KAOSS PAD - mini-KPの兄弟分として登場したKAOSSILATOR


KAOSSILATOR
KAOSS PAD - mini -KPと兄弟分であるKAOSSILATOR
シンセサイザといえば、普通は鍵盤の形か、音源モジュールの形をしています。もちろん最近はそうした形も持たないソフトシンセが幅を利かせてきていますが、ソフトシンセも含めて、従来にはなかった新発想のシンセサイザ、KAOSSILATOR(カオシレーター)がコルグから誕生しました。

といっても、定価が24,780円で、実売20,000円程度。手のひらサイズで、106(W)x129(D)x29(H)mm、154gという非常にコンパクトな機材です。

「あれ?どこかで見たことがある」と思う方もいるかもしれませんが、これはKORGの人気エフェクター、KAOSS PAD(カオスパッド)mini-KPの兄弟分として登場した機材であり、サイズ的にもまったく同じ。KAOSS PAD -mini-KPが赤なのに対して、KAOSSILAOTRは黄色となっていて、いずれも単3電池×4本で駆動し、どこへでも持ち歩いて使えるのが特徴となっています。


指先でパッドを触ればもう音が鳴り出す


KAOSSILATOR
KAOSSILATORにはMIDI端子などはなく、あるのはオーディオ出力とヘッドホン出力のみ
では、どうやって使うのでしょう?KAOSSILATORには鍵盤もなければ、MIDIの端子もありません。あるのは、ピンジャックのオーディオ出力端子とヘッドホン端子くらいです。とりあえず、よく分からないものの、このヘッドホン端子にヘッドホンを繋ぎ、KAOSSILATORのスイッチをON。

ここで黒いパッド部分を指先でタッチしてみると、音が出ます。そう、演奏はあくまでもパッドを使って行なうというものなのです。

さらにパッドに指を乗せたまま、左右に指を動かすと音程がピラピラと変化していきます。メロディーを演奏するのとはちょっと違う感じですが、動かすことによってフレーズっぽくもなってきます。さらに上下方向に動かすと、ビブラートがかかった具合いに音が変化します。もちろん、円を描くように指を動かせば、いろいろと音が変わってくるというわけです。

100種類のサウンドプログラムを搭載


KAOSSILATOR
100種類のサウンドプログラムを自由に切り替えて使うことができる
もちろん、KAOSSILATORはシンセサイザなので、出る音色はいろいろあります。そう、プリセットとして100種類ものサウンドプログラムが入っているので、これを切り替えることによって、いろいろな音色を楽しめるのです。

最初に鳴らしたのはL.00というリード系の0番の音色でAmbient Leadというものでしたが、リード系でいえばSquare Bell、Digital Talk、Flap Lead……といろいろ。またアコースティック系ではTrumpet、Piano、Jazz Guiatr……、そのほかにもベース系、コード系、SEサウンド、ドラムなどいろいろ用意されているのです。

しかし、このサウンドプログラムというのは、単に音色ということだけではないのがKAOSSILATORのユニークなところです。先ほど横に指を動かすと音程が変わり、縦に動かすとビブラートがといいましたが、実はプログラムによって、横方向、縦方向で何が変化するのか異なるものが割り振られているのです。

音階を持ったものはそのほとんどが横方向で音程となっている一方、縦方向ではカットオフによって音色が変わったり、LFOスピードが変わったり、ディケイタイムが変わるなどさまざま。

それぞれの音色によって、マッチしたパラメータが割り当てられているのです。


鍵盤でも演奏が難しいフレーズを指一本で演奏!?


KAOSSILATOR
指一本で自由に演奏できるのがKAOSSILATORの最大の特徴
横に指を滑らすことで、音階が変化するのですが、さすがに自分の思い描いた音程を鳴らすというのは難しいようです。

しかし、KAOSSILATORには曲調に合わせた演奏を実現するためのスケール設定機能というものを搭載しています。つまり、指を横にスライドする際、ドレミファソラシドというようになる以外に、半音階のスケール、メジャーのスケール、マイナーのスケール、さらにはブルース・スケール、スパニッシュ・スケール、琉球スケール、ラガ・スケール……とさまざまなスケールが31種用意されているので、自由に設定を変更することで、さまざまな雰囲気のフレーズを演奏することができます。

また、キー設定機能と合わせば、鍵盤でも演奏が難しいフレーズを指一本で演奏することができるというわけです。

強力なアルペジエーターも搭載


KAOSSILATOR
ゲートアルペジエーターのスイッチをオンにすれば、アルペジオ機能が動作しだす
そうしたスケール機能に加え、強力なアルペジエーター機能も搭載されています。

このアルペジエーターは指定したテンポに従ってアルペジオを演奏するものであるため、指をスライドさせず、固定した状態においても、フレーズが演奏されていきます。このアルペジエーターはボタンを押してオンにするだけで演奏がスタートします。

また50種類のパターンが搭載されており、どのようなタイミングで発音するかを選択するだけで、想像を超えた演奏が繰り広げられます。もちろん、ここでも、演奏の知識など一切不要なので、誰でも楽しむことができます。


ループ・レコーダーで、音を重ねていく


KAOSSILATOR
ループレコーディング機能を使えば最大2小節まで多重録音ができる

シンセサイザというものは、さまざまな音色を出すことができるだけに、使っていると必ず音を重ねてみたいと思うものです。だからこそ、シーケンサやDAWが発展したのではないかと思うのですが、そうした思いは、KAOSSILAOTRを使っていても同様です。

つまりAcid Bassのかっこいいベース音でフレーズを演奏した後、BD/SD2でベードラとスネアを鳴らすと、やはり、これを組み合わせてみたい。さらには、これにコードをかぶせてみたい……と欲は深まります。

通常なら、この音をDAWなど接続の上、多重録音していくわけですが、KAOSSILATORにはループレコーディング機能というものが搭載されており、これ自身で多重録音していくことが可能です。

しかも、その録音方法がいたって簡単。単純にRECボタンを押すだけで、設定テンポにしたがってループレコーディングがされて、音を重ねていくことができるのです。もっとも録音可能なのは最大8ビート=2小節という制限はあるものの、KAOSSILATORとしてはこれくらいがちょうどいい感じです。

楽器屋さんの店頭でデモしていたりするので、まずはちょっと触ってみてはいかがですか?


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。