【ア】

アウト(out) 理論上、使ってはいけない音を使う演奏。最近はこのような演奏も耳に馴染んできたので、死語となりつつある。

アクセント(accent) 演奏で、他の音よりも強く発音する音。アクセントの位置の工夫で、スピード感のある演奏が生まれる。

アコースティック(scoustic)
生楽器。~ギター(アコギ)、~ピアノ(アコピ)、~ベース(アコベ)。⇔電子楽器

アグレッシブ(aggressive) 激しい(演奏)。

アーシー(earthy) クロい、土着な(演奏)。

アーティキュレーション(articulation) 演奏の際、音をどこで切るかなどの指定。短くきるスタッカートや長く伸ばすテヌートなど。

アドリブ(ad-lib) 即興演奏。おもに曲のコード進行をもとに行う。

アバンギャルド(avant garde) 前衛的な(演奏)。

アフター・ビート(after beat) 4拍子の2拍目と4拍目。またはそこにアクセントをおいたリズム。

アフロ・キューバン・ジャズ(afro cuban jazz) 文字通り、アフリカ→キューバ→アメリカと渡ってきた音楽。キューバを介することで、熱くて陽気なリズムのジャズが生まれた。

アルコ(arco) 弦楽器(ベース)の弓。ポール・チェンバースのアルコを使ったソロは、彼のトレードマーク。

アルペジオ(arpeggio) 分散和音。またはその演奏。和音をまとめて鳴らさず、メロディアスに分散させて演奏する。

アレンジ(arrange) 曲を、どの楽器でどう演奏するかの決め事。アレンジャーはアレンジする人。

アンサンブル(ensemble) 合奏。

アンブシュア(embouchure) 管楽器奏者が演奏する際の口の形。どの音域でも安定した同じ形で演奏されるのが基本。


≪用語集topに戻る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。