V-Drum TD-3KW-S
Rolandのエレクトリックドラム、V-Drum TD-3KW-S
ドラム入力に、エレドラを使ってみてはいかがですか?打ち込みのリズムとは明らかに異なる、人間味のあるリズムを作り出すことができます。今回は私が先日購入したRolandのV-Drumを例に紹介しましょう。


ドラムパートははどのようにして入力する?


SONARやCubase、Logic、live……といったDAWを使った音楽制作手順はいろいろありますが、みなさんはリズムパートをどう作っていますか?

グルーブクリップ
グルーブクリップを使ってドラムパートを作成すれば簡単でかっこいいものができあがる。ただし、自由度が低いのが難点だ。
最近多いのはやはりグルーブクリップ=オーディオループを使う方法ではないでしょうか?ACIDで始まり、GarageBandで大ヒットしたこのグルーブクリップを利用する方法は、非常に簡単ながら、データさえ揃っていればいくらでもバリエーションを増やすことができ、しかも質の高いリズムサウンドを得ることができます。

その一方で、リズムだけはMIDIを使っての打ち込みをしている人も少なくないでしょう。グルーブクリップでは、どうしても既定のパターンに縛られてしまいますが、MIDIの打ち込みなら自由にパターンを作れます。以前と異なり外部MIDI音源を使うことなく、ソフトシンセが使えるのでより手軽に扱うことができます。

昔ながらのMIDIの打ち込みは単調になりがち


問題は、どうやって打ち込みをするかです。DAWによっても違いますが、ピアノロールを使って打ち込んでいく人もいれば、ドラム譜を表示させて入力する人もいるでしょう。また、ドラムマシン的なユーザーインターフェイスで、まず数小節分のパターンを複数作り、それを順に並べていくというのも有効な手段です。

ドラム入力
各DAWに用意されたドラム入力機能を用いれば、自分の好きなリズムを組み立てることができるが、単調になりがちで、ノリが出しにくい。
ただ、ここで問題になるのは、ノリです。どうしても打ち込みでリズムを入力すると、機械的で無機質な感じになってしまいがちです。もちろん、数値エディットなどを用いて細かく設定することで、突っ込んだ感じを出したり、もたる感じを演出することは可能ですが、あまりに作業量が多く、慣れないと気が遠くなってしまいます。

一方で、グルーブクォンタイズなどを活用することで、それなりにノリを出すことはできます。ただ手軽で便利ではあるものの、自分で思い描いているリズムとは異なるノリになってしまうケースも多く、なかなか難しいものがあります。


MIDIのリアルタイムレコーディングでリズム入力


そこで登場するのがリアルタイムレコーディングです。これは通常キーボードを手で弾いた情報をそのままMIDIで記録するという方法です。ドラムの各パート、つまりスネア、ハイハット、バスドラ、タム……といったものも、それぞれのキーに割り振られているため、鍵盤でドラムを叩くことが可能です。コツを掴めば、これでリアルタイムレコーディングすることが可能になるのです。

もちろん、あとで修正することも可能ですから、あまり細かなミスを気にせず入力すればよく、マウスでの打ち込みとは明らかに異なる雰囲気が出せます。また、一気にすべてを入力しなくても、まずは、ハイハットだけ、次にスネアをいれ、バスドラを入れ……といった作り方もできます。

MIDIキーボードではなく、エレクトリックドラムを使おう


V-Drum TD-3KW-S
室内にコンパクトに設置でき、叩き心地も非常にいい
でもあなたがドラマーだったらどうですか?いずれの方法もどうも納得がいかないかもしれません。

マウスの打ち込みではあまりにも機械的だし、鍵盤入力ではモタモタした感じになる。ぐちゃぐちゃと数値で指定するなどという面倒なことはしていられないし、自分で叩けば一発なのに……、と。

実は私自身も昔からドラムを叩いていたこともあって、いつも、そんな思いをしていました。しかし、引越しをして、部屋が多少広くなったことから、先日Rolandのエレクトリックドラム、V-Drumを購入し、リズムパートの入力方法が大きく変わりました。

以前はYAMAHAのTMX、DTXというエレドラを使っていたこともありましたが、手狭になったことから手放していたので、約5年ぶりにドラムが日々叩ける環境になりました。比較的安く、コンパクトなTD-3KW-Sというものを買ったのですが、やはり技術の進歩はすごく、より生ドラムに近い叩き心地で、リアルなサウンドで鳴ってくれます。


騒音を出さずに練習できるエレクトリックドラム


ご存知ない方にエレドラについて、簡単に紹介しておきましょう。生ドラムは音が大きいだけに、家庭に置くのは困難ですが、エレドラはゴムパッドのようなものを叩くため、外には軽くポコポコした音が出る程度。だからマンションなどでも問題なく使うことができるドラムです。

このゴムパッドの中にセンサーが埋め込まれており、ドラム音源が鳴る仕組みになっていて、ヘッドホンをすれば、外に音は漏れません。また、設定を変えれば、ロック用のドラム、ジャズ用のドラム、またいわゆるシンセドラムなどに一発で変身。そのオーディオ出力をライン接続すれば、手軽にドラムサウンドを録音することができます。

V-Drum TD-3KW-S
表面がメッシュ状のV-Drumのスネア
見た目は練習用パッドという感じもしますが、実際使っているV-Drumの叩き心地は、生ドラムとほとんど同じ。表面がメッシュになったスネアの感触はホンモノっぽいし、きちんとリムショットも鳴ります。またシンバルを手でミュートすることができ、ハイハットの感触もなかなかのものです。

さらに、その出力はオーディオだけでなく、MIDIも出るのがミソ。そう、これをDAWのMIDI入力へと接続すれば、これでMIDIの打ち込みが可能になるのです。

V-DrumとSONARをMIDIで連携


V-Drum TD-3KW-Sの音源モジュール、TD-3
今回、試しにPC上でSONAR6 Producer Editionを起動するとともに、ドラム音源モジュールとしてSession Drummer 2を立ち上げて、V-DrumとMIDI接続してみました。

TD-3 V-Drum
TD-3のMIDI OUTをPCのMIDI INと接続する
ここでは、単にMIDIケーブルで接続しただけで、何の設定もしていなかったのですが、もうこれだけですぐにSession Drummer 2が鳴ってくれました。V-Drumの音源モジュールの音とはまったく異なるサウンドで鳴らすことができ、そのレスポンスも完璧。レイテンシーをまったく感じずに、叩くことができました。

そこで、MIDIキーボードのリアルタイムレコーディングと同様に、SONAR側でクリックを鳴らして、いざレコーディング。ヘッドホンは、オーディオで鳴らしたクリックとSesson Drummer 2の出力をミックスさせたのですが、クリックをやや大きめに設定。まさにメトロノームを聴きながらの練習といった感じでしたが、いい感じにレコーディングすることができました。


Session Drummer 2
V-DrumのトリガーでSession Drummer 2を鳴らした
その後、聞き返えしてみると、ところどころ、もたった感じや走っている感じがあるのは愛嬌といったところ。さすがに、これはというところは手動で直したり、ごく一部にクォンタイズを書けることで解消。全体的には、マウスの打ち込みと異なり、人間っぽさが十分に出たドラムトラックを完成することができました。

ドラムが叩ける人はという前提が付きますが、大きさ的にも価格的にも非常に手軽になったエレクトリックドラム、DAWとセットで使ってみてはいかがでしょうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。