来店の際は大食漢の友人とパーティーを組んで訪れるのが必須。筆者も最も胃袋が頼りになる友人に同行してもらい、無事“登頂”に成功!

ほかのギャラリーを見る