住宅ローンを借りるときにお世話になる保証会社ですが、借り入れにあたって担当者と話すこともないため、その存在は遠いものです。ところが、ひとたびローン返済に行き詰まると、その存在は一気に身近に! いったい、どうなるのでしょうか?

原則は家を売却して返済

住宅ローンの返済に行き詰まると、保証会社が債務を肩代わりしてくれます。結果として、銀行からの借り入れがなくなるため、もう返済の催促をされる心配もありません。

しかし、「これでひと安心」と思うのは甘いと言わざるを得ないでしょう。保証会社は、あくまで保証人の立場で債務の肩代わりをしてくれただけ。以後、債務者は、保証会社から「肩代わりした債務を返済するように!」という催促を受けることになります。

肩代わり後、保証会社は、担保に入れた家を売却して、債務を返済するように求めてきます。売却は、任意売却が優先されることが多く、難航した場合は競売となるケースが一般的でしょう。一部の例外を除いて、保証会社に肩代わりしてもらった後は、家を手放さざるを得なくなってしまうのが現状です。

「売却したら終わり」ではない

「肩代わりをしてもらった後は、家を売らなければならない」と認識している人であっても、「売却したお金を渡せば終わり」と思っているケースが少なくありません。

しかし、保証会社はそんなに甘くありません! 保証会社への債務が2,000万円あったとして、家を売ったお金でそのうちの1,500万円を返せたとします。この残りの500万円を返済しなくてもいいと考えているのであれば大間違い。この500万円は債務として残ります。既に家は売ってしまったため、担保はありませんから、この500万円は無担保。これを、引き続き保証会社に返済していかなければならないのです。

付け足しですが、保証会社に肩代わりをしてもらうと、その事実が信用情報機関に登録されます。そうなると、ローンを借り入れることやクレジットカードを作ることが難しくなってしまうのが現状です。「返済が厳しいな」と思ったら、早めに金融機関に相談することが肝心です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。