2006年を振り返る!そして新たな試みを…

さて今年も残りわずかですので、この時期一年間を振り返る企画が目白押しですよね? そんな中、先日「Web of the Year 2006」が発表になりましたが(今年で11回目)、権威ある各部門賞の中で『ウェブ情報源部門』は大賞を取った「ウィキペディア」で、それに続く2位がこの「AllAbout」でした。
今後更に「アイドル・タレント」の情報源として、「芸能・マスコミ」ネタがお好きな方の「お気に入り」に入れて頂けるように地道に努力する所存でありますが、情報源といっても旬のニュースを動画も合わせて即日アップするポータルサイトや新聞社のサイトとは違いますので、自分としては「あそこ(AllAbout)で高評価を得たアイドルは伸びる」とか「まずはあそこ(AllAbout)で新人を宣伝してもらおう」と業界内外で話題になってくれるように頑張っていこうと思っております。先見性を活かしたりメディアミックスで展開できるよう業界関係者のみなさま&ユーザーのみなさま、今後とも宜しくお願い致します。
では、権威も賞金や商品などの特典も無いのですが、タイトルに少しでも近づけるように(笑)、独断と偏見の中にもしっかりと理由付けを行い、それに合わせて最新情報を載せてお送り致しましょう! まずは第一回目ですので、手探りでお送りしておりますが、「グランプリ」1名と「話題賞」BEST3と「新人賞」BEST5を決めてみました。
★新人賞 …文字通りその年にデビューしたアイドルBEST5を発表。
(毎年芸能界には何百人ではきかない新人がデビューするのでここはグラビアアイドルに絞って選定…1st.写真集・DVD発売までが対象)
★話題賞 …2006年に新たなブームとして話題になった人・作品に与える。
(2006年の話題ありきでBEST3を選定…そのブーム・流行りを象徴するアイドルもしくはその代表的人物をそれぞれ絞り贈る)
★グランプリ …年間を通して活躍したアイドルの中のアイドルに与える。
(女優・アーティスト・モデル・グラビアアイドル・女子アナ・声優・アスリートとジャンルを問わず今年を象徴したトップアイドルに贈る)


次のページでは「AllAbout アイドル AWARD 2006 新人賞」を発表!

AllAbout アイドル AWARD 2006 新人賞!

さて、まずは新人賞! 先程も申し上げたとおり、毎年芸能界には何百人ではきかない新人がデビューするので、ここは王道にまでなった「グラビアアイドル売り」から絞らせていただき、選定する事にしました。アーティスト・女子アナ・声優・アスリートファンのみなさんはごめんなさい。(デビュー元年でなくても1st.写真集・DVD発売が2006年というアイドルまでが対象)

◆ 2006年新人賞第5位 田代さやか(ホリプロ) ◆





やはりできるアイドルは違います。先日芸能人女子フットサル「スフィアリーグ」で初優勝したホリプロチーム「XANADU loves NHC」の中に彼女の姿がありました。しかもしっかりFWとして力をつけて3強といわれていたcarezzaから得点をゲット! 常に下位を争っていたチームが3強を倒しての優勝ですからこの成長は目を見張りました。

ホリプロ」の所属だけあって、グラビアにとどまらず初年度にして深夜の帯番組を日テレ系「1/3娘」で展開。番組内では器用さと負けず嫌いな真っ直ぐさがイイ感じで活かされています。DVDは12月22日に「よくばりさやか」(竹書房)が発売。翌23日にはイベントも開催と絶好調です!(93cmのHカップばかりがフューチャーされがちですがお尻も良いです)


では引き続き4位の発表! >>





※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。



◆ 2006年新人賞第4位 稲生美紀(サンミュージック) ◆



第1回「ミスFLASH」グランプリ獲得での鮮烈デビューが3月。1st.DVD発売が8月。その後たたみかけてDVDや写真集を発売するわけでもなくこれといって目立った活動がありませんでしたが、見てる人は見ています! グラビア番組の老舗「グラビアの美少女」(スカパー!ch279:MONDO21)において見事「ミス・グラビアの美少女22006」を獲得。今年2冠をGETするだけあって素質は十分!(実は私もこの投票を彼女に入れていました)

このところ久々のグラビアをFLASH等で拝見しましたが、18歳でグラビア1年生。初々しさにバランス良いスタイル(身長164cm/3サイズ:B85W59H86)にちょっと背伸びした表情が実にセクシー&キュートで良かったです。事務所もサンミュージックですし、焦らずジックリ成長させる長期計画は任せあれ! という感じでしょうね。

写真は1st.DVD発売イベントの時のものですが、髪を二つ結びにして出てきたのは初々しさをアピールしたかったのでしょうか。個人的には長身とバランスの良いスタイルを武器にガンガンセクシーに勝負してもらいたいです。実にグラビア映えする娘ですので今後の展開が楽しみです。


いよいよBEST3の発表! >>




※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。




◆ 2006年新人賞第3位 倉科カナ(SMAエンタテインメント) ◆



こちらも冠GET組! しかもあの「ミスマガジン2006グランプリ」です! ずば抜けているタレント性は、やはり業界内外が放っておきませんでした。CMやTVのレギュラーが次々に決まりファンも急増。ゴールデンの時間帯にも堂々と出演しバラエティのベテランを相手に堂々のや天性の大ボケは既にトップアイドルのオーラを感じ取る事ができました。
先日芸能人女子フットサル「スフィアリーグ」でも勇姿を拝見!(もちろんチームは「ミスマガジン」)、ただでさえグラビアチームでピンクのユニフォームというだけで華やかにも関わらず、いつもに増してチームに特別に輝いていたのが彼女でした。
事務所は「SMAエンタテインメント」の所属という事なので、最近では移籍した加藤ローサと入れ替わりで期待のアイドル。力の入れようも見ていて感じます(※同事務所では岡田茉奈も要チェックです)。来年は冠のしがらみから解禁されると共にとんでもない展開になりそうで、楽しみです。来期の「スフィアリーグ」への参加はもちろん、ドラマ出演も期待します。


迷いましたが2位の発表です! >>




※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。



【 5位 】 【 4位 】 【 3位 】 【 2位 】 【 1位 】


<< TOPページへ戻る!

 


◆ 2006年新人賞第2位 リア・ディゾン(スカイコーポレーション) ◆



正直No.1にしようとも思いました。でも唯一残念ながら実際にお会いしていないため、ここに落ち着かせて頂きました。「グラビア界の黒船襲来」年齢は20歳・身長167で3サイズはB86W60H88と豊かな表情で、もう完璧です。
アメリカでレースクイーンなどをしていた彼女はその活動がネットで先行してアイドル的存在になりました。また、日本人受けするそのキュートなルックスが話題となり、営業権を勝ち取ったというべきでしょう。状況で2006年写真集デビュー! そして現在はテレビ東京系「うぇぶたま」で実際に動くリアが見れるわけですが(かたことの日本語が愛らしいですよね)来年2月のバレンタインデーにはいよいよ「Softly」(ビクター)で歌手デビューです。
これで2007年も快調にスタート! 色々と話題を提供してくれる事でしょう。個人的には1st.DVDが待ち遠しいですが、一生懸命に日本語を勉強しているようで、ゴールデンでもあのキュートな笑顔が見れる日を願っております。O型ですし結構いいボケ炸裂するんですよね(笑)。日本のグラビアアイドルには脅威です。

先日某番組で熊田曜子が気になるグラビアアイドルで彼女の名前をあげていました。負けていられませんね。相乗効果で頑張って欲しいです。(WEBではかなり過激なグラビアで人気沸騰だったのでまだまだ引き出しが多い娘です。あなどれません)


わずかな差でしたが1位の発表です! >>




※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。



【 5位 】 【 4位 】 【 3位 】 【 2位 】 【 1位 】


<< TOPページへ戻る!

 



◆ 2006年新人賞第1位 木口亜矢(プラチナムプロダクション) ◆



さて黒船の襲来に負ける事無くNo.1の座を勝ち取ったのはグラビアアイドルの宝庫:プラチナムプロダクションの新星、木口亜矢です! 1st.DVDの取材以来お会いしていませんが、活躍はみなさんご存知の通りグラビア雑誌はほぼ100%席巻! 日本のカーレースの最高峰:SUPER GTのイメージガールグループ:「4☆TUNE」(フォーチューン)のメンバーとしての活動も年間を通じて行っていました(イメージガールグループは毎年恒例ですがエイベックスからCDデビュー)。
11月に発売された「よゐこ」の有野晋哉が仕掛けるガチンコグラビアアイドル対決企画第1弾では事務所の先輩後輩対決という事で相澤仁美と共演した事でも話題。最新DVD「あやんちゅ」は12月22日に発売! 23日には発売イベントも行なわれたようです。<
br>
先日も某深夜番組で拝見しましたが一見ギャルっぽいのに実は真面目で話をすると可愛らしいアニメ声に巨乳というギャップが最高です。「ポスト・若槻千夏」と言われるセンスはイベントなどで実際会ってみるとわかります。更に先輩を見習って勉強し経験を積んでいけばキャラや度胸は十分なのでバラエティでも(基本ボケなので若槻的な毒は期待していませんが)起用が増えると思います。2007年は1年先輩の相澤仁美・愛川ゆず季の両巨乳キャラとは違う立ち位置を確立して頂きたいと思います。

なおBEST5形式でお送りしましたが、何で南明奈・原幹恵・吉原夏紀・福留佑子等々が入ってないの? というご意見も当然あるかと思われます。ですが、先に申し上げたとおり独断と偏見ですのでご了承願います。自分でも後であれ? と思ったりもしましたし(笑)。でも長い目で見て頂いた時に「さすがお目が高い!」と言われるように努力する所存でございますので、皆様今後とも宜しくお願い申し上げます。


続いては、2006年「話題賞」の発表です! >>




※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。



【 5位 】 【 4位 】 【 3位 】 【 2位 】 【 1位 】


<< TOPページへ戻る!

 


AllAbout アイドル AWARD 2006 話題賞!

さて、続きましては話題賞! 2006年に新たなブームとして話題になった人・作品からBEST3を選定。そのブーム・流行りを象徴するアイドルもしくはその代表的人物をそれぞれ絞って贈る賞です。
毎年色んな手法で売り出されるタレントは時代にマッチするとブームが起きます。今年も同様に新しい時代の象徴・ブームが起きましたが、ブームがブームで終わる事無く1つの確固たるカテゴリーや文化になるまで継続した人気になるかどうか? 引き続きの展開を期待してBEST3をお送り致します。

◆ 2006年話題賞第3位 AKB48 ◆



秋葉原が「アキバ文化」として世界に「萌産業」を発信し続ける近年にまた新しいユニットがこの秋葉原を代表するアイドル(劇場アイドル)として君臨。瞬時にアキハバラでの頂点を極めいよいよ全国区に進出しメジャーデビューしました! 「会いにいけるアイドル」を作り上げたのは「おニャン子くらぶ」で成功しグループ売りの天才として有名な作家・秋元康氏。正直ピンで売る=芸能界での勝負となると「限られた面子しか無理なのでは?」という懸念を持ちますが今後の展開はいかに!?(是非特集をと思っています)。

芸能界でグループでという事で「ハロプロ」との比較をされがちですが似て非なるものでまだまだメジャーデビューしたばかり。逆に脅威を覚えさせられる位の展開を希望します(でもそこは全国区でブレイクするだけあって4、5人の突出した逸材は確認済み! 期待しています)。


引き続き話題賞第2位です! >>




※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。



【 3位 】   【 2位 】   【 1位 】


<< TOPページへ戻る!

 


◆ 2006年話題賞第2位 O-25(ほしのあき) ◆



O-25とは? これはU-15ブームは永遠に衰えないとされるアイドル産業の核になるものであるが、ほしのあきを筆頭にした25歳を越える大人のアイドル(特に25歳オーバーのグラビアアイドル)が増えた年になったという事でこの話題・ブームを第2位に致しました。

実際グラビア雑誌は当たり前ですが、TVにしろWEB(色んなイベント取材)にしろ、ほぼ毎日目にしたほしのあきは来年いよいよ三十路! 次なる展開は露出度に頼らず違う何かがあるのかが見ものです。また、安めぐみ・小野真弓・山本梓・インリン・優木まおみ・安藤沙耶香・福永ちな・堀田ゆい夏等々。今後の活躍も期待できる癒し派・セクシー派・知性派と実にタレント揃いですので楽しみです。個人的には知性派の優木まおみ・安藤沙耶香のエロかしこいお姉さん二人に注目です。


では話題賞第1位の発表です! >>




※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。



【 3位 】   【 2位 】   【 1位 】


<< TOPページへ戻る!

 



◆ 2006年話題賞第1位 尻ドル(秋山莉奈) ◆



どうでしょう? もう説明は不要ですね。話題賞第1位は「ほしのあき旋風」に一石を投じた初代お尻の女王・秋山莉奈(21)に贈りたいと思います。
お尻強調写真集&DVDを出し続けた事でオシリーナとして認知されTVに映画にと大忙し。テレビ東京系「クピドの悪戯」も好評のなか終わり、いよいよ話題の「エコエコアザラク B-page」が12月30日公開です。ありそうで無かった胸や顔をおいといてのお尻での勝負はあっぱれでした。やはりそれをOKにした事務所・メーカー・カメラマン・そして本人と、みなさんの戦略と協力があってのNo.1ですからね。ただ真似事をして第2の秋山莉奈を目指すあさはかな企画は間違ってますのでご注意を! 「胸が顔が駄目だから尻」では無い事ぐらいはわかって下さい(笑)。トータルでいいんですが「あえての尻」なわけです。この違いわかってもらえますかねぇ……。

夏場にこの尻ドルについて記事を書きましたが、いまだコンスタントにアクセスが集まるようにブームは続いています。ビヨンセの人気で彼女が考えた造語「bootylicious ※」と共にお尻が大きい事は良い事だ的な風潮を全世界に広めている事は確かであり、それが日本に根付くのと同時期=2006年にピークを向かえた尻ドルブームはなるべくしてなったブームだと言えると思います。ブームで終わらせないようにガイドも一役買って年間恒例行事に尻ドルチェックを欠かさず行なっていきたいと思います(笑)。

※「bootylicious(ブーティリシャス)」:"booty"(女体・尻)と"delicious"(そそる・おいしい)が合わさったもので「超セクシーな・官能的な・男をそそる尻をした」という意味で使うスラング


続いては、いよいよ「グランプリ」の発表です! >>




※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。



【 3位 】   【 2位 】   【 1位 】


<< TOPページへ戻る!

 


AllAbout アイドル AWARD 2006 グランプリ!

さて最後にいよいよグランプリの発表です。年間を通して活躍したアイドルの中のアイドル! 女優・アーティスト・モデル・グラビアアイドル・女子アナ・声優・アスリートとジャンルを問わず今年を象徴したトップアイドルに贈るものですが、これは思いのほか迷いませんでした(来年からはしっかり受賞インタビューなり簡単な挨拶取材なりできるようにしたいものです)。では、さっそく記念すべき第1回AllAboutアイドルAWARDグランプリの発表です!

◆ 2006年グランプリ 長澤まさみ ◆



19歳にしてTOPの座を射止めた長澤まさみちゃん。末恐ろしさを感じる女優に急成長し、芸歴7年目にして実力が一気に開花した年となりました。まさに、「AllAbout アイドル AWARD」の初代グランプリにふさわしいと言えるでしょう。
10代から50代(明石家さんまのベタ褒めはTVでは有名)まで真剣に憧れてしまう不思議な魅力は、周りの環境に恵まれたであろう品の良さと、けがれていない素のリアクションの初々しさ。さらにTOP女優に不可欠な高身長&隠れ巨乳など、話題になったスタイルの良さ、完璧であり天性である素質は他の若手女優の追随を寄せ付けません。
ガイドはクールビューティ好きなのでニッコリした癒しオーラを放つ時の顔よりもこの画像のようにキリッと涼しげな顔をしている時が好きですが、どちらも嫌味なく計算の範疇ではないと感じるますね。自然と入り込める長澤ワールドを持っている点がたまらない魅力だと思います。
前回TBS系ドラマ「セーラー服と機関銃」の感想の時に「次回は是非リメイク作品という微妙なハンデがあるものではなくガッツリと恋愛モノの新作で拝見したいと思います」。と書いたら、さっそく来年初夏公開の映画「そのときは彼によろしく」で山田孝之(23)・塚本高史(24)とのトリプル主演で初の“大人の純愛物語”を披露する事に。さっそく、念願が叶いそうです。個人的にもとても楽しみです。


<< TOPページへ戻る!





【 関連リンク 】
女性アイドル・タレント・女優
最新芸能情報ニュースサイト
芸能界デビューの低年齢化と昨今のアイドル
美尻ブームの到来と「尻ドル」!
秋の新ドラマ☆アイドルチェック

※著作権は撮影者(ガイド)及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。