穴狂人 ヒラケン氏 の見解



●秋の天皇賞/G1

 穴馬指名 ★ヘヴンリーロマンス「今年も牝馬は侮れない!」

なんとなくなのですが、今年も牝馬が絡んでくるのではないかと思います。その中でも一番気になるのが、ヘヴンリーロマンス。実は前走の札幌記念の時、あのどしゃぶりの雨を見ていて、何故か自分の予想をチャラにして、買った馬券はヘヴンリーロマンスとコイントス2頭を軸にしての3連複。が、ファストタテヤマは買えず超大物を取り逃しました。今回も馬場が渋るようなら、流れによっては3着はあると思うのですが。


●武蔵野ステークス/G3

 穴馬指名 ★アジュディミツオー「地方の雄、中央のレースに初出陣!」

カネヒキリはダート界でのディープインパクトになれるのか?といったところに
目が行きがちですが、忘れちゃいけない地方の雄アジュディミツオー。日本TV盃で一叩きされただけに、ここは注目。59キロを背負ってもカネヒキリより前でレースを進め、最後まで抜かさせないで意地をみせるのではと期待しています。


●スワンステークス/G2

 穴馬指名 ★タマモホットプレイ「待ってました、この舞台」

この馬にとって、2戦2勝の京都1400mはベストの条件。ここで勝たなくてどこで勝つという舞台です。今年も昨年に続いて、見事に差しきっての連覇を期待。



単複馬券で勝負 KIKU 氏の見解


●秋の天皇賞/G1

 ◎ゼンノロブロイ

秋の古馬G1戦線の第一弾、天皇賞を迎える。今年はG1馬が8頭出走となかなかの好メンバーの1戦となった。ここは前が飛ばすだけに、平均ペースより速い流れになりそう。条件的にも差し馬有利の流れと見る。昨秋緒戦までは甘さを見せていたゼンノロブロイが、昨年のこのレースから一変。秋のG1で3連勝を飾り、一気に名馬への道を駆け上がったのは記憶に新しい。今年は宝塚記念から海外遠征を経て、ぶっつけの参戦。確かに臨戦課程は不利だが、それでもこのメンバーなら能力的に上位となる。宝塚記念・海外遠征はそれぞれ負けはしたが、得ることも大きかったレース。共に厳しい条件だっただけに、悲観もなく、寧ろ負けて強しの印象を受けた。海外遠征後はここ目標に調整も入念にされ、8割以上は仕上がった感。得意の東京コース、そして因縁の同馬で雪辱を期す鞍上とプラス材料も大きい。奇しくも昨年と同じ枠順を引き、連覇へ条件は整った。古馬代表としての能力をあの怪物に見せつけて貰いたい。


●武蔵野ステークス/G3

 ◎カネヒキリ

今年の武蔵野SはJCダートに向けての重要な1戦となった。古馬VS3歳馬の構図もあるが、それ以上に注目馬が出走する。それほど飛ばす馬もおらず、流れは平均ペース辺りか。好位~中団から脚を伸ばす馬が勝つ流れか。注目馬は「ダート界のディープインパクト」カネヒキリ。3歳馬だが、ダートは6戦6勝。ユニコーンSを勝ち、現在交流G1を2連勝中。その全てが楽勝であり、これだけの強さを見せながらも底を見せていない。ケイコからも好調が伺えるし、東京1600mでも上記重賞勝ちがある条件。唯一の不安は古馬相手の57kgと言う点だけだろう。それも克服して余りある能力を持つと見ている。JCダートに向け、そのパフォーマンスに注目したい。


●スワンステークス/G3

 ◎キーンランドスワン 

スプリンターズSの時期が変わってから混戦続く同レース。今年も大混戦の様相だ。 行く馬がハッキリしているだけに、平均よりやや速いペースだろう。差し馬向きではあるだろうが、追い込みまでは届くかどうかと言ったところだろう。 3歳馬を含め、未知な部分が多い馬が多数出走するが、実績上位の同馬を狙いたい。 昨年からスプリントG1に4戦し3-6-2-5着。G1では一歩届かないが、重賞2勝のその能力はここでも上位に数えられる。6歳馬だが、今秋はセントウルS5着からスプリンターズS5着と能力落ちは無い。直線の急坂が得意では無いだけに、前走の5着は大いに評価できるものだろう。京都のコースは重賞勝ちもある最も得意なコース。コース替わりは確実にプラス。秋3走目となり、体調面にも不安は無い。距離が不安視されるが、同レースはスプリンターが多く好走しているレース。同馬も距離不安より、距離経験が乏しいだけで、この条件なら問題ないと見る。混戦を断つのは実績馬と見ている。



・・・・・まだまだあるよ・・・・・