戦後日本の芸能を支えた「ナベ」

画像の代替テキスト
にしおかすみこのDVD『あたしだよ!!』(ビクター)
昨年ブレイクした、意外と苦労人な女芸人。「かくし芸」でもガンバってました
今回のWEEKENDERは鍋特集ということで、各ガイドの皆さんが様々な鍋についての情報をお伝えしてきましたが、ここお笑い・バラエティのジャンルでナベと言えば、やはり歴史と実績を誇るナベプロこと、渡辺プロダクションをおいて他に考えられません(キッパリ)。

いわずと知れた、もっとも歴史と実績を誇る芸能プロダクションですが、ここ最近は特にバラエティの分野に次々と逸材を輩出して、新たな時代を切り開いています。そんなナベプロについて、新年早々、じっくりコトコトと考えてみたいと思います。

まずは基本知識から

株式会社渡辺プロダクションは、戦後芸能史を語る上では欠かすことのできない芸能事務所ですが、現在は12社1財団を統括する持株会社として存在し、タレントマネージメントは主にワタナベ・エンターテインメントが担当しているそうです。

昨年は、ナベプロの代表タレントであったクレージーキャッツ・植木等の死去というショッキングな出来事がありました。その一方で、にしおかすみこ、ギャル曽根、中川翔子など順調に若手が育っているのは、ナベプロの先進性が今も健在であることを示しています。

しかも、この3人が凄いのは、いずれも新たなジャンルを切り開いてメジャーになったということ。彼女たちの活躍でバラエティの領域が、いっそう広がりを見せたことは間違いないでしょう。こうした快進撃の源は、いったいどこにあるのか?

次のページでは、そんなナベプロの牽引車といえば……。

いまや「ナベプロの若頭」!?

画像の代替テキスト
DVD『中山秀征 ミラクルショットボウリング』(ビクター)
「かくし芸」で披露した「ミラクルショット」が甦る!
クレイジーキャッツに始まり、ザ・ピーナッツ、沢田研二、吉川晃司などなど時代を代表するスターを生み出してきたナベプロ。現在、グループを牽引しているトップランクのタレントといえば、「ナベプロの若頭」の異名を取る中山秀征でしょう。

『ウチくる!?』(フジ)、『ラジかるッ』(日テレ)、『手紙バラエティ 三丁目のポスト』(テレ東)などのバラエティで、軽妙な司会ぶりを発揮しているヒデちゃんですが、肩の力を抜いたMCは、見る側も気楽に見続けられるからか、これまで担当してきたものも含め、長寿番組として愛されることが多いようです。

メインMCとして、番組を取り仕切るというより、他の出演者やゲストの魅力を自然と引き出すパーソナリティが、業界内でも高い評価を得ています。今年の「新春かくし芸」でも、トリネタは堺正章に譲って、一つ前に登場。自由自在にドラム缶をコントロールする至芸「ダンシングドラムフィーバー」で喝采を浴びていました。

ナベの主役といったらヤッパリ……

今回の鍋特集にちなんで、中山秀征の魅力を鍋物の具材に例えるなら、霜降り牛肉、イセエビ、まつたけといった、高級品ながらどうしてもナベの選択肢を狭める食材ではなく、どんな鍋にもうまくマッチする白ごはんなのでは。どんな美味の鍋でも、最後に雑炊となって美味しいところをもっていくところなど、ヒデちゃんそのものといった感じがします。

そんな彼であっても、決して安閑としていられないのが、今のナベプロの層の厚さ。ワイドショーの司会でめきめき実力をつけてきた恵俊彰に、デブタレの代表的存在にまで上り詰めた石塚英彦。そして、ネプチューンのリーダーながら、単独MCも完璧にこなす名倉潤など、まさに才能がひしめいています。

それもこれも、大スターが続々と生まれていた時代であっても『しゃぼん玉ホリデー』『見ごろ食べごろ笑いごろ』『笑う犬の生活』など、最先端のバラエティ作りに尽力してきたナベプロだからこそ。従来からのノウハウと現代を見据える目を持ち合わせていたのでしょう。この2つを両輪として、ナベプロさんには今後も多くの人々から愛されるバラエティを作り続けてほしいものですね。



【最近の記事】
バラエティも大充実!! 笑えるNHK
聖夜の定番明石家サンタで不幸話をしたい!
M‐1グランプリ2007を振り返って
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。