のジャケは、羽根多平吉がデザイン、鋤田正義が撮影したものですが、このYMOのトリビュート・アルバム『WHO'S YMO - 再日本製 -』(1993年)は、『増殖』をバックにその写真をコラージュしたようなジャケ・デザインです。意外な事に、複数のアーティストがYMOをカヴァーするというYMOトリビュートとして成立しているのは、このアルバムくらいですね。Yセツ王の元でもあるB-2 Dep't(助教授は居ない)は、『The End Of Asia』をカヴァーしています。

01. 04SS'T: Happy End
02. Replicant J. B.: Nice Age
03. T2: Insomania
04. Opus: Day Tripper
05. 04DD: Music Plans
06. Blue In The Forest: Cue
07. B-2 Dep't: The End Of Asia
08. E-Scope: Taiso
09. Liberator: Rap Phenomena
10. Interferon: Epilogue

YMOブームが吹き荒れる中、1980年6月5日にリリースされたのが10インチ・アルバム『増殖』です。3枚連続でオリコン1位という快挙を成し遂げます。スネークマン・ショーがこのアルバムに参加する過程については、桑原茂一・インタヴュー『ピストルズを呼べ! そしてYMO』をぜひお読みください。苦肉の策とも言える変則的なアルバムですが、一番YMOをカルチャーとして象徴するアルバムです。当時、スペシャルズ、セレクター、マッドネスといったTWO TONE系スカ・ブームだったんですが(市松模様のシャツ着ている奴が多かった...自分も含めて)、『Multiplies』でのテクノ・スカは感動もんでした。

01. Jungle "YMO"
02. Nice Age
03. Snakeman Show
04. Tighten Up (Japanese Gentlemen Stand Up Please)
05. Snakeman Show
06. Here We Go Again~Tighten Up
07. Snakeman Show
08. Citizens Of Science
09. Snakeman Show
10. Multiplies
11. Snakeman Show
12. The End Of Asia


『増殖』を起点としたギャグ・レコードの歴史については、『スネークマンの蛇足』で紹介していますが、まだアルファがレーベル名として存在した1998年に、アルファからリリースされた『増長』です。オリジナルのYMO曲に爆笑問題+長井秀和によるギャグが挿入され、最後に『YMOのカバ』から3曲が追加されています。ちなみに太田光は、海援隊とかアリスとかが好きだったらしいけど、テクノカットはしていたとの事。

このシリーズ最多登場回数を誇るOMYの3枚目『養殖 XO BREEDS』(1997年)。前半のBreeding Sideは、『増殖』から(スネークマン・ショーはなし)で、後半のPersonal Pleasure Sideは、OMYのワールドツアーの最終地渋谷でのライヴ。

『増殖』ジャケ・カヴァーの最後は、『NEO TECHNOPOLIS・・・繁殖』(1992年)です。このCCCDでなくてCDの説明として、ライナーには「本作はTMNカヴァー集や雨をテーマにしたコレクションで有名なavex traxのYMOカヴァー集です。」とあります。TMNは分かるけど、雨って何? 音は、avexらしいイケイケ・ハードコア・テクノ(個人的にはテクノじゃないと思う)です。でも、何故か『Radio Junk』をカヴァーしている。飾って楽しんでください。

『増殖』から6ヶ月以上経った1980年12月20日にシングル『Tighten Up!』(B面は『Nice Age』)がリリースされます。この曲は、アメリカで1968年にチャート1位となったArchie Bell & The Drellsのファンキーなソウル・ナンバーです。1980年11月20日にアメリカのNBCの人気番組『SOUL TRAIN』で、YMOは出演! この『Tighten Up!』と『Computer Game』を演奏し、観客の黒人たちはのりまくり、拍手喝采を浴びます。ほんとに痛快な出来事です。

矢野顕子、大村憲司も参加しましたが、松武秀樹は機材が届かず出演できなかった。『Tighten Up!』のスネークマン・ショーのヴォーカル&ラップ部分は、ステージ参加なしでした。観客に混じって如何にもステレオタイプ日本人が踊っていますが、マネージャーの伊藤洋一です。司会のドン・コーネリアスのインタヴューは高橋幸宏が受け、「どんなサウンドなんだい?」という質問に困った顔で「クラフトワークのようだと言われる」と答えていました。「テクノポップ」ではなかった。

Spoozysとしては『Cosmic Surfin'』をカヴァーしていたギタリスト松江潤は、All That Fuzzとして『Nice Age』のカヴァーを収録したアルバム『69』(1995年)をMIDIからリリースしています。アルバムは、ジャズ、テクノ、炸裂ギターなどのミクスチャー・ロック的な内容。『Nice Age』はギターでぐいぐい引っ張ります。松江潤は、YMOを聴いてニューウェイヴに目覚めたとのことですが、『ジューシィ・フルーツ復活!?』で紹介した再結成ジューシィ・フルーツのシングル『ジェニーはご機嫌ななめ』(2001年)をプロデュースしています。

沖野修也、吉澤はじめ、中村雅人、黒羽康司が結成した4人組、Cosmic VillageのYMOカヴァー・アルバム『Nice Age』(1998年)です。デビュー・アルバム『Trinkets & Things』に続く彼らのセカンド・アルバムで、アルファからリリースされています。オリジナルの『Nice Age』は、ニューウェイヴ的な要素が強い作品ですが、クラブ・ジャズ的なサウンドに変化しています。他の曲は、『Technopolis』を始めとした『Soild State Survior』からの選曲が中心です。

こちらは、シングル『Nice Age』(1998年)。12cmではなくて、8cmCDシングルです。アルバム・ヴァージョンと比べ、ギターも入ったロックな仕上がりです。

デキシード・ザ・エモンズのシングル『Nice Age』(2000年)ではサイケデリックなカヴァーをしています。

『増殖』のラスト曲は、78年10月25日(YMOのファーストのリリースの1ヶ月前)にリリースされた教授のソロ・アルバム『千のナイフ』に収録されていたものですが、ユーモアたっぷりの和風アレンジに仕上がっています。

次は、『BGM』からです。

【関連リンク】
『YMOの遺伝子~第2回』
『YMOの遺伝子~第1回』
『ピストルズを呼べ! そしてYMO』
『COMPACT OMY』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。