とてもインタヴューしたかった人、村上ユカさん(写真右)に登場して頂きます。ファースト・アルバム『散歩前』(『野ばら』は名作です。)、カヴァー曲集ミニ・アルバム『はなうたち。』(細野晴臣さんの『プリオシン海岸』も素敵にカヴァー。)に続いてリリースされたセカンド・フルアルバム『アカリ』をリリースしたばかり。

『アカリ』ではScudelia Electroの吉澤瑛師さん、元ZABADAK、現マーシュマロウの上野洋子さん、元HARRY JANEの熊原正幸さん、田尻光隆さんという豪華アレンジャー陣の協力のもと、村上ユカさんの天性のヴォーカルと多面的なエレクトロ且つ有機的サウンドが不思議な世界を作り上げています。

THINK SYNC INTERGRALは元アルファ・レコードのレコーディング・エンジニア、そして現在Scudelia Electroのメンバーでもある寺田康彦さんが設立したレーベルです。村上ユカさん、Snow Mobiles、妹尾武さん(ゴスペラーズへの楽曲提供)等が現在の所属アーティストです。

――自分自身で運営をされているアーティスト・サイトは、個人的に好感度大です。ユカフェも、村上ユカさんのメッセージがダイレクトに伝わる感じがします。サイトを立ち上げた動機、今後の抱負等について聞かせてください。

「ユカフェ」見て下さってありがとうございます。わりと軽い気持ちで始めたんですけどね。毎日更新するつもりなんてなかったし。でもやっていくうちにライフワークになって来て、自分の作品化してきているというか。なんか人間生きてるだけで作品になるんだなあ、って思いましたよ。

――「歌って踊って母乳も出せるアーティスト」を目指しておられるらしいですが(笑)、今回のアルバム『アカリ』を製作する前にお子さん(来姫ちゃん)が生まれて、作風に影響はあったのでしょうか?

母乳はそろそろ止まりますけど(笑)、娘ができてからまだ落ち着いて作品製作に取りかかれてないんですよ。断片はやっているんですけど。まだ育児が大変な時期ですし。でも多分そうだろう、と思うのは、曲はそんなにかわらないかも知れないけれど、詩はきっと娘の事をなんらかのカタチで曲にすると思いますよ。やっぱりこのコは生まれる前、どこにいたんだろうねえ、って輪廻のことを考えたりしますし。

――ユカフェ内のmy favorite thingsでもYMOについて書かれていますが、YMOの曲及びアルバムで一番好きなのはどれでしょうか? リアルタイムで聴かれたのでしょうか(ちょっとまだ小さかったような気もしますが……)?

リアルタイムで聞いたわけではなく、ベストで一気に聞いたんですよ。なのでこのアルバムが好き!というのは特別なくて。どの時期のもすばらしいと思うんですけど、曲でいえば「U.T」とか「mad pierrot」とか時期はバラバラです。一番好きなのは「the mad men」かな。
 
――アルバム『散歩前』(写真右)にも収録されているデビュー・シングル「はちみつ」では細野晴臣さんが参加されたそうですが、細野さんの印象は?

細野さん、あこがれすぎてほとんど直視できなかったです。今考えればただのおじさんだったのかも知れないけれど(笑)。でも最後に握手して頂いて、ぐっと思いきって目を見た時の感じが今でも残っていて。すごく奥まで見られているような。全体的な雰囲気は柔らかい方ですけれど、目がすごくするどい。ちゃあんと色んなものの奥を見ているんだろうなって。
――ミニアルバム『はなうたち。』(写真右:どうして“ 。”なんでしょう?)は珠玉の名曲カヴァー集ですが、北原白秋・作詞の曲を2曲取り上げられていますが、北原白秋さんのファンなのでしょうか?

どうして“ 。”だったのでしょうね~? なんかかわいらしかったから、というのもあったから、かわいい曲たちだ、って言う事をあらわしたかったのかも。忘れてしまいました。当時「モーニング娘。」が出始めで、スタッフに似てるからヤメようよ~、って言われた記憶がありますね。北原白秋さんの特別なファンというわけではなくて。誰が作曲したか、っていうことにはあんまりこだわっていません。本当に自分が好きな曲、歌っていて気持ちがいい曲をセレクトしたので。

amazon.co.jpでCDを買うにはタイトルかジャケ写をクリック!
――ニュー・アルバム『アカリ』、お世辞抜きで素晴らしい出来だと思います。とても元気になる「幸せのかたち」と意外性のある曲展開が楽しい「願い」等は、聴いてすぐ好きになりました。ご自身も含めて今回5人のアレンジャーの登用に至った理由について、とても興味があります。

ありがとうございます。今回はなかなか濃くて、長く聞けるものができたな、と思っています。熊原さんは『はちみつ』の時にやってもらった縁がありますが、一昨年のハイポジの『4n5』のアレンジが特にすばらしくて、それで「ハイポジみたいにして!」ってミーハーなお願いしちゃいました。ZAKさんのミックスと絡んですごいかっこよくなりました。

あと吉澤さんはスクーデリアのイメージが強いかも知れないですけど、かつて嶺川貴子さんのアルバムをやっていて。『風の谷のナウシカ』とかすばらしかったんですよ。でも出来て来たものはすごいアバンギャルドでカッコよかった。いい意味で裏切ってくれました。

上野さんはZABADAKももちろんですが最近のマーシュマロウとかも大好きで、生楽器の中心の曲をぜひ!と思ったので。この曲だけやっぱり音は別格だと思います。すごく音自体がいいですね。あと田尻君は、もうユカサウンドには欠かせなかったし、実際お願いしてみたら、ばっちり、期待通りのものを持ってきてくれました。ありがたいです。という感じで、非常に贅沢に、自分が大好きなアレンジャーさんたちにやってもらっているアルバムですね。

――矢野顕子、小川美潮、遊佐未森さん(特に80年代における)と言った歌姫の系譜を村上ユカさんは引き継がれているような気がします。ハイテクな有機栽培野菜とか箱庭のような。でも、どこか懐かしいレトロな香り。和みます。好きな又は影響を受けた女性ヴォーカリストは?

特に上記に挙げたアーティストさんたちは今は意識はしてないです。自分は自分ですから。でも自分が多感な時期だった、というのもあって、80年代の音楽が自分の中で一番ここちよいですね。だからそういう部分が自然に出るのかも。上に挙げられた方々にももちろん影響を受けましたし、あとはEPOさんとか、最近一番好きでリスペクトしているのは新居昭乃さんです。

――好きなアイドルがいれば、教えてくださーい。男性でも女性でも。

んーいないです。昔は断然マッチ派でした(笑)。

(ありがとうございました)


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。