ワールド・クラスのアーティストの証しの一つに、トリビュートされたり、コピーバンドやクローンの存在があります。The Beatlesに対するThe Rutlesや東京ビートルズ。Kraftwerkに対するKraftwelt、Komputer、Basskraft。ABBAに対するBjörn Again。多分、日本で一番多いコピーバンドはYMOのコピーバンド。

その中でも、OMY(Oriental Magnetic Yellow)は、ユニークな存在です。コピーバンドと言うよりパロディ型クローン。

OMYは、HARUOMI HOSONOE、TAKAYUKIHIRO AIHARA、RYUICHI SANOMOTO、HIDEKI SASATAKEの四人。リーダーのHARUOMI HOSONOEこと細江慎治さんにインタヴューを試みました。新作『『弱気なぼくら/NERVOUS』(写真左)もぜひ聴いてください!

OMYディスコグラフィー
Oriental Magnetic Yellow [1996]
Sonic Skate Surveyor [1997]
養殖 XO BREEDS [1997]
Technoderuck [1997]
元祖に済まない事をした(OMYソロ・ワークス)[1999]
The Best Album [2001]
弱気なぼくら/NERVOUS [2001]

――月並みですが、YMOのMYベストは?(理由があればお聞かせください)

難しいですね。どれも好きなのですが「テクノポリッシュ」はド頭からやられるから好きかな。「サーカス」もかなり気に入ってる。「やられ感」とか「不条理感」とか気持ち悪さが気持ち良い。

――ユーモアとウィットに富んだタイトルは、誰の発案が多いのでしょう?

まず呑み会とかでいい加減に決まる事が多いかな。誰って訳でもなく、その場で作り上げられちゃう。OMYは形から入るので、当初はジャケット完成曲名も完成全てが作り上げられてから「さー後は音だけだね」なんて事もあったかな。

――OMYのアルバムが細野晴臣事務所に飾ってあると聞きましたが、確認されたのでしょうか?

噂では聞きますが確認はしてないです。どうなんでしょうね? ジョークに対するジョーク返し見たいな感じですよね。
——OMYを聴いていると、なんだかムズムズしてきます。それは、意図されたものなのでしょうか?それとも、似たオリジナルを作った結果、自然発生したものなのでしょうか?

とってもムズムズします。本来こう展開するだろうっていう聞き手のすり込みがあるから、裏切られた感じが凄くあるでしょうね。意図はしたりしなかったり。普段は他の音楽制作をしてますが、一番大変です。悩みどころが多いんですよね。ムズムズして賞賛を与えてくれる人と逆の人に別れますよね。誇張したり裏切ったりしてるんだから当然ですが、ジョークの一方向性って考えれば楽しいですよ。

——残りのYMOアルバムは少なくなってきたので、ネタ切れが心配です。「閑散」の意味とは? 今後の活動方針があれば、教えてください。

本来は「解散」なんでしょうけど、OMY的には違う言葉……「撤収」はやられましたから、「閑散」そして忘れられるって感じでしょうか? 閑散と同時にまた復活しましたけどね!OMY的には。OMYの始まったキッカケが「某なんとか丼」なので、その方向性には行かないと思います。また呑みながら考えます。

——まにきゅあ団、等の他の活動についても教えてください。確か、まにきゅあ団はFOCUSされましたよね。

最近はのんびりしてますね。「まにきゅあ団」焦らず騒がずがポリシーなので一生懸命バンドとしての活動をするっていう感じじゃないんです。そういうスタイルもいいかなって。次のトータルコンセプトが決まったらまたアルバムは作りたいですけどね。後は昔バンドを一緒にやってた仲間から誘われてまた何かやるかもしれません。

——YMO以外に影響を受けたテクノポップ系アーティストがあれば、教えてください。

いやーこれはイッパイありすぎてドレとも言えないですね。テクノポップ全盛期のアーティストは好きな人だらけだったので。

——Yセツ王とは、面識があるのでしょうか? 元祖ヴァーチャルYMOとして、コメントがありましたらお聞かせください。

随分昔ですが一緒に仕事したことがあって、助教授とは面識がありました。まさか「Yセツ王」っていうユニットを作ってるなんて思いもしませんでしたが、宇宙ヤングのライブで対バンだったんですよね。ビックリしました。人それぞれのYMOのどこに注目してるのかっていうのが「Yセツ王」は明確で面白いですよね。凄くジョーク混じりなパフォーマンスが最高です。

——他、宣伝等がありましたら、お願いします。

今のところ活動が落ち着いてきてるので特に宣伝はないです。やってみたい事は山盛りなので、どこかのアングラな場所で再開できると良いですね。テクノポップ万歳!

(ご協力ありがとうございました)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。