文章: 佐久間 啓輔(All About「ジャズ」旧ガイド)


ビッグバンド特集Vol.3、今回は前回に続いてミュージシャンの紹介から!

※ジャケット写真がAmazon.comにリンクしています。


現代のビッグバンド
グレン・ミラーやカウント・ベイシーが変わらぬ人気を保つなかで、経済的圧迫をものともせず突き進むミュージシャンたち。頑張れビッグバンド!

天才が生んだ伝説のバンド
ジャコ・パストリアス

エリクトリックベースの歴史を塗り替えたジャコのビッグバンドは、ボブ・ミンツァーらの現代的なアレンジを演奏する新鋭ミュージシャンの集まり。編成がイレギュラーだけに、レパートリーにできなくて地団駄を踏んでいるアマチュアジャズミュージシャンも少なくはないでしょう。聴きなれないハーモニカやチューバのソロをフィーチャーしたアレンジ、しかもリーダーがエレべで弾きまくってしまうビッグバンド、当時としてはかなり刺激的な印象でありました。

ビッグバンド界のマイルス
ギル・エバンス

ギターのハイラム・ブロックを始めとした個性的なミュージシャンをかき集め、恐らく思いついたことは何でもスコアに書いてしまっていたであろうギル・エバンスは、50年代のマイルスとのコラボレーションから、やはり個性的な片鱗を見せていました。マイルスの「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」での、サックスソロの前の有名なキメも実はギルの仕事。晩年にニューヨークのスウィート・ベイジルで毎週月曜日に行っていたマンデイ・ナイト・オーケストラの演奏は、さしずめギル実験室といったところでした。

最強のビッグバンド
カーネギーホール・ジャズ・バンド

カーネギーホールでのジャズイベントでハウスバンドを務めるこのバンドは、その名に恥じぬよう最強のメンバーがかき集められます。ジョン・ファディス、ルー・ソロフ、フランク・ウェス、スティーブ・トゥーレ等、古今東西のツワモノがくりひろげるパフォーマンスは必聴!ジョン・ファディスあたりのビッグバンドが来日の際は、ほぼ同じメンバーでほぼ同じ内容の演奏をしてくれるのでチェックしよう!

 

日本のビッグバンド
経済的な理由でほとんど休止状態のバンドが多いなか、頑張る日本のビッグバンドを紹介!

宮間利之とニューハード
http://www.jck.net/newherd/
50年以上の歴史をもつ、日本の代表的ビッグバンド。御歳82歳の宮間利之率いるこのバンド、テレビなどでもお馴染みです!

原信夫とシャープ&フラッツ
http://www.muj.or.jp/bigband/sharp.htm
ニューハードと共に日本のビッグバンド界を支え続ける老舗中の老舗。内外のイベントにて活躍中です。

角田健一ビッグバンド
http://www1.ttcn.ne.jp/~tsunokenb.b/index.html
職人的ビッグバンドミュージシャンと旬のジャズミュージシャンから成る精鋭バンド。ビッグバンドの楽しみ方を教えてくれるバンドです。

エリック宮城ビッグバンド
http://www.bluebirdland.com/eric/
インパクトのあるハイトーンで聴衆を圧倒するこのバンドも精鋭集団。とんでもないことをやってくれます。

 

ビッグバンドが聴ける店
ここで紹介するのは、ビッグバンドが聴けるライブハウス。ホールと違って、目の前で体感できるありがたーいポイントです。

新橋SOMEDAY
http://www.someday.net/
今年、新橋にお引越ししたSOMEDAYは、東京リーダース・ビッグバンドをはじめとする新鋭ビッグバンドの出演が多いお店。自社レーベルもあります。

Tokyo TUC
http://www.tokyouniform.com/tokyotuc/
外タレの出演も多いTokyo TUC。ダウンビート誌の「世界の名門ジャズクラブ100店」に選ばれたそうです。

ブルース・アレイ・ジャパン
http://www.bluesalley.co.jp/index.html
国内人気アーティスト中心のラインナップ。ビッグバンドもツワモノの名前がずらり!


3回にわたってビッグバンド特集をしてしまいましたが、いかがでしたでしょう。その迫力を、もう体験していただけましたか?生身の人間が一丸となって演奏するビッグバンドが、また巷にあふれる時代がやってくると、ワタシは信じます!

バックナンバー:ビッグバンド特集Vol.1 Vol.2



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。