桑原茂一さんインタヴュー~Part 1『ウルフマン・ジャックに憧れて』からの続き。

――最初のスネークマン・ショーは、アメリカ的な背景があるんですけど、ラジオではなくて『増殖』から入ったリスナーにとって、スネークマン・ショーは、どちらかと言えば、アメリカというよりもイギリスというか、パンクの後のような気がするんですが。スネークマン・ショーは、やはりアメリカ的なものから変わっていったというのがあるんでしょうか?

もともとは、アメリカの50年代の音楽、ドゥー・ワップ・ミュージック。自分が16歳くらいからR&B、今のR&Bではなくって、R&Bにすごく入っていって、とにかく新しい曲を聴きたくて、新しいステップを覚えたくて夜遊びしてたんです。だから僕にはブラック・ミュージックの方がディープなんです。その後、ロックが始まって「Rolling Stone」に参加し…。で、その後の衝撃はやっぱりパンクですよね。一時番組休止中のたしか75年くらいだったと思うんですが、サンフランシスコの友人の所に遊びにいった時も、その兆しはあったんですが。

amazon.co.jpでCDを買うにはジャケ写か下線タイトルをクリック!
なんといっても77年ですね。六本木のディスコ「FUFU」のオープンニング・イヴェントの企画で四方義朗から声がかかり、熱くなってたSex Pistols(写真は、『勝手にしやがれ!!』)を呼びたくなって、友達がロンドンに居て、行ったんですよ。呼べるわけもないのに。Pistols駄目なら、Stranglersでもいいんじゃないかとか、もう当時パンクモードに入っていて自分でも分け分かんなくなってましたね。ともかくオープニングにパンクを連れて来たかったんです(笑)。

――それで、実際にPistolsとかMalcolm McLarenには会えなかったのですか?

全然、話になんない。だから、その後に、実際にポートベローのホテルでMalcolmに会った時、彼が契約書をそのへんのナプキンに書くから(笑)とか、そういうことができるようになるとは、その時はぜんぜん思わなかったからね。日本ではまだまだでしたけど、ロンドンの街はパンク一色だったですね。そのパンクの凄い経験があったから、スネークマン・ショーを結果的にがらっと変えていっちゃうんですね。ロンドンから持って帰った曲をかけたくってしょうがない訳ですからね。勢いというか。それで、表現がどんどん破壊的な方向に向かうんです。

今までの、ばかばかしいおかしさというのは、チーチ&チョン(写真は、『Up In Smoke』)だったりとか、アメリカのヒッピー・カルチャーの人達の笑いに影響を受けてると思うんですね。克也さん自身は、英語が堪能だから分かるんですけど、自分にはそんなに分かんないんですね。分かるものもあるけど、分からないものもある。日本人には、ニュアンスとして伝わらないと、言葉ではギャグにならないんですね。自分としては、その後のサタデー・ナイト・ライヴの方向に向かう、チャビー・チェイス・ショーであったり、個人的にはウディ・アレンとかがものすごく好きだったりするし。

amazon.co.jpで本を買うには表紙か下線タイトルをクリック!
また亡くなった景山民夫さんの影響から、モンティ・パイソンなんかも見る機会に恵まれましたが、やっぱり、英語圏のものですので、ちゃんと本当に分かるというかというと、かなり怪しくて。最近、『モンティ・パイソン大全』を作った須田泰成君なんかとも脚本チームでやっているんですが、彼の本なんかを読ましてもらうと、「ああこういうことだったのか!」という連続で。これは相当、勘違いのまま来てるなと。
amazon.co.jpでCDを買うにはジャケ写か下線タイトルをクリック!
――ギャグ的なものでは、日本では「ゲバゲバ90分」とかですか?

そうですね。「ゲバゲバ90分」(写真は、『ゲバゲバ90分!ミュージックファイル』)の前が「シャボン玉ホリデー」ですよね。当時流行った、てんぷくトリオとかのありとあらゆるお笑い系は、基本的には好きでしたね。ただ、スネークマン・ショーで使っていたテーマ曲を使って始めた「俺たちひょうきん族」、これは違うな。こういう笑いじゃないだろとすごく反発があったのを覚えてますね。

――それは、風刺がないとか言う意味で?

いじめギャグの始まりみたいなもんですよね。そういうのに嫌悪感があって、そっちには近づかないようにしてましたね。

――やっぱり、『増殖』でスネークマン・ショーを聴き始めた人達が多いわけですが、もともとYMOの人達とはお知り合いだったのですか?

「Rolling Stone」の頃に、トノバンこと加藤和彦さんと、今となっては誰に紹介されたか覚えていないんですけど、親しくさせてもらっていて、わりといっしょにご飯食べに行ったりしていたんですね。サディスティック・ミカ・バンド(写真は、『黒船』)のメンバーだった幸宏もいて。幸宏はセンスがよくて(笑)。BIGIに関係していた当時は、自分たちが東京で一番ファッション的センスがいいグループだと勝手に思っていたんです(笑)。で、トノバンにはまた別格で憧れていましたね。

うーん、妙なスノッブな集まりだったんですねきっと。それと伊武ちゃんはバリバリの演劇青年だったし、克也さんは業界の大先輩という、それぞれの立場が明快にあったからこそ、普段つるんでなんかというのではなく、お互いに切磋琢磨し合うというのがよかったのかな。

――YMOサイドからいっしょにしようと、働きかけがあったのですか?

細野さんが声をかけてくれたんだと思います。ごめんなさい。もしかした違うかも…。その昔、細野さんの存在をトノバンから教えてもらっていて、「Rolling Stone」の頃に、お話を聞かせていただいたり、先ずそうしたことがベースにあるんですね。で、スネークマン・ショーのテープをどんどん送っていたから。そういえば細野さんと幸宏は、この前、『ごきげんいかが1・2・3』のカヴァーをSketch Showでやったんですよ。

――4月3日にdaisyworldからリリースされる『Strange Flowers』に収録の曲ですね。

もともと、細野さんって、そいいうのが好きなんですよ。なんかで読んだんですけど、大瀧さんなんかとツアーで旅館に行ったりすると、一番バカな事をするのは、どうやら細野さんだったらしいですよ。

で、教授が一番、遠かったかなぁ。今となっては失礼な話なんですが、ともかく女好きだと思っていましたからね(笑)。確かパンクファッションのアイテム(?)、ショッキングピンクのネクタイプレゼントした思い出や、夜遊びした記憶しかないから…(笑)。ところがひょんなことから教授のMLグループsuspeaceのメンバーに入れて頂いたことで、その認識は180度変わりました。今や教授は私の本当の教授です(笑)。尊敬してますから…。
amazon.co.jpでCDを買うにはジャケ写か下線タイトルをクリック!
――でも、その後に『THE GEISHA GIRLS SHOW』とかやってられますよね。

教授も嫌いじゃないでしょうね。豊かな人はユーモアーがあるから、でYMOがスーパースターになって、僕等も近寄りがたい感じもあったけど、いっしょにコントなんかを作り始めたりすると、みんなほんとふざけるの好きなんですね。当時、お互いがお互いを見ている視点というのも、みんな勝手な勘違いがてんこもりで、そこがおかしかったので、そのズレが、とんでもない形で出たのが、スネークマン・ショーが終局に向かうきっかけになった悲惨な武道館ですね。

――『増殖』のギャグは、昔のラジオねたの使いまわしもあるんですよね。でも、そのわりに僕達が『増殖』から聴いているからかもしれないですが、このギャグの後はこの曲、この曲のあとはこのギャグという感じでギャグとYMOの曲が妙につながるんです。その辺は、YMOの曲とつなぐために、ギャグの方を新たに加工したというのはあるんですか?

最終的には個人的な作業になってしまいましたね。相談するというよりも、変につっぱってましたね。それと当時流行始めていたフュージョン・ミュージックが私はそんな好きじゃなかったんですね、だから。YMOも自分の中ではそんな範疇に入っていたので…僕は。細野さんや、それぞれの個人の作品は好きだったんですけど。で、選曲の提案をさせて頂いたり…。

――それは、YMOがもう売れちゃっていたという事もあるんですか?

なんかこう、基本的に海外のものしか聴いていなかったじゃないですか、海外のものを聴いている基準でしか聴いていないので、日本のグループがいいと言っても、自分の中で偏見があると言うか、どうしても比べちゃうと、「そうは言ってもさ…」というのが自分の中にあって、たぶん、かなり悪い先入観があったと思うんですけど。で、スネークマン・ショーをやるに当たって、自分なりに選曲して、こういうのがいいと思うと選んだんですね。

例えば、『ごきげんいかが1・2・3』は、ブロンディーの曲*の影響? あれなんかも、自分が選んだものですね。あと、当時好きだったツートーンとかスペシャルズ(写真は『THE SPECIALS』)とか…ニューウェイブに強い影響を受けましたね。彼等もYMOというパブリック・イメージから脱皮したかった、バカやりたかったんだと思うんですね。わりと、こちらからこういう風にというのを受け入れてくださって、スネークマン・ショーのラジオ番組のような構造をもったYMOを作ってくださったんですね。
*『Rapture』でないかと推測しています。

あの『増殖』は、皆さんのクリエイティヴィティで、僕はその「増殖」という言葉には、関与していないですね。ただ、構成だけやらせて頂いて、皆さんのこれがいい、あれがいいという話の中から、それで最終的には、もう一回取り直すものも出てきたり、どうしても、原盤がアルファになっているという事から。こちらも歩み寄りながら、提案しながらということでやっていったと思います。


これで、第2回は終了。第3回『ホテル・ニュー越谷』へと続きます。あいてて、よかった。

【関連リンク記事】
『ウルフマン・ジャックに憧れて』
『スネークマン症候群』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。