【ス】

スイング(swing) スイング・ジャズまたはスイングしたリズムをさす。スイングしたリズムとは、8分音符の表拍が裏拍より長い音符であると言えるが、ジャズ特有のスイング感は聴いて覚えるべし。

スキャット(scat) ボーカリストが歌詞なしで楽器のように歌うこと。

スケール(scale) 音階。アドリブの際に、コードに合った様々なスケールを駆使するのが一般技法。

スコア(score) 全ての演奏パートが書かれた譜面。ビッグバンドの場合、十数ページにもわたるので、それぞれのパート譜が渡される。

スタンダード(standard)
ジャズミュージシャンが、おもにミュージカル、映画音楽、黒人霊歌などから取り上げた曲。マイルス・デイビスがシャンソンから取り上げた「枯葉」はあまりにも有名。

ストライド・ピアノ(stride piano)
ピアノの古くからある2ビートジャズ演奏スタイルで、右手でベースとコード、左手でメロディを弾くというはなれワザ。

ストレート・アヘッド(straight ahead) ストレートな(ジャズ)。おもにアコースティックな4ビートジャズをさす。

スネア・ドラム(snare drum)
ドラムセットの一つで、中心にあるもっともアクセントのでる小太鼓。

スピリチュアル(spiritual) 精神性の強いジャズ。アフリカやインドに傾倒したミュージシャンに使われることが多い。

スラッピング(slapping)
ベースの弦をたたいたり、はじいたりする技法。エレキベースではチョッパーとの呼ばれる。

≪用語集topに戻る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。