ちょっぴり不良っぽい雰囲気をもった、ちょい悪オヤジがモテる……なんて言われています。そんな不良っぽい雰囲気作りに欠かせないのがロックの香り。そういえば、ロックスターは歳をとるほどにセクシーになっていく気がします。年齢を超えた色香を放つ、エイジレス・ロッカーたち。彼らに学ぶ、ちょいモテの秘訣とは?

ミック・ジャガーに学ぶ、永遠のモテ心

中央左がセクシー・ロッカーの雄、ミック・ジャガー。還暦を過ぎたとは思えません。(C)Steven Klein
セクシーなロッカーの象徴といえば、やはりザ・ローリング・ストーンズのフロントマン、 ミック・ジャガー。彼のエイジレスな色香の秘訣は、なんといっても「恋愛」。

元ブラジル人モデルから子供を認知するように訴えられたり、2年前にもスタイリストのローレン・スコットとの親密交際が報じられたり。以前交際していた元スーパーモデルで歌手のカーラ・ブルーニとも、いまだに深いつき合いをしていると噂されたり。

還暦を過ぎた今も、恋の噂が絶えることはありません。

3月に行なわれた、最新アルバム 『ア・ビガー・バン』をひきさげての日本公演のステージでも、巨大スクリーンに映し出された女性客の姿を見て、「コンヤ、ドウ?」と、日本語で言ったとか言わなかったとか。
最新アルバム『ア・ビガー・バン』。相変わらずみずみずしいサウンドが素敵です。


さすが、音楽界きってのセクシー・ロッカーといったところでしょうか。

この生涯現役のモテ精神こそが、彼の若さの源であることは、どうやら間違いなさそうです。

次のページでは、スティーヴン・タイラーにみる、キュートな大人の魅力をご紹介します>>

女心を虜にする、スティーヴン・タイラーの好奇心

中央がスティーヴン・タイラー。ステージでのセクシーなパフォーマンスも魅力です。
人気ハリウッド女優、リヴ・タイラーの父でもあるエアロスミスの スティーヴン・タイラー。彼の場合は、子供のような「好奇心」が、その魅力をさらにひき立てているよう。

彼を知る編集者によると、インタビュー中も好奇心のおもむくままに話す彼は、なんともチャーミングなのだとか。

現在、58才のスティーヴン。実生活では、愛娘のリヴに待望の子供が誕生。つまり、孫もいる立派なおじいちゃんなのですが、そうとは思えぬスリムな体型と、アルバム『HONKIN' ON BOBO』 のジャケット写真のモチーフにもなった、その官能的な唇から放たれるセクシーな歌声。

しかも素顔は子供みたいに無邪気とくれば、そりゃ女性にモテるのも当然ですよね。

ところが、去る3月には、喉の手術をするため北米ツアー8公演をキャンセルするという、ショッキングなニュースも飛び込んできました。
アルバム『HONKIN' ON BOBO』。ブルースハープに残ったルージュの跡が色っぽい。


気になる手術の方は、無事成功したそうですが、現在はまだ静養中とのこと。一日も早く回復して、またあのダイナミックな歌声とパフォーマンスで、世界中を熱狂させてもらいたいものです。

そんなスティーヴンやミックのように、バンドのフロントマンとして活躍するのではなく、ソロとして活動するセクシーなエイジレス・ロッカーもたくさんいます。

中でも、とびきりクールだったり、ミステリアスなムードを感じさせるおじさまアーティストはやっぱり魅力的!

次のページでは、クールかつミステリアスな魅力で輝く男たちの秘密をご紹介します>>

ポール・ウェラーの若さは探求心の賜物

最新ライヴ・アルバム『キャッチ-フレイム!』。ベスト盤ばりの内容にシビれます。
クールなロッカーといえば、やはり真っ先に ポール・ウェラーの名前が思い浮かぶのではないでしょうか。彼のクールさと若さの秘訣は、10代の頃から変わらぬ音楽への飽くなき「探求心」に尽きます。

ザ・ジャム→ザ・スタイル・カウンシルと、グループでの活動を経て、ソロとして精力的な活動を続けるポールは、現在48才。けれど、キャリアやスキルに甘えることなく、自らのギター・サウンドを果敢に追究する彼の姿は、今も多くのアーティストに大きな影響を与え続けています。

そんな彼の音楽人生の集大成を感じさせる最新ライヴ・アルバム 『キャッチ-フレイム』。ベスト盤ばりの選曲によるこの2枚組作品でも、そのみずみずしい探求心を堪能できるはず。

もちろん、モッズ精神に培われたスタイリッシュなファッション・センスと、引き締まったスリムな体型も、今なお抜群に素敵です。

刺激で輝く、デヴィッド・ボウイの妖しい魅力

妖しい美貌が魅力の、デヴィッド・ボウイ。この人に次ぐ美しいロッカーは、いまだにあらわれていないような気がします。
世界でもっとも美しい男と言われる、 デヴィッド・ボウイ。どこかミステリアスな雰囲気を漂わせる彼にとっては、役者として映画に出演することなどで得る「刺激」も、若さの秘訣かもしれません。しかし、ここ最近は、ライブ中にファンが投げたロリポップ・キャンディの棒が目に刺さったり、動脈閉塞の手術を受けるなど、不運続きだったといいます。

そんなボウイは、現在、映画『メメント』などで知られる英国人監督クリストファー・ノーランの最新映画『The Prestige』(日本公開未定)の撮影に挑んでいるそう。きっと役作りを通して、還暦直前だというのが信じられないその妖しい美しさに、またもや磨きがかかるに違いありません。

年齢やキャリアにとらわれることなく、恋愛や好奇心、探求心や刺激をバネに、ますます色香を増す美しきロッカーたち。ミック・ジャガースティーヴン・タイラーポール・ウェラーデヴィッド・ボウイ。彼らをお手本に、あなたも明日からエイジレス・セクシーを目指してみませんか?

【関連記事】
「お笑い芸人はなぜモテるのか?」(All Aboutお笑い)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。