テクノ友人の吉野君がPOP ACADEMY RECORDSというインディー・レーベルを設立しました。レーベル設立の過程を記録したレーベル日記なんかも書いています。第一弾オムニバス・アルバム『FUTURETRON SAMPLER』参加アーティストは、以下(今回の記事の掲載順)となります。

Yセツ王
jellyfish
ELEKTEL
きれいなコウモリ
Mac Donald Duck Eclair
Zunba feat. petis pois
宇宙ヤング
MANIAX#2
PRANOIA 106

1998年前後にネオ・ニューウェイヴ(TOKYO NEW WAVE OF NEW WAVE)の小ムーヴメントがありました。そこから、現在活躍中のPOLYSICS、MOTOCOMPO、SPOOZYS等のバンドが輩出されました。2001年のネオ・テクノポップとも言える注目して欲しいアーティスト群です。テクノポップに影響を受けているけれども、各アーティストの個性的なテイストで「今」が感じられる内容です。弱小インティーズからリリースされたものとは思えない、初心者から上級者まで楽しめる濃い内容。はっきり言って、楽曲のレベルは高いです。

全16曲! 初回プレス300枚限定、定価2,800円(送料込み、初回特典キーホルダー付き!)でネット販売となっておりますので、興味のある人は、POP ACADEMY RECORDSまで。

それでは、参加アーティストに『テクノポップに関わる7つの質問』をしてみました。

■Yセツ王
Yセツ王は、Yセツ男、助教授、ホチョノエロオミさんからなるYMOのヴァーチャル・リアリティ・バンド。実は、皆さん確かな経歴を持つ人達です。DRIVE TO 2000等のライヴでも“本物”の松武秀樹さんが4人目のYセツ王として登場し、話題となる。助教授は、SUREをいう新ユニットで活動を開始(今回は諸事情によりインタヴューできませんでした)。
■トモコ、山川、石垣三、アトム、増山さん(jellyfish)
jellyfish(アメリカのjellyfishとは関係ありません)は、水着の3人組のジャケがまぶしいアルバム『jellyfish』で98年にデビュー。現在は、男性二人が加わり5人組。

――影響を受けたミュージシャンは?
〔トモコ〕Pizzicato V、PSY・S、MANNA、呉田軽穂さん、細野晴臣さんetc。好きなアーティストはたくさんいますが、自分の作風がダイレクトに影響を受けているのは上記の方々です。テクノムーブメントが下火になったころのシーンの音楽がルーツだったりします。テクノ全盛期には歌謡曲を聴いていました。ユーミンや細野さんのアイドル歌謡がメチャ好きです。
〔山川〕Deee-Lite、Pizzicato V、The B-52's
〔石垣三〕Deee-lite、ピチカート・ファイヴ
〔アトム〕いっぱいいて書ききれません。今まで聴いてきた音楽すべてから何らかの影響を受けてると思う。
〔増山〕僕もいっぱいいて書ききれません。影響受けやすいんで……。

――貴方にとってのテクノポップの金字塔的アルバムは?
〔トモコ〕『2001年の恋人達』(Shi-Shonen)でしょうか。このタイトルがテクノポップな気持ち。『恋はジャスミン』も、このタイトル曲を少し意識しています。
〔山川〕聴く回数で、岩本千春SAN『鏡』とポータブルロック『Q-T』かな?
〔石垣三〕ミカドかな。色気があるのが好き。
〔アトム〕epoの『Hi-Touch Hi-Tech』&『Harmony』、Mari Wilsonのものすべて(復活作は除く)、Strawberry Switchblade、Lioの初期のもの、あるいはTelexのものすべて、Bill Nelsonの『Chimera』。「テクノポップ」というとどうしてもまず女の子の歌モノを思い浮かべてしまうのです。「テクノ」だとまたちょっと違うんだけど。これらのアルバム、少なくとも100回は聴いてるなあ。
〔増山〕「テクノポップ」の範囲がよくわからないのですが、とりあえず下記5枚がマスターピースってことで…。YMO『テクノデリック』、坂本龍一『千のナイフ』、Art Of Noise『誰がアートオブノイズを』、プロパガンダ『シークレットウィッシュ』、トーマス・ドルビー『地平球』。他にも同等の金字塔はありますけど、その中でも「ポップ」なのは上記。

――好きなファッションは?
〔トモコ〕最近はスニーカーが急に好きになりました♪
〔山川〕水着だぜうお~
〔石垣三〕夏の服
〔アトム〕燕尾服。
〔増山〕YMOのワールドツアーでファッションショーをやってたイッセイミヤケ(笑)。

――自分達の音楽をテクノポップだと思いますか?
〔トモコ〕イコール、ではないけど、そのテイストはそこかしこに現れていると思います。特に私の作るのはそうかな!?すごく意識的に作るときもありますし、そうでないときも自然ににじみでてしまうみたいです。
〔山川〕好きなように分けていただいてけっこう。
〔石垣三〕何でもいい。
〔アトム〕実はあまり思ってません。でもポップなものを作っているつもりではあります。
〔増山〕あまり思わないです。たまたま機械を使っているポップス、くらいな…。

――『テクノ』という語感のイメージは?
〔トモコ〕男の子の世界
〔山川〕♪テクノカットにしたよっ♪(by近頃とってもSexyな大正九年SAN)
〔石垣三〕電卓。
〔アトム〕カタカナで書く「テクノ」よりローマ字の「techno」の方が自分としてはしっくりくる感じ。答になってないけど。
〔増山〕甘酸っぱい青春。

――あなたのライバルは誰ですか?
〔トモコ〕身近でとても刺激を与えてくれるのが、ワイソニックのお二人やエレキテルのみなさん。超大好きなんだけど、みんなが頑張ってると「うおっしゃオレもやるぜよ!」と燃えるから、ライバルといえるのかなぁ。
〔山川〕ミンナトモダチ……。
〔石垣三〕??
〔アトム〕あまりそういうことを考えたことは無い。ただ、カッコいいのを聴くと「よっしゃオレも!」と思う。
〔増山〕ライバルというよりファンということでイシガキアトムさん。彼のあらゆる才能が羨望です。

――最後に、今後の活動抱負等、バンドの宣伝を自由にして下さい。
〔トモコ〕 jellyfishのホームページです♪
(まだ正式ではないのですが)早瀬優香子さん復活作にjellyfishもがっちり参加しまっす!がんばりますっ。
〔山川〕ぶいぶいいわすが!!
〔石垣三〕ながーい目で。
〔アトム〕変わるわよ。(by キューティーハニー)
〔増山〕「過去にとわられない新しいもの」を作りたいです。
■ウエハラケンイチさん+polymoogさん(ELEKTEL)
ELEKTELのお二人は、ウェブマスターでもある東京テクノなネット界のキーマンです。ウエハラさんは、自らASTRO NOTE RECORDSを設立し、アナログ盤等も精力的にリリース。jellyfishのトモコさんともコラボーレーション。5月27日にはイギリス、ブライトンのフェスティヴァルにも参加。

――影響を受けたミュージシャンは?
〔ウエハラ〕影響を受けたミュージシャンを上げるときりがないので、わりと最近のをざっと上げます。
Towa Tei、 Jazzanova、 eureka!、 Dimitori from Paris、 Propellerheads、 doopees、 Gak Sato、 Fantastic Plastic Machine、 Pizzicato Five、 Gentle People、 Fantastic Explosion、 Space Ponch、 Mint Royale、 Ursula1000、Mansfield、 Akakage、 Fuzita Blender、 Idol Taxi、 Orangers、 Qypthone、 Cold Cut、 Bomb The Bass、 Kraftwerk、 Art of Noise、 Yellow Magic Orchestra、 Starbow、 Shi-Shonen、 Perry & Kingsley、 Martin Denny、 Three Suns and so on.

〔polymoog〕 YMO、ミカド、立花ハジメ、ピチカートファイブ、テイトウワ、服部良一、佐藤勝、冨田勲、宮川泰、山下毅男、大野雄二、アルマンド・トロヴァイヨーリ、エンニオ・モリコーネ、ヘンリー・マンシーニ、ジョン・バリー、ラロ・シフリン、セルジュ・ゲーンスブール、ミッシェル・ルグラン、フランシス・レイ、バート・バカラック、トニー・ハッチ、ロジャー・ニコルズ、レス・バクスター、マーティン・デニー、ペレス・プラード、ジャン=ジャック・ペリー、ホット・バター、ファン・ガルシア・エスキベル、アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルト、エウミール・デオダート、カル・ジェイダー、ジミー・スミス、ウェス・モンゴメリー、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンス、ベラ・バルトーク、イゴール・ストラヴィンスキー、ジョージ・ガーシュウィン、モーリス・ラヴェル、クロード・ドビュッシー、エリック・サティ、吉沢検校、八橋検校、宮城道雄、山本邦山、ビーチボーイズ、ビートルズ、ピンク・フロイド、ドアーズ、スモーキー・ロビンソン、スライ&ファミリーストーン、マービン・ゲイ、Soul II Soul、JTQ、ジャミロクアイ、United Future Organization、808state、KLF、The Orb、Aphex Twin、電気グルーブ、ケン・イシイ、ポール・ヘイグ、ルイ・フィリップ、フリッパーズギター、DEVO、アート・オブ・ノイズ、スクリッティ・ポリッティ、クラフトワーク、エレキテル

(お二人とも、延々とアーティストを並べるというマニアですね)

――貴方にとってのテクノポップの金字塔的アルバムは?
〔ウエハラ〕うーん、これは難しい。金字塔的アルバムを選ぼうとすると迷って決まらないから(笑)、個人的な思い入れのあるアルバムを上げますよ。

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA『BALANCE OF POWER』(1986)
ELO停滞期のジミな打ち込み導入アルバム。ELOはテクノポップじゃないけど、「世界最小で最大のオーケストラ」というコンセプトはテクノポップに通じるものがある。生まれて初めて自分のお小遣いで買ったアルバムだったから特に思い入れがあります。

DEEE-LITE『WORLD CLIQUE』(1990)
テイ・トーワが在籍していたユニットのデビュー・アルバム。サウンド・ストリート出身で世界にデビューしたのが格好良かった。私も当時DEEE-LITEと同じ構成の、DJ、ベース、女性ボーカルのユニットをやったりしました。

THE BRAND NEW HEAVIES『THE BRAND NEW HEAVIES』(1991)
アシッド・ジャズの代名詞的存在だったブランニュー・ヘヴィーズのデビューアルバム。90年代始め、テクノにも飽きて音楽を聴いてなかったころ聴いて衝撃を受けた。再び音楽を聴き始めるようになったきっかけ。ニュー・ソウルとかリサイクル・ミュージックという言葉も初めて知った。

3枚とも、全然テクノポップ金字塔的アルバムじゃなくて、読者のみなさんすいません。私がライターとして参加したテクノ歌謡マニアックス(ブルースコミュニケーションズ)には、お奨めアルバムをたくさん書いているのでそれを読んでください。

〔polymoog〕ミカド『Parhasard』(12インチシングル/クレプスキュール)。
――好きなファッションは?
〔ウエハラ〕めがねです。最近かけてるのはLTJ Bukemもかけてる『ic!-berlin』。セルフレームだと、CORDUROYが『HIGH HAVOC』でかけてたような太い黒ぶちが好き。United Future Organizationのラファエル・セバーグがかけてたようなメタルフレームも持ってたけど、これは全然似合わなくてやめた。

〔polymoog〕ツナギ or 制服。

――自分達の音楽をテクノポップだと思いますか?
〔ウエハラ〕自分でもよくわからないけど、あえていうとフューチャー・ラウンジとかデスクトップ・コラージュ・ミュージックかな。テクノポップの要素もあるけど、ヒップホップのDJがファンクをサンプリングするのと同じで、テクノポップもテクノ歌謡もあくまでネタの一つです。そういう意味でオレンジャーズの「ハートブレイク太陽族」には感心したし、colletteが『2001年の恋人達』をサンプリングした曲をリリースしたときにはやられた、と思った。

〔polymoog〕思います。それよりも適切な表現があるとすれば「ハッピーラウンジ」。

――『テクノ』という語感のイメージは?
〔ウエハラ〕懐かしい未来。
〔polymoog〕ピコ or ツマミ。

――あなたのライバルは誰ですか?
〔ウエハラ〕最近は大阪や京都で活躍してるインディーズが気になる。Happiness Recordsのコンピ『blossom』(2000)やatelier musicplus!のコンピ『detour!』(2001)には刺激を受けました。海外ではブロークンビーツと2ステップに注目してて、modajiとかneon phusionなどのウェストロンドン系を勝手にライバル視してます。

〔polymoog〕ウエハラケンイチさん。またはビル・ゲイツさん。

――最後に、今後の活動抱負等、バンドの宣伝を自由にして下さい。
〔ウエハラ〕コンピレーションアルバム『FUTURETRON SAMPLER』にエレキテルの曲が2曲入ります。現在はアルゼンチンのラテン・ジャズ・バンドROJO AMORから依頼されてリミックスをしてます。今年はイギリスのレーベルからリリースされるコンピレーションアルバムにエレキテルも参加するので、そちらもよろしく。

そのほかのライブ情報などはpolymoog's webELEKTELをチェックしてください。

ウエハラ個人としてはASTRO NOTE RECORDSというインディーレーベルを立ち上げ、その第一弾コンピレーション12インチレコード『FUTURE SOUND OF SPACE BAR』をリリースしました。

『PUNCH THE MONKEY! 3』のリミックス曲で注目されたオレンジャーズの別名義「スポーツカット」、ラウンジでエレクトロでボッサなブレイクビーツをデスクトップでコラージュする「エレキテル」feat.Tomoko(jellyfish)、キャッチーな歌モノ2ステップのモンドポップ「ピョクン」、小粋なセンスのポップユニット「ケロッグフロッグス」、80’sテクノ風へなちょこサンプリングロック「ヤスオマシーン」、テクノバンドY-Sonickのリーダーとして知られる「ヤスヒロヤマダ」、トリッキーなブレイクビーツ「ベルベッティーンズ」、ニューヨークで活動するテクノ/ドラムンベースを軸とするユニット「ヒマワリ」の8アーティストが参加!限定1000枚なので欲しい方は早めに買ってください。

投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。