EDIROLブランドからCakewalkブランドへ

UA-1G
Cakewalkブランドで登場したUA-1G
RolandのDTMブランドといえばEDIROL(エディロール)が広く浸透してきましたが、ここに来て、それがCakewalk(ケークウォーク)に変更されることになりました。筆者個人的には「せっかく築き上げてきたブランドなのになんで?」という思いもあるのですが、いろいろ整理した結果、そのようになったようです。

ご存知のとおり、Cakewalkは、SONARをはじめとするWindowsベースの音楽制作ソフトウェアのメーカー。そのCakewalkが2008年1月にRolandの100%子会社となったことから、「Cakewalk by Roland」というブランド名となっていました。さらに「SONAR V-STUDIO」シリーズなど、Cakewalkがハードウェアも展開するようになったことから、DTMブランドは「Cakewalk by Roland」に一本化されたようなのです。

ではEDIROLがなくなったかというと、そうではありません。ビデオ関連機材のブランドとして残されているほか、R-09HRなどのリニアPCMレコーダー、M-16DXなどのデジタルミキサーのブランドとしてはEDIROLということのようです。この辺が、いまいちスッキリしないところではありますが、Cakewalkはハードウェアのブランドともなったわけです。


既存のUA、UMシリーズのエントリーモデルが一新

UA-1G
UA-1Gの前モデルであるUA-1EX。見た目も機能も大きく変わっている
そのCakewalkブランドのエントリーユーザー向け製品が、4種類発売されました。具体的には
   UA-1G
   UM-1G
   UM-2G
   UM-3G

のそれぞれ。


UA-1G
3IN/3OUTのMIDIインターフェイスであるUM-3G
順に簡単に紹介するとUA-1GはUA-1EXの後継モデルのUSBオーディオインターフェイス、UM-1GはUM-1EXの後継となる1IN/1OUTのMIDIインターフェイス、UM-2GはUM-2EXの後継で2IN/2OUTのMIDIインターフェイス、UM-3GはUM-3EXの後継で3IN/3OUTのMIDIインターフェイスとなっています。

それぞれデザイン的に、またスペック的にも多少変化しており、たとえばUM-2EXでは1IN/2OUTであったのがUM-2Gになって2IN/2OUTになるなどしています。

ギター、マイクの入力に対応

UA-1G
UA-1EXからデザイン的にも機能的にも大きく変わったUA-1G
中でも大きく変化したのがオーディオインターフェイスのUA-1G。デザイン的にもまったく異なるものになったのとともに、機能的にも大きく向上しているのです。

その第1のポイントとなるのが標準ジャックでの入力端子の追加です。これはスイッチによってギター入力とマイク入力を切り替えることができ、ギター入力とするとエレキギターなどと直結できるようになるのです。


UA-1G
ギターとマイクの切り替えが可能な標準ジャックの入力を用意
そして、実際の利用において大きいトピックスがトップパネルに搭載された大きな入力ボリュームです。ギターやマイクの入力レベルをこれによって調整することができるため、レコーディング時、便利に使うことができます。またレベルメーターはないものの、PEAKランプは搭載されているので、これが点灯しないようにプレイすればキレイなレコーディングができます。


光デジタルやRCAの入出力にも対応

UA-1G
金メッキされたRCAピンの入出力を搭載
ギターやマイクに対応した標準ジャックの入力があるほかにも、さまざまな入出力を備えています。

まずは金メッキされたRCAピンジャックのアナログ入出力。外部のオーディオ機器と接続する場合はこれを利用することになります。

そして、DTM用途としてよく利用すると思われるのがヘッドフォン端子。ステレオミニの端子が用意されているので、手持ちのヘッドフォンを使ってすぐにモニターすることができるはずです。またヘッドフォン用の音量調整もできるので、便利に使えます。

UA-1G
光デジタル入出力はヘッドフォン端子、プラグインパワーマイク端子と兼用
さらに、プラグインパワーに対応したマイク入力も装備しています。前述の標準ジャックに接続するタイプではなく、小型のレコーダー用などとして販売されているプラグインパワー対応のマイクは、ミニジャックに接続するようになっており、その電源はUA-1Gから供給することができます。もちろん、UA-1G自体もUSB電源供給で動作するので、特別電源などを用意する必要はありません。

さらにユニークなのはヘッドフォン出力とプラグインパワーマイク入力は、丸コネクタの光デジタル入出力と兼用になっていることです。とくに切り替えスイッチもなく、光のケーブルを挿せばデジタル用に変わるようになっています。

最高で24bit/96kHzにまで対応

UA-1G
サンプリングレートや24bit/96kHz動作時の録音・再生切り替えはディップスイッチで行う
ところで、気になるフォーマットですが、これは業務用レベルに匹敵する「24bit/96kHzでの録音または再生」に対応しています。「録音または再生」と書いたのは、まさにそのとおりで、24bit/96kHzでの動作時は入力と再生を同時に行うことができないため、どちらかを選択するようになっているのです。

録音にするか再生にするかの切り替えやサンプリングレートの変更は底面にあるディップスイッチを使って行います。ここが若干扱いにくいところではありますが、ペン先などを利用すれば簡単に操作することができます。ちなみに、サンプリングレートは32kHz、44.1kHz、48kHz、96kHzのそれぞれに対応しており、これらの切り替えもディップスイッチで行うのです。


ADVANCED DRIVER ONでASIOにも対応

UA-1G
ADVANCED DRIVERをオンにしておくと、ASIOドライバも利用できる
そして、もうひとつ「ADVANCED DRIVER」というちょっと見慣れないスイッチが搭載されています。これまでEDIROLのオーディオインターフェイスを使ったことのある方ならご存知だと思いますが、これがオフの場合、ドライバ不要で、即利用できるようになっています。本体のみを持ち歩き、ドライバの入っていないマシンで使う、といった場合に便利に使うことができます。

ただし、このスイッチがオフだと16bit/44.1kHzまたは16bit/48kHzでの動作しかせず、UA-1G本来の性能を発揮することができません。やはり、このUA-1Gを思う存分使うためにはドライバをインストールして使う必要があるのです。

これによって最高24bit/96kHzにまで対応してくれるというわけなのです。さらにADVANCED DRIVERがオンの場合、ASIOドライバも利用できるようになり、レイテンシーの小さい、高音質なサウンドでの入出力が可能になるのです。

Audio Creator LE 1.5がバンドルされる

UA-1G
Audio Creator LE 1.5を利用することで、ギャップレスCDを焼くことが可能になる
ハードウェア的には、このような特徴をもったUA-1Gですが、これにはさらにCakeawlkのオーディオ編集ソフトである
   Audio Creator LE 1.5
というソフトがバンドルされています。従来のUA-1EXではインターネットのSound it! 3.0がバンドルされていましたが、それが大きく変わったわけです。

ちなみに、このAudio Creator LEというのは、リニアPCMレコーダーのR-09HRやオーディオインターフェイスのUA-25EXなどにバンドルされている波形編集やCDライティングなどが可能なソフトウェアです。しかし、このUA-1Gにバンドルされているのは、その1.5というバージョンで、見た目や機能は、ほぼ従来の1.0を踏襲したものになっているのですが、1点大きく進化した点があるのです。

それが、いわゆる「ギャップレスCD」の作成を可能にした点です。ギャップレスCDとは曲間に空白が空かないCDのことで、ライブ版の作成などに大きな威力を発揮するソフトウェアなのです。

従来のソフトではどうしても曲間に空白が入ってしまうため、メドレーなどを収録しにくかったり、MCをバッサリ切らざるを得なかったのですが、これでそうした問題が解消されるわけです。

Audio Creator LE 1.5を利用したギャップレスCDの作成方法については、また改めて紹介したいと思います。


【関連記事】
新生CakewalkのAudio Creator
UA-25を強化したUA-25EXがまもなく登場

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。