1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10

KUMHO
PIAA
桃川祐子
葉山あゆみ
入江由実

比較的、長身のメンバーが揃っていた30号車の「KUMHO」に対して、110号車の2人はミニマムなコンビ。こちらのコスチュームは継続なので公開OKでした。

「PIAA」の入江由実ちゃんを取材している時が最も雨が強かったため、唯一の傘さしカットとなりました。基本的に「PIAA」は「フォーミュラーニッポン」がメインのようで、そちらには複数のレースクイーンが立つとのこと。4月4・5日の開幕が楽しみです。

初音ミク Studie and GLAD
AYAMI
永野ひろこ
小川茉莉音

昨年の途中から「SUPER GT」で密かな話題となっている「痛車」(イタリア車ではなく、痛い車の意)。アニメの中のキャラクターをモチーフに、容赦なくクルマをカラーリングしてしまうという、ある種「アキバ系」とのコラボレートなのか!?スイマセン・・・私はそちらのボキャブラリが全くないので、この辺でやめときます。

以上、「SUPER GT」開幕戦の速報でした。今年は不況の煽りを受け、撤退するスポンサーやチームが激増。耳馴染みのあった名前がGT500クラスを中心に聞かれなくなってしまいました。

その煽りと、岡山と言う首都圏から離れた土地での開催などから、今年の開幕戦は女の子が殆どいないのではないか!?という憶測が流れましたが、蓋を開けてみれば、取材人数100人越え。取りこぼした娘も入れると120人前後はいたと思えるので、大打撃というほどではありませんでした。

女の子に関しては、昨年までの実績で評価の高い大矢真夕・実はる那・森木美和・相川友希・稲垣慶子など、3年目以上の人気レースクイーンが現役続行を表明してくれた一方、彼女たちの後に続く次世代層が薄いように感じられてなりません。

新人に関しては不作だった昨年に比べ、注目したいと思える娘は増えました。シリーズ全て取材することはできませんが、成長ぶりを随時ご報告できればと思います。次回は第3戦(富士)を取材予定。こうご期待!

■関連記事
・2008年 SUPER GT RQ名鑑
・2007年 SUPER GT RQ名鑑
・2006年 SUPER GT RQ名鑑
・2005年 SUPER GT RQ名鑑
・2004年 GT選手権RQ名鑑
・2003年 GT選手権RQ名鑑
・2002年 GT選手権RQ名鑑

■関連サイト
・All About モータースポーツ
・SUPER GT
・岡山国際サーキット

 

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10

※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。

All About 著作権/商標/免責事項
「All About レースクイーン」ガイドサイト掲載画像につい
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。