amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。
(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)

現在、80年代ヒット曲を集めたオムニバス・アルバムが大人気です。

僕の優れたオムニバスの定義は、以下です。
◆明白な購入ターゲット(ビギナー、マニア、レアものコレクターなど)
◆斬新な企画テーマ(ここでつまづいているオムニバスが多い)
◆テーマにしたがって厳選されたトラック(レーベル枠による制限などを乗り越える)
◆CDの容量最大限に使用(ノーマル・エディットなら18曲程度)
◆手抜きのないジャケ、ライナーノーツ(これもいい加減なのが多い)

懐かしの80年代ヒット曲が聴きたい貴方には...

『ザ・エイティーズ』(2002 年)は、見事オリコン・アルバム・チャート2位を記録。a-haの『Take On Me』に始まる全39曲2枚組みCDには、当時のMTV系ヒット曲がぎっちり詰まっています。ワーナーと東芝EMIがヒット曲を抱えるレーベルであった事も実感できます。エレポップ&ニューロマ系全盛のよき時代です。

ソニーも負けてなるものかと『POP-UP 80's』(2002年)をリリースしています。一部選曲がべたすぎるのですが、G.I.Orangeの『サイキック・マジック』などの日本だけの一発屋も収録されています。以前、『復刻企画サイト案内』で書きましたようにG.I.Orangeのアルバムはリリース不可となっていたのですが、事情が変わったのでしょうか?

『Replay~Brand New '80s』(2002 年)は、一足先にユニバーサルからリリースされたメジャーな80年代ヒット曲集。a-haの『Take On Me』は、80年代オムニバスの定番ですが、こちらにも。Tony Mansfieldがプロデュースした幻の『Take On Me』ヴァージョンを誰か入れてくれ!

そんな、ちまちまとしたの嫌だ、膨大なる80年代集が欲しい方には...

Rhinoからリリースされたボックス・セット『Like, Omigod! The '80s Pop Culture Box』(2002年)は究極の80年代集。7枚のCDに合計142曲! Devoの『Whip It!』に始まる80年代を全身で浴びてください。

そんな柔い80年代では満足できないというニューウェイヴ野郎には...

『DJロマンポルシェ。のNEW WAVE愚連隊 Vol.1(洋楽編1)』(2002年)は、ライナーノーツも充実のロマンポルシェによる超マニアックかつダークな選曲。強引に、Napalm Deathもニューウェイヴ! ロマンポルシェは、ドナ・サマーというよりBronski Beat+Marc Almond版の『I Feel Love』のゲイなカヴァーを披露。

『DJロマンポルシェ。のNEW WAVE愚連隊Vol.3(洋楽篇2)』(2002年)もドロドロに濃い! ロマンポルシェはNew Orderのエレクトロ・ディスコ・アンセム『Blue Monday』の超脱力系へなへなカヴァーをしています。かなり聴き取り不明の歌詞が、ニューウェイヴの真髄です。

テクノ系DJにはニューウェイヴの影響を受けた人達が多いですが、このアンドリュー・ウェザーオールもその一人。彼がコンパイルした『andrew weatherall nine o'clock drop』(2000年)、ファクトリー、ミュート系を中心のマニアックなセレクション。

70年代末期のポップ・グループ、スリッツなどのポスト・パンクも含めたイギリス的ニューウェイヴ・オムニバス『In The Beginning』(2002年)。実験的だったころのヒューマン・リーグも。

イギリスだけじゃなく、フランスやイタリアの80年代を聴きたいお洒落な貴方には...

『Club 80's』(2001年)は、Lio、Jacno、Indocineといったフレンチ系ニューヴェイヴからダンスポップが堪能できる2枚組みオムニバス。

『Club 80's 2』(2001年)は、12インチ・シングルで構成された上の続編。

イタリア・ヴァージョンの『Club 80's Italia』(2001年)もリリースされています。イタリアだけあって、イタロディスコ系が多いです。分かりやすいところでは、ガゼボ、僕のお勧めは、マイナー・エレポップの隠し玉、Righeira。

古い80年代だけでなく、今を感じさせる80年代が聴きたい貴方に...

80年代オムニバスの中でも、その企画度の高さから一押しするのが、ドイツ産の『DIE 80ER SHOW』(2002年)です。1枚目のCDはヨーロッパでもヒット中の80年代カヴァー中心で構成し、2枚目のCDはオリジナルの80年代ヒット曲集。カヴァーとオリジナルで曲を統一してくれると、完璧な企画となるのですけどね。

80年代ブームに便乗して、シリーズ化を予定しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。