世界一のファンク/ソウルバンドと言われているタワー・オブ・パワー。なんと結成40年を迎えてまだまだ現役第一線で活躍しているのだからすごい。今年はスタジオアルバムも発売され、来日も予定されている。

40年変わらぬ切れ味とパワーの“リズム&ブラス”


タワー・オブ・パワーは、サンフランシスコ出身のファンクバンド。デビューは1970年、結成以来もう40年も活動し続けている大御所中の大御所バンドだ。地元アメリカでも人気は高いが、ここ日本でも古くから絶大な人気を誇っている。

長い活動期間を持つタワー・オブ・パワーだけに、様々なエピソードがあるが、もっとも有名なのはヒューイ・ルイス&ザ・ニュースとのかかわりに関する話題だろう。80年代にはメジャーとの契約がなかなかうまくいかなかったタワーだが、タワーのサウンドにあこがれてミュージシャンになったヒューイ・ルイスが、タワーの売りであるホーンセクションをツアーやアルバムで起用し、そこから人気が復活して再び契約にこぎつけ、メインストリームへ還ってきたのだ。ちなみに全盛期のヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの来日公演にもタワーのホーンセクションが同行したことがあって、そのときはタワーの大ヒットナンバーも演奏してくれたそうだ。

タワー・オブ・パワーのサウンドは一貫して変わらない魅力を持っている。そのキーになっているのは、“リズム&ブルース”という言葉をもじって、自ら“リズム&ブラス”と言っているように、ホーンセクションとリズムセクションだ。

バックトゥオークランド
タワー聴くなら外せない名盤がこれ『バック・トゥ・オークランド』
ホーンセクションは5管体制だが、バリトンサックスが入っているのがユニーク。そしてこのバリトンサックスが強烈なアクセントになってアンサンブルを締めている。そしてホーンセクション全体の切れ味が“すさまじい”と言えるほどスゴいのが最大の特徴だ。タイミングにしろ音程にしろ、普通のバンドならちょっとくらいズレたりするのもホーンセクションの味になってくるものだが、タワーのホーンにはそんなところが微塵もない。どこをとってもビッシビシに合っていて、とにかくパワフル。他のアーティストの作品にチョコっと参加しているだけの場合でも、パッと聴いただけですぐにタワーとわかるほど強烈なインパクトを持っているのだ。

リズムに関しては、全員がリズムプレイヤーと言えるほどグルーヴィでノリノリなのだが、やはりドラムとベースがスゴい。ドラムのデヴィッド・ガリバルディの、教則そのままのような細かいテクニックを駆使して音符をちりばめたグルーヴはユニーク。ドラムだけを取り出して聴いても音楽として成立するくらい完成度が高い。そしてさらに目立つのがロッコ・プレスティアのベースだ。プクプクという感じの細切れの16分音符もユニークだが、とにかくフレーズが力強くてカッコいい。タワーの強靭なグルーヴを支えているのは間違いなくこのベースだ。80年前後には脱退した時期もあったが、やはりそのときの作品は内容も今ひとつだし売れ行きも芳しくない。ロッコのベースがなくてはタワーは成立しないと言ってもいいだろう。

結成40年ともなると、そろそろ枯れた味わいに変化してもおかしくないのだが、タワー・オブ・パワーに関してはそんなことはまったくないらしい。毎年のように来日してパワフルなステージを見せてくれているし、今年は久々のスタジオアルバムも発売された。

久々のスタジオアルバム、そして来日


このところ、ライヴDVDやベスト盤などのリリースが多かったタワー・オブ・パワーだが、久々にスタジオアルバムが登場した。それが『アメリカン・ソウル・ブック』だ。彼らのルーツでもある60年代、70年代のソウル、R&Bの名曲をカヴァーしたアルバムだ。

アメリカンソウルブック
タワーの40周年記念盤はソウル名曲をカヴァーした『アメリカン・ソウル・ブック』
選曲は若干渋めに思えるかもしれないが、やはり名曲ぞろいなのでそれだけでもカッコいいし、もちろんタワー・オブ・パワーの手にかかればとんでもなくブッ飛んだカッコよさになってしまう。当人たちが、どれだけ楽しみながら演奏したのだろうと、ライヴでのあのエネルギッシュなプレイがまざまざと浮かんでくる、そんなパワフルな演奏が詰まっている。ゲストも多彩で、サム・ムーアやトム・ジョーンズ、そして80年代にタワー復活のきっかけを作ったヒューイ・ルイスも参加して盛り上げてくれている。

名曲ぞろいだけに、どの曲もおススメなのだが、メドレーの「Star Time」のハジケた明るさはやはりタワーらしいところ。それに、ソウルには不可欠なスローなバラード「Me And Mrs. Jones」のムーディな仕上がりも素晴らしい。

タワー・オブ・パワーのファンならもちろん文句なく楽しめるし、ソウルファンすべてにおススメできる仕上がりだ。もちろんタワーを知らないリスナーにも、タワーのスゴさ、素晴らしさがよくわかると思う。

そんなタワー・オブ・パワーは、今年も来日することが決まっている。5月20日の名古屋ブルーノートから始まり、5月22日~25日と30/31日はブルーノート東京、27日は広島のクラブクアトロ、そして28日は大阪の心斎橋クラブクアトロという日程だ。つねにエネルギッシュで明るく楽しいライヴを届けてくれる彼らに今年も会えると思うと、今からワクワクしてくる。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。