Logic、GaregeBandのメンバー3人が来日

Logic,GarageBand
AppleのMusic Creation Applications製品マーケティングディレクター、Xander Soren氏
Apple純正のDAWであるLogicに、現在すべてのMacにプリインストールされている音楽制作ツールGaregeBand。この両ソフトウェアの開発メンバー、マーケティングスタッフが先日、来日し、彼らと会うことができたので、話を聞いてみました。

お会いしたのはMusic Creation Applicationsの製品マーケティングディレクターのXander Soren氏、Audio/Musicアプリケーションのアーキテクト・リーダーであるGerhard Lengeling氏、そしてPro Audioアプリケーションのプロダクト・マネージャーであるRobert Hunt氏の3人。

ご存知の通り、Logicは元々ドイツのEmagic社のMIDIシーケンサとして発展してきたソフトですが、2002年にAppleが買収したことで、Appleの製品として組み込まれた経緯があります。私自身はLengeling氏には、Emagic時代にMIDI Worldなど国内の展示会で何度かお会いし、話を聞いたこともありましたが、改めてLogic、GaregeBandの現状について話を伺ってみました。

もっとも、今回のインタビューで主に答えてくれたのは、マーケティング担当のSoren氏でしたが、紹介しましょう。

プロ用の機能を削ぎ落とすのではないコンシューマソフト作り

Logic,GarageBand
クオリティーを保ちながら、初心者の使いやすさを実現させたGarageBand
藤本:Logic、GaregeBandをどんな戦略で製品展開しているのですか?

Soren:音楽はAppleにとってとても大切な要素であり、音楽こそが会社のDNAの一部だと考えています。iTunesやiPod、そしてiTunes Storeがその象徴ではありますが、音楽を配信し、楽しむ手段を提供する会社が音楽そのものを作るツールを提供するというのは自然な流れだと考えています。コンシューマ用のGaregeBandから、DAWとしてのLogic Express、そしてプロ用のLogic Studioまで揃えていますが、そのすべてで同じLogicエンジンを使っているというのが最大の特徴であり、他社の戦略とは異質なものだと考えています。


藤本:異質というのは、どういうことですか?
Logic,GarageBand
プロ用のDAWとして高い実績を持つLogic Studio 8


Soren:他社の製品展開はまずプロ向けの製品があり、そこから機能を一部削除してコンシューマ用に安い価格で展開しています。そのため、初心者にとっては難しいし、また欲しい機能がない製品となってしまっています。それに対して我々は逆のアプローチをしており、初心者がはじめて触ったときから、すばらしいサウンドに触れられるようにしているのです。

ヒットチャートの曲にも使われるGaregeBand

Logic,GarageBand
世界ヒットする曲にもGarageBandが利用されている
藤本:それぞれの製品で、データの互換性があるのはいいですよね。

Soren:これは非常に大きな利点だと考えています。過去1年を振り返るとMacは800万台出荷しており、そのすべてにGaregeBandが搭載されているから、その期間だけでも800万本が出ているため、市場でもっとも普及している音楽ツールといえます。そのGaregeBandで作ったプロジェクトはLogic ExpressでもLogic Studioでもそのまま開くことができるため、Logicユーザーも飛躍的に増えてきています。

藤本:GaregeBandで初めてDTMを体験したという人も多いでしょうね。

Soren:もちろん、多くの人がGaregeBandでスタートしていますが、最近ではGaregeBandで育ち、プロになった人たちも多くいます。たとえばFALL OUT BOYがいい例でしょう。彼らは10代のころからGaregeBandを使いはじめ、デモテープを作り、メジャーレーベルからデビューし、各賞を総なめしていますからね。

藤本:実際にGaregeBandを使って作られた曲などもあるんですか?

Soren:最近のヒットチャートを見ても、GaregeBandを使った曲はかなり多くあります。たとえば、世界的ヒットになったRihanna/JayZのUMBRELLA。この曲はもともとGaregeBandのドラムループからスタートしています。実際に聴いてみると分かりますが、VintageFunkKit03にある素材がそのまま使われています。これはドラムループですが、もちろん主要メロディーを構成したものもあります。UsherのTOP10入りした曲でもJamPackの中から2つのループ素材が使われています。

藤本:確かに聴いてみると、まさにそのものですね。

Soren:GaregeBandのサウンドが最もヒットしている音楽に耐えるクォリティーを持っていることが証明されていますよね。しかし同時にプロでも子どもでも同じクォリティーのサウンドにアクセスできるという状況になっているのです。

【後編】
Logic,GaregeBandの開発の裏側(2)

【関連記事】
Garage Bandで始めるDTM
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。