“The Roots Of B ! ”プリ・プロ番外編 [ dj honda ]

dj honda 『 h?』
(djhonda RECORDINGS DHCY-1-6015)1.17.01


 さて、R&B/ヒップホップ好きなら間違いなく‘dj honda’という名前はご存じのことであろう。

 しかしこのアーティストに限っては、(ヒップホップという一般社会からするとマイノリズムな世界に属する存在であるにも関わらず)ファンのみでなく、音楽に余り関心の無い人種ですらその名前を認知しているという猛者として君臨する存在である。
 (もちろん、御記憶のように過去の一時期、今や大リーグで大活躍するI選手のフェイバリットということで<h>のロゴ入りグッズが爆発的に流行したこともその一因と成してはいたが…。)

しかしそれらはあくまでも≪dj honda伝説≫のある断片での逸話であり...。



 1992年、単身ニューヨークに渡ったdj hondaは同年、NMS(ニューミュージックセミナー)で行われた<DJ Battle For World Supremacy>に出場、準優勝を獲得す
る。

 今でこそ全世界規模でメインストリーム・ミュージックの中でもジャンルとしてのあるいはキーワードとして≪ヒップホップ≫は完全に市民権を獲得し、その存在はミュージック・シーンのみでなくカルチャーまでをも凌駕しよう程の猛威を振るってはいるが、haonda氏がNYに乗り込んだ90年当初などは≪ヒップホップ≫などまだまだ?子供のお遊び?程度の扱いであり、殊国内においてはあくまでも一部の理解者達だけのプラチナム・マテリアルだった訳で(その存在が無かった訳ではないが明らかに軽んじられていた)、そうした社会的背景を知るUSマーケットではそんなヒップホップ後進国に在する人間に注目する者など皆無であった時代。

 しかしながら haonda氏はそうした逆風ともいえる社会背景を物ともせず、既存の常識を打ち崩しNYというヒップホップ発祥の街から賞賛を受けたのだ。

 これこそまさに驚愕に値する歴史的大事件以外の何ものでもなく、 今迎えるJ-ヒップホップ・シーンの覚醒期に於いては大いなるネクスト・ステージの扉を開く切欠ともなった偉大なる一石で有った事には違いなかろう。




 しかし、それらの偉業を言葉にしてしまうと幾らでも大袈裟な表現に置き換えられ説得力の微塵も感じられなく危険はある。

 だからこそ、彼の偉業と実力を証明する証拠として彼がドロップした作品の数々を今一度確認して頂きたい。




(次ページに続く)



                 ~~~

 1995年の1st『dj honda』では、The BeatnutsRedmanGuru、DJ PremierFat JoeCommonEric SermonGrand Puba、Sadat X、Biz Markie、Tha Alkaholiksなどが、1997年2nd『 h?』 では、De La SoulKeith MurrayKRS-OneMos Def、Cuban Link、PMD、Jeru The Damajaら本場のトップ・アーティストが参加。

 シングル“On The Mic”にはCuban Link、The Beatnuts、Missin' Linx、2ndシングル“Travellin' Man”では、Mos Def。

 『Remixes 』(95年)には、Da BratNasFugeesDr.dreまでもが参加しているのである。

 かつてこれ程までに豪華で贅沢な作品が存在しただろうか? 

 国内では勿論のこと、USヒップホップ・シーンに於いてさえ、ここまで強力な布陣を配しているアルバムには過去お目にかかったことは無かったように思える。
 またこの先あるのかさえも予想出来ない。




(次ページに続く)




 何故これだけの強者達が挙ってたった一介のジャパニーズ・アーティストのアルバムに参加するのか?
 

 無論、穿った見方をすればジャパニーズ・マネーを持ってすればいとも簡単な事なのかもしれない。

 しかし、そこに集まったアーティスト達は所属レーベルも違えば、スタイルも違えば、目指す方向も違う。
 にもかかわらず一同に彼の元に集結してくる。
 やはりそこにはビジネス以外の何ものかが存在しない事には話が現実化するはずは無いのだ。
 それはdj hondaというアーティストに対する興味があるからに違いないだろうし、そのスキルにリスペクトされるから、としか言いようが無いのである。


 人種の壁を越えてアフロ・アメリカン・コミュニティーにおいてはなかなか理解されないジャパニーズ・アーティストがここまでリスペクトされる、ここにこそdj hondaの真の偉大さが克明に記されているのである。

                 ~~~


 そして2001年、待望の新作『h?』が遂にドロップされる。

 常にヒップホップシーンを真っ向から受け止め妥協を許さぬプロダクツ・スタイル。
 クールかつドープな世界を紡ぎ出すサウンド・センスは、今作では前作にも増してドープにアンダーグランドを意識したスタイルに覚醒している。
 
 オンリー・リアリティー。

 参加ゲストはPMD、M.O.P.、THE BEATNUTS、JERU THEDAMAJA……今回も他には例を見ることが出来ない最強の布陣。カリスマ健在なりき。



 経済はもとより、スポーツ、科学の面では、近年ようやく世界からも賞賛に値する実力を身に付けてきているジャパーズ・コミュニティー。
 しかし芸術(事に音楽)シーンにおいてはまだまだ高い壁が立ち塞がる。
 
 そうした閉鎖した世界にあっても一流と認められる数少ない日本人としてかつてなしえなかった偉業をなしとげるdj honda。
 今後も彼が思い描く未来へのヴィジョンに興味が尽きることは無い...。



<オフィシャルサイト>
http://www.djhonda.co.jp




(次ページに続く)



< ディスコ・グラフィー >

[アルバム]

『 dj honda 』(国内盤)
('95 SONY)

1.ダッツ・マイ・ワード 2.DJバトル・ラウンド1 3.ゲーム・オブ・デス 4.コールド・ブラデッド 5.ホワット・ディド・ユー・エクスペクテッド 6.フリースタイル’95 7.ズールー・シャウト・アウト 8.ブレッド+ジェリー 9.アース・ティル・イッツ・ダウン 10.DJバトル・ラウンド3 11.ホワット・イット・ルック・ライク 12.アウト・フォー・ザ・キャッシュ(5デッドリー・ヴェノムス) 13.オールド・スクール・ジャム


『 dj Honda 』(US盤)
('96 RELATIVITY/SONY)

1.Intro 2.DJ Battle 3.What You Expected 4.Kill the Noize 5.Dat's My Word 6.Straight Talk from NY 7.Intro 8.Out for the Cash 9.Interlude 10.Biz Freestyle 11.Fuk Dat 12.International Anthem 13.The End


『 dj honda REMIXES 』(国内盤)
('95 SONY)

1.イントロ(dj honda) 2.リザレクション(コモン) 3.ザ・シット・イズ・リアル(ファット・ジョー) 4.インセイン・イン・ザ・ブレイン(サイプレス・ヒル) 5.アウト・フォー・ザ・キャッシュ~リミックス(dj honda) 6.アー・ユー・レディ(ザ・ビートナッツ) 7.ファンクダフィード(DA BRAT) 8.ワールド・イズ・ユアーズ(NAS) 9.I'm Kurious(KURIOUS) 10.ナッピー・ヘッズ(フージーズ) 11.バック・アップ・オフ・ミー(ドクター・ドレー&ED ラヴァー)








(次ページに続く)



『 h? 』(国内盤)
('98 SONY)

1.トラブル・イン・ザ・ウォーター(フィーチャリング・デ・ラ・ソウル) 2.ディスコテック(フィーチャリング・キャンプ・ロー) 3.ブレイズ・イット・アップ(フィーチャリング・ブラック・アタック) 4.ミスタ・シニスタ・インタールード 5.イントロ 6.チーム・プレイヤーズ(フィーチャリング・デオV・アンド・KRSワン) 7.アンサーリング・マシーン 8.トーク・アバウト・イット(フィーチャリング・アル・タリク) 9.ホエン・ユー・ホット・ユー・ホット(フィーチャリング・ノー・I.D.アンド・ダグ・インフィニット) 10.ファット・リップ・インタールード 11.フォー・エヴリデイ・ザット・ゴーズ・バイ(フィーチャリング・ザ・ロウコティックス) 12.5セカンズ(フィーチャリング・ブラック・アタッック) 13.イグザンプル(フィーチャリング・ロック・ライダー) 14.ストレッチ・アームストロング・アンド・ロード・シアー・インタールード 15.フー・ザ・トリフェスト?(フィーチャリング・ザ・ビートナッツ) 16.ロング・アイランド・トゥ・ジャパン(フィーチャリング・DJ E.V.) 17.ゴー・クレイジー(フィーチャリング・Sオン) 18.アラウンド・ザ・クロック(フィーチャリング・プロブレムス) 19.Rビート 20.サムタイムス・アイ・シンク…(フィーチャリング・ザ・ロウコティックス) 21.WF2(フィーチャリング・キューバン・リンク,ジュジュ,V.I.C.,アル・タリク,プロブレムス・アンド・ブラック・アタック) 22.キル・ザ・ノイズ(フィーチャリング・ザ・プロブレムス) 23.フック・ダット(フィーチャリング・ブラック・アタック)※〈CDテキスト〉


『 h? 』(US盤)
('98 SONY)

1.Roc Raida Intro 2.Trouble in the Water 3.5 Seconds 4.Hai! 5.Every Now and Then 6.Mista Sinista Interlude 7.Team Players 8.On the Mic 9.For Everyday That Goes By 10.WKCR Interlude 11.Who the Trifest? 12.Talk About It 13.Blaze It Up 14.DJ Ev Interlude 15.Go Crazy 16.Around the Clock 17.When You Hot You Hot 18.Interlude 19.Travellin' Man


『 US 』(国内盤)
('98 SONY)

1.Into 2.Out For The Cash 3.Travellin’Man 4.Straight Talk From NY 5.Blaze It Up(remix) 6.Hai! 7.On The Mic 8.What Expected 9.Dat's My Ward 10.Interlude 11.Kill The Noize 12.Fuk Dat 13.Every Now&Then 14.Intro 15.International Anthem 16.The End 17.Straight Talk From NY(Original version)








(次ページに続く)



『 h 2000 』
('00 djhonda RECORDINGS)

1.honda 2000 2.the way-feat.RAWCOTIKS 3.we don't play-feat.S-ON,MANIFEST,RAWCOTIK,MISSIN'LINX 4.get on your job-feat.RAWCOTIKS,PLOBLEMZ,BLACKATTACK 5.live wire n*ggas-feat.S^ON,BLACKATTACK 6.berserk-feat.S-ON 7.fingers in the air-feat.BLACKATTACK 8.big dreams-feat.SUPERNATURAL 9.the eclipse-feat. manifest 10.old school new school-feat.BLACKATTACK 11.Foundation-feat.MOS DEF


『 h ? 』
('01 djhonda RECORDINGS)

1.HipI Hop 101-feat.Parrish{PMD}Smith 2.Gun Hold-feat.M.O.P. 3.Real To Me-feat.TRIPLE SEIS,HEADCRACK,JKEONYE) 4.Head's A Hustler-feat.HEADCRACK,DONNY MIDNITE) 5.Smokin’ Session-feat.DJ ALADDINl 6.F*ck With Us-feat.THE BEATNUTS,BUTTAH,WILLIE STUBS,MARLY GATZ) 7.Wild Roded-feat.PSYCHO LES 8.Know What I Mean-feat.PARRISH{PMD}SMITH,ROB JACKSON,8OFF AGALLAH,J-BOOGIE,RAH-SUN 9.Act Like Ya Know-feat.TEFLON 10.We Run Sh*t-feat.The GRAVEDIGGAZ 11.El Presidente-feat.JERU THE DAMAJA 12.Life Sh*t-feat.BLACKATTACK


『 UNDERGROUND CONNECTION 』
('02 djhonda RECORDINGS)

1.Underground Connect 2.Beginning To End Live 3,Beginning To End 4,honda 1 5.Constant Elevation 6.Bruce 7.Who Could You Trust 8.EPMD Live* 9.Look At You/EPMD* 10.Police 11,Rhyme 4 Me 12.HipHop Universal 13.Know What I Mean feat.ROB JACKSON,J-BOOGIE,DON FUQUAN 14.How Many feat.BUTTAH OF THE RAWCOTIKS 15.Love Is Love feat.275 16.Banger 17.Rocksteady 18.Watch Me 19,Under Ground Connect


<関連記事はここをクリック>


(その他の作品はここをクリック)



(次ページに続く)



[ MAXI ]

『 Straight Talk From NY. 』(国内盤)
('96 SONY)

1.Straight Talk From NY. 2.International Anthem 3.What You Expended 4.Mega Mix


『 Disco T-E-C 』 (国内盤)
('97 SONY)

1.Disco T-E-C(feat.CAMP LO)(album ver) 2. 同(同)(inst.) 3.同(同)(short ver.) 4.同(同)(radio)


『 Blaze It Up 』(国内盤)
('98 SONY)

1.Blaze It Up(feat.BLACKATTACK)(single ver.) 2.同(album ver.)  3.5Seconds(feat BLACKATTACK) 4.Blaze It Up(inst ver.)


『 On The Mic 』(国内盤)
('98 SONY)

1.On The Mic(feat.CUBAN LINK,JUJU,A.L.,and MISSIN’LNX,AL’TARIQ,PROBLEMZ,BLACK ATTACK) 2.WF 2(feat.CUBAN LINK,JUJU,V.I.C,A.L.,and MISSIN’LNX,AL’TARIQ,PROBLEMZ,BLACK ATTACK) 3.Blaze It Up(redio mix)


『 We Don't Play 』(US盤)
('00 djhonda RECORDINGS)

1.We Don't Play-Street 2.Get On Your Job-Street 3.Foundation  4.We Don't Play-Clean 5.Get On Your Job-Inst. 6.We Don't Play-Inst.


『 El Presidente 』(US盤)
('00 djhonda RECORDINGS)
DJ Honda & Jeru the Damaja
1. El Presidente* (Radio) 2. El Presidente (Street) 3. El Presidente (Inst. 4. El Presidrnte (Acapella)






(次ページに続く)



『 Real to Me 』(US盤)
('01 djhonda RECORDINGS)

DJ Honda/Triple Seis/Headcrack/Miss Jones
1.Real To Me-Radio 2.Head's A Hustler-Radio  3.Real To Me-Street  4.Head's A Hustler-Street  5.Real To Me-Instrumental  6.Head's A Hustler-Instrumental


『 Love Is Love 』
('01 djhonda RECORDINGS)

1.Love Is Love(Street)(featuring 275) 2.How Many(Street)(featurin Buttah of The Rawcotiks) 3.Real To Me(US Mix)(featurin Triple seis,Headcrack,Miss Jones) 4.Love Is Love(Instrumental) 5.How Many(Instrumental) ※〈CDエクストラ〉









(次ページに続く)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。