世の中には2種類の人間がいる。賭け事をする人としない人だ。「俺には賭け事なんて必要ない。人生そのものがギャンブルさ」などと立派なことをおっしゃる人もいるが、できればそんな人とはお友だちになりたくない。そういう言葉って逆に薄っぺらく思えてしまう。それよりも自分の弱さを知っているギャンブラーの方が人間として魅力があるような気がするが、どうだろうか。なんてことを念頭に、正しい競馬との付き合い方みたいなものを考えてみた。

とりあえず世の中の競馬ファン人口はどれくらいなのだろうか?と思って検索してみたが、キチンと記述されてあるものを見つけきれなかった。(データを知っている人がいたら教えてほしい)G1レースの総売上なんかを考えあわせると、なんとなく千万単位の人口にはなるだろうという予測はつきそうだ。そして競馬との付き合い方って、それと同じ数だけあるのではないかと思う。一般的に世間でよく言われるのが『ギャンブル派』と『ロマン派』という線引きである。

いっさいの感情を抜きにして、ゴルゴ13のような眼つきで穴場にカネを入れる。贔屓する馬はいないし、応援馬券などというものには無縁である。馬ではなく色のついた数字が走っていると考え“オグリコール”なんかで盛り上がっていても見向きもしない。というのが正統な『ギャンブル派』だろう。必殺の連戦連勝であればそれもいい。しかし控除率どおりにしか勝てないような競馬だったら、かなり強靭な精神力でないと耐えきれないパターンである。

なによりも華麗なストーリーを重視する。オグリキャップのことを“オグリン”などと呼び、自分のペットと勘違いしてしまう。愛してる(と思いこんでいる場合が多い)馬がレース中に転んだりすると、ショックで競馬場に行けなくなる。しかし新たなアイドルっぽい馬が出現するや、またいそいそと横断幕を作ったりする。というのが『ロマン派』である。だがしかし、そんなドリーミーな気持ちだけで競馬と向きあっていても疲れてしまうだけではないか。

あえて極端な例で比較したが、どちらが良くて、どちらが悪いということではない。このバランスをうまくコントロールできる人が、息の長い競馬ファンとして生息しているのではないか、と考えられるのだ。
最近の競馬ファンにはニューウェイブが生まれているらしい。ダビスタ(正式名称;ダービースタリオン)などの擬似育成ゲームで純粋培養された一族である。残念なことに、そういう一族と膝を交えて話をしたことがない。が、某電器店のゲームソフト売り場の前で「・・アウトブリードで・・・ニックスが・・」という会話をしている中学生らしき一団を見たことがある。こういう子供たちが進化して競馬の世界へ足を踏み入れてくるのかと思うと、空恐ろしい光景であった。『ダビスタ派』という新しいジャンルの競馬ファンとして位置づけたい。

競馬との付き合い方を大きく3つのスタンスに分けてみた。他にも我流の宗派があるのかもしれないが、基本的にはこんなところではないだろうか。個人的な遍歴を言わせてもらえば、血走った目の『ギャンブル派』のつもりで競馬場に通いつめていたこともあった。(我が家から小倉競馬場まで2時間弱かかる)しかしPATに当選し、在宅競馬オタクになり、インターネットの様々なコンテンツが楽しめるようになった今、だんだんと軟弱な『ロマン派』へ移行しているような気がする。ギャンブラーとしては失格でも、それはそれでシアワセなことかもしれない。

私のまわりの競馬お友だちを見渡してみても(前述した)いろんなお付き合いの仕方をミックスし、自分なりの楽しみ方で競馬と長く付き合っている。私もこの先ずっと競馬を楽しんでいくつもりだが、だからといってJRA名義の定期預金をコツコツと積み立てていく気はない。たまにはドカンと返金してもらわなければ不公平というものである。もちろんそのための努力・研究は惜しまないつもりだ。そして、そうすることで競馬の神様と仲良くなれたら、もっとシアワセになれるような気がする。

追記・・・信じられないかもしれないが、つい7~8年ほど前までインターネットはごく一部のマニアのものでしかなかった。私が競馬に足を踏み入れた当時などはITのかけらさえなかった。どうやって競馬のことを調べたり覚えたりしていたのか不可解なのだが、今やオンライン上で<競馬の歴史>から<馬券の買い方>まで懇切丁寧に教えてもらえる。なんて素敵な時代なんだろう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。