デジタルレコーディング機器の仕様を見ていると必ず出てくる難しそうな端子の名前。S/PDIF、ADAT、AES/EBU……、とどうもよく分からないものばかりです。カタログを見ても詳しくは出ていないし、雑誌や書籍を探しても詳しく書かれていないのが現状です。そこで、これらの用語が何を意味しているのか、またこれらでどのようなことができるのかを解説しましょう。

■デジタル信号をそのまま送るデジタル入出力端子

レコーディングをする際、マイクやギター、音源モジュールなどと接続する必要があります。実はこの接続の際のレベル設定をどうするのか、端子にどんなものを使うのかというのはなかなか難しいものです。同じ端子でも入力レベルに-20dBとか-10dB、+4dBなどがあり複雑です。また端子の形状もRCAピン、PHONEジャック、XLRキヤノンなどがあり、覚えてしまえば簡単なのですが、どうもとっつきにくいものがあります。

ただ、これらはいずれもアナログ信号であり、そこにはアナログに対するある程度の専門知識が必要になってきます。

その一方で、デジタルの入出力端子というものも存在しています。これらはデジタル機器同士を接続するためにあるもので、やはりいくつかの規格があるのです。ただアナログ端子と違い、共通していえることは、ここには音質劣化がない、ということです。アナログの世界においては、レコーディング(ダビング)を繰り返すことによって音質が劣化していくのに対し、デジタル端子で接続した機器同士でのダビングではデジタル信号がそのままコピーされるため、音質はそのまま保持されるのです。

■CDやMDの接続でもお馴染みのS/PDIF光インターフェイス

そのデジタル端子の最もポピュラーなものがS/PDIFという端子です。CDプレーヤーとMDレコーダーを接続する光ファイバーケーブルを繋ぐ端子こそが、このS/PDIFなのです。

これはSony Philips Digital Interfaceの略であり、その名の通りソニーとフィリップスが策定したデジタルインターフェイスの規格で、オーディオの世界においても広く使われています。出力側の端子を覗いてみると分かるとおり、赤い光が出ており、この光を使ってデジタルデータ転送を行っているのです。

この端子のデータの流れる方向は単方向となっており、出力と入力を光ファイバーケーブルで接続して使い、ここで流れるのはステレオのデータとなっています。アナログの世界では通常1本のケーブルでは1チャンネルのみですが、S/PDIFでは1本で2チャンネル分のデータを転送できるのです。

S/PDIFという名称で使われているものの、非常に広く使われているため、現在は国際標準規格として定められ、IEC60958という名称にもなっています。
■オプティカルとコアキシャル

ここでちょっと混乱するのがS/PDIFには、よく見かける光=オプティカル端子のほかに、RCAピンジャックを使ったコアキシャルタイプの端子が存在しています。当然、光と電気ですから、それぞれを接続することはできないし、見かけ上もまったく異なる端子ではありますが、ともにS/PDIFという名称となっているのです。

実はこのオプティカルとコアキシャル、確かに通信手段が光と電気という合い入れないものとなっていますが、中を流れているデータのフォーマット自体はまったく同じなのです。

そのため、オプティカル・コアキシャル・コンバータといったものも1万円程度で販売されており、双方を手軽に接続してしまうこともできるのです。

家庭用のオーディオの世界ではオプティカルが圧倒的となっていますが、プロのレコーディングの世界においてはコアキシャルが主流です。

またローランドのハードディスクレコーダーVS-2480をはじめとするVSシリーズやヤマハのAW4416、AW28168などでもコアキシャル端子が用いられていますし、パソコン用のオーディオカードに用意されているS/PDIF端子もその多くがコアキシャルを採用しています。

COAXとかCoaxialなどと書かれていますが、使うケーブルは、ごく一般のピンジャックのものですから、使うのは非常に簡単です。

このケーブルを用いてアナログの接続をした場合は当然1チャンネル分しか送れませんが、S/PDIFなら音質の劣化がないにもかかわらず、1本で2チャンネル送れるの、ちょっと得をしたような感じです。

■プロ仕様のAES/EBU

このS/PDIFと非常に近い関係にあるデジタルインターフェイスがAES/EBUという規格です。S/PDIF同様2チャンネルのデジタルオーディオ信号を送るものとなっており、これはプロのレコーディング現場では非常によく利用されています。実際、プロ用機材には標準もしくはオプションの形で装備されています。実は、S/PDIF自体がAES/EBUの規格をベースにして作ったものなので、これら2つは似ているのも当然といえます。

AES/EBUはAESという標準規格団体が定めた正式なデジタルインターフェイス規格であり、ケーブルにどのようなものを使うかも細かく指定されています。具体的にはXLRのキヤノンコネクタに2芯の110Ωというインピーダンスのケーブルを用いるちょっと特殊なものとなっています。流れるデータ形式そのものはS/PDIFとほぼ同等ですが、フラグビットの入り方が逆になっているという違いがあります。

ちょっと難しい話になってしまいましたが、要はプロ用のデジタルインターフェイスとしてAES/EBUというものがあり、ちょっと変わった端子形状になっているということを知っておけば十分でしょう。
■ADATは8チャンネルのデジタルインターフェイス

さて、デジタルインターフェイスとしてもうひとつ大切なのがADATインターフェイスです。ご存知の方もいると思いますが、業務用のレコーディング機材としてアレシス社のadatというS-VHSを利用した8トラックのデジタルレコーダーがあります。このADATインターフェイスはこのadat用の接続規格であり、S/PDIFと同じ光ファイバーケーブルを使って接続するようになっています。

ところがすごいことに、ADATインターフェイスでは1本で8チャンネル分のデータを同時に転送することが可能なのです。もちろんデジタルデータですから音質劣化の心配もありませんし、光を使っているので電磁波などによるノイズの影響の心配もありません。

この8チャンネルの転送ができるという便利さと、adatの普及により、ADATインターフェイス自体がadatとは別に、デジタルインターフェイスの規格として普及してきています。実際、数多くのデジタルレコーディング機器、コルグの1212I/Oをはじめとするオーディオカードにも搭載されており、adatなしに直接これらの機材を接続して8チャンネルのデジタル音声信号のやり取りが可能となっています。

■今後が注目されるIEEE1394

S/PDIF、AES/EBU、ADAT以外にもTascamのTDIF-1やSDIF-2などいくつかの独自仕様のインターフェイスが存在し、規格によってコネクタや送れるチャンネル数が異なります。

またあまり普及はしていませんが、SSL、ソニー、三菱、ニーヴの4社が策定したMADI(マルチチャンネル・オーディオ・デジタル・インターフェイス)といったものもあり、こちらはFDDIという高速LANで利用するケーブルを用いるため、最大56チャンネルまで同時に流すことが可能です。

そして、今、注目を集めはじめているのがヤマハが中心となって進めているmLANという規格。正確にはヤマハが中心となり、アップルコンピュータ、ケンウッド、シャープ、ソニー、東芝、パイオニア、日本ビクター、松下電器、ローランド、マイクロソフトをはじめとする各社が「オーディオおよび音楽データ転送に関する仕様(Specification for Audio and Music Data Transmission)」としてまとめ、ヤマハがmLANという名称でいくつかの製品をリリースしているものです。

実はこれ、IEEE1394=FireWireを用いたシステムであり、そのIEEE1394のケーブル上にMIDIやデジタル化されたオーディオデータを流してしまうものなのです。接続状況にもよりますが、オーディオデータの場合44.1kHzはもちろん、最高128kHzというとんでもないサンプリングレートにしても理論的に256チャンネル以上流せたり、同じケーブル上に256本までのMIDIケーブルを仮想的に存在させることが可能になるものです。

ただ、まだ機材があまりそろっていないことと、各社間での互換性の問題などがあるため、広く普及するまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

【デジタルレコーディングの基礎知識】その1
サンプリングって何だ?

【デジタルレコーディングの基礎知識】その3
24/96って本当に意味あるの?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。