モモヨさんへのインタヴュー続編です。

——LIZARDのプロデュースをかって出たストラングラーズのジャン・ジャック・バーネル(J.J.)氏は、具体的にプロデューサーとしてどのような助言をLIZARDに与えたのでしょうか?

最大の助言は、歌詞は日本語でなければならない、というものでした。あと、詳細な部分で、いろいろな話があります。まず、J.J.とアルド・ボッカの二人からは、録音スタジオでのノウハウを学びました。エデンスタジオです。リミックスは、逆に私達がJ.J.を使った形です。これはエアースタジオを使いました。作業はJ.J.に完全にまかせました。

「あなたは、プロデューサーなのだから、あなたのLIZARDを制作しなさい」というような感じで、J.J.をひどくびっくりさせたようです。私達はJ.J.の力を100パーセント信頼していましたし、彼のノウハウを引き出したかったのです。となりのスタジオではピート・タウンゼントがケイト・ブッシュのアルバムをミックスしていたので、私達はそれを眺めていたり、かなり無責任な状態でしたね。

——ロンドンに滞在中、後にZTTでトレヴァー・ホーンと組むNMEのライターであったポール・モーリーに取材を受けていますが、彼について何か印象に残った事があれば、教えてください。

すばらしいインタヴュアーでした。まず、それは間違いありません。当時の私達に関する記事、およびインタヴューでは、音楽に対する熱意、誠意をもってアプローチしたものは多々あるのですが、誰も彼に比較できません。

ちなみに、インタヴューは、ペニー・スミス(写真家)とのペアで行い、UA(レコード会社)のオフィスで一日、最初にバンドのメンバーと一緒に数時間、その後、メンバーには街へ買い物に出てもらい、二人だけで半日のインタヴューを行いました。そして数日おいてミュージックマシーンでのギグの当日に取材込みで一日行われ、ミックスダウンの終了時に半日行ったわけです。

最初のインタヴューとギグの間に、東京の音楽シーン関係書類、ミニコミからポパイまでの記事とその翻訳、東京ロッカーズ、東京ニューウェイヴの音源など、私が手渡した資料を彼なりに咀嚼し、それを中心に話を進めたのです。彼にしてもジャン・ジャックにしても、日本のシーンはそれなりに知っていたのです。

しかし、ヤードバーズなどのオリジナルをアレンジ込みでフルコピーし、それを自分の曲として楽曲登録している音楽家がいる国、これが日本に対する主たるイメージだったようです。つまり、ポールは、日本にはプライドを持ったロックは存在していない、そう考えていたのです。多くのイギリスのアーティストがそうだったようです。
私達の英国でのギグは、日本人の仕込みではなかったので、英国人にとって初めてレアな日本のロックに触れる機会となりました。したがって、ポールのみならず、モットザフープル、ガールスクール、モーターヘッド、ダムドなど、当時、ロンドンに滞在していた音楽関係者は、ギグの最終日、ミュージックマシーンにこぞって来てくれたようです。

ロンドンでは日本で考えるほど、メタルとかパンク、テクノ、ニューウェイヴとかロッカーの断絶はありません。ストラングラーズにゲストでロバートフリップが加わったことなどを考えれば理解できると思いますが、すべてはロックなのです。

脱線をしましたが、ポールの音楽的素養は大変なものがあると、私には思えました。たとえば私の作曲は、レイ・デイビスに大きな影響を受けています。このことを正しく指摘したのは彼だけです。ベースラインは、キンクスとイエスからの影響が顕著なのですがこれも彼には自明のことだったようですし、日本のマスコミなどのように、ストラングラーズとの人間的つながりを音楽的なつながりと混同することもなかった。

確かに、ポールが理解していたように、80年くらいまで、日本人のアーティストは猿マネを恥と思わないところがあったわけです。そして、優れた猿マネバンドこそが優れたオリジナルバンドになる、評論家はそう考えていました。

しかし、残念ながら、私自身はコピーができるほど器用ではなかった。ストラングラーズに似た作品はあきらかに彼らに献じられたものだった。確かにトータルにみても、初期イエスの音色に影響を受けたベースプレーはストラングラーズを連想させるものです。が、音色は音楽そのものではない。アレンジの一要素に過ぎません。ポールは、これを正しく理解して私達のオリジナリティを評価してくれた。

そして、キーボードのどこそこがマガジンとかウルトラボックスだとかを想起させるとか、ギターのカッティングは絶頂時のジョン・マクガフを想起させたとか正しい評価を下してくれました。そればかりか、私のアバンギャルドやボードレールの話など、かなり踏み込んだ会話にも理解をしめし、私達や日本のパンク・ニューウェイヴをバックアップするような記事をNMEに書いてくれました。

ストラングラーズはパンクバンドではありますが、それ以前にポップバンドとして十分に評価されていました。そもそも英国やヨーロッパのチャート(普通の音楽チャートです)では第一位を何度も記録しています。オリコンチャートの一位を連発するような存在をイメージすれば分かりやすいでしょう。ひどくポピュラーな存在だった。これが日本のファンには理解できないところのようです。

先のマイナーとメジャーの問題にも関連しますが、日本のパンクスにはマイナー賛美が根強く残っているようです。歌詞の効用についての正しいスタンス、音楽と生涯的に関わること、大人になっても聴くにたえる音楽、こうしたキーワードとともにパンク運動を展開していた。ポールはその正しい理解者でもあった。J.J.も信頼するに足るただ一人のライターとして、ポールを遇しておりました。ポールは「あるべきこと」を正しく「あるべきように」把握していた。確かな感性の持ち主でした。
——今までの音楽業界での経験を元に、理想的なレコード・レーベルについての考えがあれば、教えてください。具体的にモデルとなるようなレーベルは、存在するのでしょうか?

いわゆるインディーズ系のレーベルは、すべて、その絶頂期にある時代においては、すばらしい仕事をしています。しかし、あらゆる業の常で、一旦、確立してしまうと混乱や退嬰的な影が濃くなる。それが問題ですよね。

レーベルではないのですが、キンクスのレイ・デイビスの仕事の展開が面白い。彼ら自身でCDをリリースする時もあれば、オフィシャルにマスに訴えたい作品などは大企業を経由してリリースする。個対個、個対多数、多数対多数、さまざまな訴えかけ、展開があるわけです。

トッド・ラングレンの仕事も見逃せません。今後は、スーパービデオCDでの映像とのコラボレーションを含めて、自動起動CDのHTMLまで、いままでにない環境が開けていくはずです。

——MP3による積極的な音源配信をご自身の運営するBabylonic.commp3.comでされていますが、理想的な音楽配信システムについての考え方があれば、教えてください。

質問前項に関連した話題なのですが、このシステムを含め、おおよその新システムは出揃った感があります。あとは、幹線を太くしたり、インフラが整備されていくだけで、サービスの種類は出揃いました。この後は、システムを享受する側、私達の意識の持ちようがどう拡張していくのか、この点にかかっています。

ちなみに私自身は音楽の有償配信にも関わっておりますが、音楽配信システムについては、あらゆる可能性を捨てずに、プラン——ドゥ——スィーを繰り返していく中で未来をさぐっていくしかないでしょう。パッケージでの流通は絶対になくならないと私は考えます。ホームページの発達が紙媒体を駆逐することがないように、音楽配信はパッケージ販売と競合しないでしょう。

(モモヨさん、ご協力ありがとうございました)


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。