■TECHIIと並行して編集されたLET'S PLAYコンピュータミュージック

LET'S PLAYコンピュータミュージック音楽之友社が88年12月号まで2年半発行していたTECHIIは、後にマルチメディア制作会社として世界的にも有名になったシナジー(その後シナジー幾何学に社名変更)が編集をしていたことは以前にも紹介しました。そのシナジーが次に手がけたのはLET'S PLAYコンピュータミュージックという電波新聞社発行のムックのシリーズ本でした。正確にはTECHIIと同時並行だったようで、1号が発刊されたのは87年9月。今は亡きマイコンという雑誌の別冊の扱いで、発行されたもので、ほぼ広告なしで252ページというかなり気合の入ったものとなっていました。実はこの表紙を見ると分かるように、タイトルはLET'S PLAYコンピュータミュージックとなっているものの、右上にCOMPUTER MUSIC MAGAZINEというロゴが入っていますよね。そう、これが長い歴史を歩むことになるコンピュータ・ミュージック・マガジンの前進の前進となるものなのです。


■別冊付録としてコンピュータ・ミュージック・マガジンがプレ創刊

コンピュータ・ミュージック・マガジン・プレ創刊号結局これは4号で終了するのですが、同じタイトルの48ページという冊子が89年5月に誕生します。これは、昨年休刊となった電波新聞社のマイコンBASICマガジンの別冊付録という扱いのもので、やはりシナジーが編集プロダクションとしてかかわりながら、コンピュータ・ミュージック・マガジンが創刊する前の90年3月まで続いたのです。中身としては、まさに初心者向けのもので、「コンピュータ・ミュージックってナニ!?」といった記事や、各種機材やソフトの紹介など。ソフトとしてはバラード、マイクロ・ミュージシャン、レクリエ、レコンポーザなど。ちなみに、このマイクロ・ミュージシャンの開発元は設立したばかりのミュージック・ネットワークでした。そう、ミュージック・ネットワークとは今はDTM系フリーペーパーで有名なPC MUSICの発行元となっている会社であり、当時は純粋なソフトハウスだったんですね。この冊子のあたりから、私、藤本もチラホラと記事を書いたりしていました。

■初のDTM専門誌、コンピュータ・ミュージック・マガジンが創刊

コンピュータ・ミュージック・マガジンそして、90年4月にが創刊。表紙を見ると「FOR D.T.M. MUSICIAN」と書かれていますが、おそらくこれがDTMという言葉を始めて表紙に出した雑誌だったと思います。D.T.M.なんて表現からも分かるように、まだほとんど誰も知らない言葉であり、Rolandがミュージ郎/ミュージくんで使っていたくらいのものでした。そのコンピュータ・ミュージック・マガジンも当初は不定期発行であり、やはりシナジーがほぼ全面的に編集をするという形でスタートしたのですが、Vol.4になる時点で、電波新聞社側の方針で、編集体制を大きく変更したのです。つまり、シナジーへの全面委託というのを改めて、手元で編集をする体制にし、それに伴いライター陣も大きく変えたのです。その際に、抜擢されたのがそれまで別のパソコン誌の出版社にいた寺島明人氏。そう、現在のDTMマガジンの編集長ですね。また、藤本もそのVol.4から特集を書くような形で関わりはじめることになり、寺島氏と密接な関係を持って本作りをはじめたのです。そのVol.4からは雑誌コードこそ取得しなかったものの、毎月9日発売という月刊誌の形で発行していったのです。ちなみに、シナジーとは、それで切れたというわけではなく、寺島氏を中心とする編集メンバーの一員として入る形でその後も続いていったのです。


■あまり陽の目を見なかったELECTRONIC PLAYERS MAGAZINE

ELECTRONIC PLAYERS MAGAZINE,EPマガジンそんなコンピュータ・ミュージック・マガジンが勢いをつける中、ちょっと地味な形で創刊したDTM雑誌がありました。90年9月に登場したELECTRONIC PLAYERS MAGAZINEという約90ページの雑誌で発行元はデルボオーガニゼーションというところ。当時EPマガジンという呼び方をしていたと思いますが、これはいわゆる出版社が出したものではなかったため、書店では流通しておらず、楽器店のみで発売されていました。内容的には当時のコンピュータ・ミュージック・マガジンよりは少し上という感じで、コンピュータよりもやや音楽寄り、とった位置付けの雑誌になっていました。が、やはり流通が弱かったためか、約1年で廃刊となっています。

■コンピュータ・ミュージック・マガジンから分離独立したDTMマガジン

DTMマガジンさて、コンピュータ・ミュージック・マガジンは寺島氏や、藤本、シナジーのメンバーなどの体制で約4年間、本作りをしてきたのですが、内部で方針の違いなどが生じてしまいました。やはり発行する側と編集する側での意見の相違が明らかになってきていたのです。その結果、寺島氏が独立し、94年6月、BNNからDTMマガジンを出すことになったのです。この表紙を見ると分かるように、Vol.0となっており、これ自体はプレ創刊号の扱い。実際の創刊号は7月号であり、それ以降、現在に至るまで月刊誌としてDTM界の中心的な雑誌としてその王道を歩んで来ているのです。ちなみに、当時BNN(BNNは2001年に事実上の倒産。その後、BNN新社という社名で書籍出版を中心に再スタートしている)からの発売でしたが、これは流通を迅速にかつ広く行うための戦略であり、編集・発行は寺島情報企画となっていました。しかし、その後、DTMマガジンが軌道にのってからは、寺島情報企画が発行元となって流通させるに至っています。


ところで、寺島氏が独立する際、ほかのメンバーは一部が寺島氏についていき、一部がコンピュータ・ミュージック・マガジンに残るという形になりました。といっても、このメンバー間に喧嘩があったというわけではありません。藤本は心情的には寺島氏を非常に応援していたのですが、ここで藤本が抜けるとせっかく育ててきたコンピュータ・ミュージック・マガジンが廃刊になってしまいそうであったため、とりあえず残ることにしたのです。またシナジーのメンバーは寺島氏が抜けるより以前に一旦シナジーに引き上げていたのですが、その後紆余曲折あって2名が寺島氏の元に合流したのです。

■6号で終了してしまった、リットーミュージックのDTM誌、SynQ

SynQ
さて、そうしたDTMマガジン創刊という、ある意味の事件がおきる少し前、リットーミュージックではサンレコとは別に、DTM専門誌を出すというプロジェクトができ、SynQという雑誌がムックの形式で創刊されました。正式にはComputer & Music Synchronized Magazineというものでしたが、機材紹介やソフト紹介、また制作ノウハウ記事などが掲載されていました。正確なことは分かりませんが、部数的にはコンピュータ・ミュージック・マガジンやDTMマガジンと比較しても、そこそこの数が出ていたと思います。しかし、やはり大手出版社としての採算ラインに行かなかったということなのでしょう。残念ながら95年4月、Vol.6を最後に休刊となってしまいました。ちなみに、そのときの副編集長で実質的な取りまとめ役を務めた方は現在リットーミュージックの書籍の編集長となっており、私の著書である「CubaseSX/SL徹底操作ガイド」などを担当していただいている方でもあります。

■向谷実監修で、大きな予算をかけて創刊させたPC MUSIC

PC MUSICその後に十数年ぶりに登場してきたのは、ソフトバンクでした。DTM雑誌の世界にコンピュータ系の大手出版社としてかなりお金をかけて、大々的に登場してきたPC MUSICというもので、創刊は96年2月号。カシオペアの向谷実氏が完全監修という形で参加するとともに、イギリスのFuture Publishingが発行する雑誌Future Musicとも提携。また、多くのミュージシャンのインタビュー記事を毎号掲載するなど、かなり気合の入ったものでした。個人的にはこういう雑誌が出てくれると、DTM雑誌業界全体が盛り上がって嬉しいことだと思っていましたが、やはり使った予算の割に、部数が出なかったのか、これもちょうど1周年号の97年2月号で休刊となってしまいました。


ここで、寺島氏が抜けた後のコンピュータ・ミュージック・マガジンに話を戻しましょう。その後、電波新聞社の社員の一人が担当として加わることになり、彼と藤本のコンビを中心に新生コンピュータ・ミュージック・マガジンが動きだしたのです。基本的には毎号、藤本が特集記事を書き、新たに開拓した連載ライター陣が記事を書いたり、音楽データを制作していったのです。また、その少し後から毎号CD-ROMをつけることになったので、その制作も私が担当して、毎号発行していったのです。一時期、私が主導で、表紙を大きく変更し、だいぶカッコいいデザインになったこともあったのですが、会社側の指導で、約半年後にはインパクトのないものに戻され、徐々に部数を落としていきました。そして、Vol.104を持って休刊ということになってしまいました。

■コンピュータ・ミュージック・マガジンの休刊後、そのスタッフが中心に作ったデジミュー

デジミューそれをキッカケに、電波新聞の担当者も退職。彼と元シナジーのメンバー、さらに藤本を加えた3名が中心となって、DTM雑誌を再度出そうという話が盛り上がり、出版に漕ぎ着けたのが99年7月に、あいであ・らいふデジミューです。基本的にはコンピュータ・ミュージック・マガジンを踏襲しつつ、もう少し内容をポップにして出したのですが、やはり採算的に結構厳しく、結局Vol.7を最後に休刊となってしまったのでした。ちなみに、このデジミューとはDIGITAL MUSIC MAGAZINEの略で、表紙にはその表記がされています。この名前は、以前にもリットーミュージックが使っていたので、これが2回目ということになります。


といったところで、90年代のDTM雑誌の流れを見てきました。次回がこのシリーズの最終回ということで、フリーペーパーを中心とした新しいDTM雑誌の流れを見ていきます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。