最新音楽用語事典
最新音楽用語事典
音大生なら楽典と並んで誰もが持っている音楽用語辞典。でも、これを読んでわかる人ならわざわざ引く必要はないだろう、という話もある。

ジャズ用語は難しい?

「スウィング」「アーシー」「モード」……ジャズには難しそうな「ジャズ用語」がたくさんあります。また、ジャズ用語集に類したものは書籍でもネット上でも、多数出回っていますが、それらを読んでもいまひとつピンと来ないことが多いと思います。

ジャズ用語はどうしてわかりにくいのか。その理由はいくつか考えられますが、一番大きな理由はそもそも「音楽を言葉で説明すること」の不可能性にあるのではないか、と私は思います。

ジャズ用語や理論は、ジャズ(=音楽)がなければ存在しません。用語や解説、説明は、常に「後付」なのです。ですから、言葉による説明を読んだだけでそれが指し示すモノ=音楽を理解することはできない。考えてみれば当たり前のことなんですが、この点を勘違いしてしまうことって、案外多いんですね。

ですからここでは、ジャズ用語の厳密な定義は行いません。もちろん、用語集とか辞書には厳密な定義が必要だと思いますが、大切なことはその言葉に含まれている様々なエッセンス(音楽スタイル、時代背景、代表的なミュージシャンetc)を知ること、そして何より、その言葉が指し示す音楽を数多く聴くことではないかと思うのです。

音楽と言葉の間に架け橋をつなぐ、そういう用語解説になればうれしいです。

ビバップとハード・バップ

今回解説するのは「ハード・バップ」(hard bop)。タイプ別「はじめてのジャズCD」vol.1「これぞジャズ!」でも少し解説しましたが、演奏を聴けば誰もが「あ、ジャズだ」と感じるジャズの王道といってもいい演奏スタイルを表わす言葉です。まずはその歴史背景を簡単にみてみましょう。

ハード・バップの歴史を理解するにはまず、その前史としてのビ・バップ(be bop)を理解する必要があります。ビ・バップは1940年代~50年代初め頃まで、ハード・バップは1950年代半ばから60年代に隆盛を極めたジャズのこと。中心となったのはいずれもニューヨークの音楽シーンで、多くの黒人ミュージシャンがその牽引役となりました。

ここで注意していただきたいのは、「ビ・バップからハード・バップに進化した」とは考えないようしてほしいということ。そのような書かれ方をした本もたくさんありますし、そう考えることは間違いとは言い切れません。けれど、「歴史に登場した順番」と「どちらが優れているか」は本来関係のないことです。

他のあらゆる分野に言えることですが、こと音楽の場合、「優劣」を持ち出すと途端に話がややこしくなります。とりあえずここでは「ハード・バップ以前にビ・バップがあった」ということを押さえていただきたいと思います。

ビ・バップの徴候「音楽のスポーツ化」

さて、ビ・バップの詳細については文末にまとめた過去の記事をご覧いただくとして、ここではビ・バップという音楽が持っていた1つの徴候にのみ、触れておきたいと思います。

一般的な音楽史において、ビ・バップの誕生は「西洋音楽史上の大革命」と位置づけられています。また、当のミュージシャン達もその自覚を強く持っていたようです。では、何が「革命的」だったのか。あえて強引に一言でまとめるなら、「和音と旋律の抽象化による、アドリヴの可能性の解放」となるでしょう。ビ・バッパー(ビ・バップを演奏するミュージシャン)たちは、「音楽理論上使える音を全部使ってみよう」という実験精神のもと、即興演奏を行うということを歴史上初めて、集団的に実践した人たちなのです。

和音と、それを解釈する理論にしたがって即興でメロディを作り、独特のリズムに乗せて演奏する。こうしたジャズの基本スタイルはこの時期に完成します。ただし、これらの要素はビバップ期に「完成」を見た、というだけであり、実は「ビ・バップ以前」にも存在しましたし、「ビ・バップ以後」にも着実に受け継がれていくこととなります。

一方、ビバップには、それ以前・以後にはあまり見られない、1つの徴候も持っていました。菊地成孔はその著書『東京大学のアルバート・アイラー—東大ジャズ講義録・歴史編』において、その徴候を「音楽のスポーツ化」と呼び、以下のような趣旨の解説を行っています。

ビバップ時代にほぼ完成したジャズのアドリヴ理論は、それまでにない普遍性を持っていました。「理論の普遍性が高い」ということは、「それを学べば誰でも同じことができる」ということを意味します。同じ理論(ルール)を共有して初めて「競争」が成立するわけです。かくして、ジャズミュージシャンは次第に、「より速く、より複雑な」演奏を競い合うようになったのです。

音楽演奏においてこういった「スポーツ的な徴候」はビバップ以前には存在しませんでした。そして、ビ・バップで盛り上がったこうしたスポーツ的な徴候は、ビ・バップ以降のジャズにおいては、次第に発展的解消を見せ、影を潜めていくことになるのです。

次ページでは、珠玉のハード・バップ名盤を通してその特徴を解説!

ジャズの到達点の1つとしてのハード・バップ

■音源1:「Bag's Groove」(Miles Davis)
Bag's Groove
Miles Davis『Bag's Groove』
1954年作品。マイルス・デイビス(tp)、ミルト・ジャクソン(vlb)、セロニアス・モンク(p)、パーシー・ヒース(b)、ケニー・クラーク(ds)、ソニー・ロリンズ(ts)、ホレス・シルヴァー(p)という、後のモダンジャズを牽引するオールスターによるハード・バップセッション。表題曲「Bag's Groove」は一時「マイルスとモンクの喧嘩セッション」などと噂されたが、これはデマであったことが現在ではほぼ確定。どこにも文句のつけようがない、ジャズ史上に輝く名盤。
百万言は一聴にしかず。ハード・バップとビ・バップを聴き比べてみましょう。まずは毎度おなじみ、マイルス・デイヴィスです。曲は「Bag's Groove」。ハード・バップ黎明期の名作とされる『Bag's Groove』のタイトルチューンであり、この後、スタンダードとなったクールなブルース曲です。

曲の構成は典型的な12小節のブルース。トランペットとヴィブラフォンのアンサンブルによるテーマが2コーラス続いた後は、それぞれの楽器が交代でアドリヴを繰り広げます。1つの楽器によるアドリヴが3分以上続くこともあり、この音楽が基本的に「それぞれのミュージシャンのアドリヴを聴くための音楽」であることが伺われます。しかし一方で、テーマは美しくアンサンブルされており、1曲トータルとしてまとまりを持たせることへの意思が強く感じられます。
彼らのアドリヴの雰囲気をよく覚えておいた上で、次のビ・バップ音源を聴いてみましょう。
■音源2:「Now's the time」(Charlie Parker)
Now's the time
Charlie Parker『Now's the time』
1952,54年録音。チャーリー・パーカー晩年のverveレコードでの録音。ダイアルレコードでの録音とならんで、パーカーの貴重な音源の1つである。収録13曲中8曲が、「キム」「コズミック・レイズ」「チ・チ」という3曲の別テイクで構成されている。同じ曲であろうと、ワンテイクごとにまったく違った世界を展開するパーカーの、ひいてはビ・バップならではの構成といえる。筆者はいまだにパーカーよりよい音色のアルトサックス奏者に出会っていない。
こちらはビバップの王様、チャーリー・パーカー(Charlie Parker)によるもの。同じブルースですが、「Bag's Groove」とはだいぶ雰囲気が違います。同じようにテーマがあって、交代でアドリヴをやって……という構成をとってはいるのですが、何かが違う。

大きな違いの1つは、アドリヴの「音階・音数の多さ」でしょう。より速く、難しい、誰も聴いたことのないようなユニークなフレーズを競い合ったビ・バップは、その末期には過剰な「音の洪水」の世界にまで足を踏み入れることになりました。下手をすると音楽性が損なわれかねないようなスピードと複雑さ。実際、同時代人にとってビ・バップは「音楽」ではなく、「狂気」として扱われることが多かったと言われています。この短い録音(注)からも、当時の雰囲気をうかがうことは難しくないでしょう。

注:当時主流だったSPレコードは片面3分半ほどしか録音できませんでした。ビ・バップのジャムセッションの多くが数十分にわたって繰り広げられていたという記録から考えると、私たちが耳にするビ・バップの音源は、その「断片」と考えたほうがよさそうです。

■音源3:「Cool Struttin'」(Sonny Clark)
Cool Struttin'
Sonny Clark『Cool Struttin'』
1958年。数あるハード・バップの名盤の中でもとりわけ日本人に人気の高い一枚。熱さとクールさが同居した緊張感あふれる演奏には、ハード・バップの魅力が凝集されている。タイトルチューン「Cool Struttin'」のほか、2.「Blue minor」も有線でのリクエストが多い人気曲。
ハード・バップ全盛時代の1958年の録音です。一聴してめちゃくちゃ「ポップ」な感じがします。音楽構成的には音源1、2と同じくブルースなのですが、すべてのアドリヴにおいて同じような音階が使われています。これは、ブルーノート(3、5、7度がそれぞれ半音下がる黒人音楽独特の音階)と呼ばれるもので、音源1,2もたくさん登場している音ですが、登場する頻度と文脈がだいぶ違います。一言で言えばシンプル。複雑なフレーズやスピードよりも、旋律がもたらす雰囲気・味わいを重要視していることがよくかります。

このアルバムに参加しているメンバーはみんなビ・バップ出身。ですから、技術的にビ・バップ的、複雑・高速な演奏ができなかったわけではありません。彼らの「音数の少なさ」は意図的なものだったわけです。

ビ・バップが持つスポーツ性を捨て、1曲ごと、アルバムごとの完成度を高める。彼らの演奏からは、ジャズの到達点の1つが提示されているように思います。

■音源4:「The Sidewinder」(Lee Morgan)
The Sidewinder
Lee Morgan『The Sidewinder』
1963年。ジャズ・ロックの草分けという評価もあるが、音楽構成的にはばりばりのハード・バップといってよいアルバム。泥臭いファンキーさ、悪っぽいカッコよさが濃縮された一枚。
もう一枚いきましょう。リー・モーガン(tp)の「The Sidewinder」。現在までの累計販売数はわかりませんが、クラブシーンなどでも繰り返し引用され続けている、ジャズ史上屈指の大ヒットナンバーです。

ドラムがロックっぽい8ビートを刻んでいるので、音源3よりもさらにポップな感じがすると思いますが、音の使い方は「これぞハード・バップ」と私は思います。ただ、これをハード・バップに含めない人は少なからずいらっしゃることはたしか。「ハード・バップとそうでないもの」の境界線の1つの例としてご紹介しました。

革命のビ・バップ、大衆化のハード・バップ(?)

さて、いくつか音源を聴いていただいたところで再び歴史に戻ってみましょう。55年のチャーリー・パーカーの死以降、ビ・バップ人気が次第に下火になるにつれて、若手ビ・バッパー達は、おりしも黒人社会で市民権を高めてきたリズム&ブルース、ソウルといった音楽に影響を受けつつ、自らの音楽の可能性を探るようになりました。そして50年代後半、彼らの多くはハード・バップに行き着くことになるのです。

ビ・バップのような実験的な音楽では食えない。しかしながら、音楽的にあまりに単純なリズム&ブルースでは自分たちの内なる衝動・音楽的表現をまっとうできない。そうしたミュージシャンたちが行き着いたのが「ハード・バップ」でした。言うなれば、ハード・バップにはビ・バップの自由さとリズム&ブルースが持つ大衆性の両方が共存していたのです。

芸術性と大衆性の同居、その功罪

この時期、ハード・バップはジャズのメインストリームに成長します。牽引役はアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズやMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)、マイルス・ディヴィスのグループです。彼らは一定の商業的成功を収め、社会的地位とプライドを高め、次第にそれぞれの音楽的探求に没頭するようになります。

この結果、50年代末から60年代にかけて、ハード・バップには綺羅星のごとく名盤が産まれ、黄金時代を迎えます。成功したミュージシャンたちは、さらにそれぞれのアプローチでビ・バップやハード・バップの特性を発展させ、洗練させていきました。そしてそうした「洗練」が臨界点に達した時、ハード・バップはいったん終焉を迎えることになるのです。

「ハード・バップ」の本質は、いわゆる「俗っぽさ」と「芸術性」のブレンドにあった、ということかもしれません。ある程度の範囲でのキャッチーさ、大衆性が失われた時、ジャズは「ハード・バップ」であることをやめたのです。

その後しばらく、商業音楽シーンでは「古い音楽」「終わった音楽」としてカテゴライズされてしまったハード・バップですが、90年代以降のジャズシーンでは、再びそのスタイルが持つ可能性が見直されつつあります。アートは純粋であればよい、というものではありません。大衆性と芸術性が絶妙にブレンドされたハード・バップというスタイルは、思いのほか、時代を超えた普遍性を持っているのかもしれません。

●ビ・バップ関連記事
ビバップを知るPart1(All About ジャズ前任ガイド記事)
ビバップを知るPart2(All About ジャズ前任ガイド記事)


●ハード・バップ関連記事
タイプ別「はじめてのジャズCD」vol.1「これぞジャズ!」

●参考文献
『東京大学のアルバート・アイラー—東大ジャズ講義録・歴史編』
→モダン・ジャズに、音楽理論的な新たな位置づけを与えています。
『ハード・バップ—モダン・ジャズ黄金時代の光と影』
→ハード・バップ史の基礎文献。今日から見ると誤った記述も少なくないが、時代的にはご愛敬というところだろう。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。