【シ】

シーツ・オブ・サウンド(sheets of sound) もともとジョン・コルトレーンの演奏を比喩した言葉で、音数が多く、敷き詰めたようなサウンドのこと。

ジャイブ(jive) おもにスイング時代の軽いノリの演奏。

ジャム・セッション(jam session) 最低限の決め事だけで演奏するスタイル。曲名とキーの確認だけで行われることが多い。

循環 「オレオ」「アイ・ガット・リズム」に代表される特定のコード進行。ブルースの次に多く演奏されるチェンジ。

シンコペーション(syncopation)
ジャズではおもに、8分音符の裏拍から表拍へタイでつないだ音符。スピード感のある演奏になる。

≪用語集topに戻る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。