『サイド・ショウ』

ブロードウェイ・ミュージカル『サイド・ショウ』

 

エレガントで爽やか、三拍子揃った男役として活躍し、2007年2月に退団した元宙組トップスターの貴城けいさん。
宝塚きってのエンターティナーと称され、2005年9月に退団した男役スターの樹里咲穂さん。
そんな実力派の2人がブロードウェイ・ミュージカル『サイド・ショウ』で共演、主演します。

『サイド・ショウ』はブロードウェイで1997年に上演、日本ではこれが初演となります。
ストーリーは……実在の結合双生児、ヴァイオレット・ヒルトン(貴城けい)とデイジー・ヒルトン(樹里咲穂)姉妹の生涯を通じて、恋愛や友情、アメリカのショービジネスの裏側などが描かれています。。

第52 回トニー賞では4部門にノミネートされたこの作品、ほぼ全編が楽曲で綴られています。作曲を担当したのは、映画にもなった大ヒットミュージカル『DREAM GIRLS』のヘンリー・クリーガー。
「Who Will Love Me As I?」「I Will Never Leave You」をはじめ、『DREAM GIRLS』の「One Night Only」のように力強く、聴く者の心を震わす楽曲の数々です。

主な共演者は、下村尊則さん、大澄賢也さん、岡 幸二郎さん、伊礼彼方さんと、日本のミュージカル界になくてはならない実力派ばかり。大澄賢也さんは振付も担当されます。

貴城けいさんと樹里咲穂さん。つい先日も『NINE The Musical』で共演しましたが、私は今でも2003年 雪組の『Romance de Paris』を思い出してしまいます。
風と太陽のように与えるイメージは真逆のようで、でも同じ温かさを感じる2人。
どんな双子を演じてくれるか、どんな感動を与えてくれるか楽しみですね。

さて——貴城けいさんと樹里咲穂さんに『サイド・ショウ』の見所などを伺いました。


~貴城けいさんより~


■この公演の見所について、また意気込みなどを教えてください。

先日NYへ行き、リンカーンセンターでこの作品の映像を拝見してきましたが、とにかく素晴らしかったです。この作品にヴァイオレットとして出演できる事が、本当に幸せだと感じると共に、責任の重さを感じています。
日本初上演となる今回、作品の持つ異色感を、現代の方にどう表現していくか、これからのお稽古でキャスト・スタッフみんなで作っていきたいと思っています。


■樹里さんと双子の姉妹役ということに対しての難しさや楽しさ、現在の心境などについてお話下さい。

映像を拝見して、二人はほぼ全編くっついています。今までこの様な役を演じた事がなく、大変だなと感じていますが、二人の性格などはっきり描かれているので、動きが制限される分、色濃く演じたいと思っています。
樹里さんは、本当のお姉さんみたいに仲良くさせて頂いているので、姉妹愛は全く心配してません!!
樹里さんと二人なら、辛い稽古も乗り越えられます。最強のヒルトン姉妹になるぞっ!!


■貴城さん 今後のスケジュール

・ 「交渉人 THE MOVIE」 出演 CA堺和子役
2月11日(木・祝) 東映系全国ロードショー公開

・フジテレビ系全国ネッ ト 「インディゴの夜」ゲスト主演
毎週月~金 13:30~(3月放送予定) 三国蘭子役

・ 舞台『インディゴの夜』
4月30日~5月3日(月・祝)全5公演  新国立劇場・中劇場
以後全国21都市ツアー公演



■読者の皆さんにメッセージをお願いいたします。

「Side Show」、ハンデを負いながらも、力強く生きていくヒルトン姉妹を通して、皆様に感動をお届けしたいと思います。
是非、観にいらして下さい!!


~樹里咲穂さんより~

■この公演の見所について、また意気込みなどを教えてください。

結合双生児として生まれた2人が、ハンデをのりこえて人々を楽しませるエンターティナー、そしてそれぞれに1人の女性としていかに成長していくのか…その辺りを楽しんで頂ければと思います。
そして何より楽曲がすばらしいです。それを歌わせて頂けるというのがとても嬉しいです。


■貴城さんと双子の姉妹役ということに対しての難しさや楽しさ、現在の心境などについてお話下さい。

ヴァイオレットとデイジーは、性格が全然ちがうのですが、私たちのキャラクターに合ってると思いますし、貴城さんとは宝塚時代でも退団してからも共演して色々な事を話したりするので、姉妹役という事に関してはすんなり入っていけると思います。
しかし、結合双生児なのでいつも腰の部分をつけて演技をしなくてはいけないので、お互いどれだけ息を合わせて出来るかですね。がんばりまーす!


■樹里さん 今後のスケジュール

・『GARANTIDO~生きた証~』
2月19日(金)~28日(日) 東京芸術劇場中ホール

・『SILK STOCKINGS~絹の靴下~』
5月16日(日)~5月30日(日)青山劇場(
6月4日(金)~6月6日(日)シアター・ドラマシティ

・ミュージカル『ファントム』
11月2日(火)~11月22日(月)赤坂ACTシアター
11月28日(日)~12月9日(木)梅田芸術劇場メインホール


■読者の皆さんにメッセージをお願いいたします。

『サイド・ショウ』本当にすてきな作品です。
是非、観にいらして下さい。


公演情報

4月7日(水) ~4月18日(日)
東京芸術劇場 中ホール

ブロードウェイ・ミュージカル『サイド・ショウ』

脚本・作 詞 ビル・ラッセル
作曲 ヘンリー・クリーガー
演出 板垣恭一

・出演 
貴城けい/樹里咲穂/下村尊則/大澄賢也/伊礼彼方/岡幸二郎 他

主催 フジテレビジョン
制作 オフィス・ミヤモト
問合先 オフィス・ミヤモト 03-3312-3526

・チケット料金(発売中!)(全席指定)  
土日S席11,500円 A席9,500円 
平日S席10,000円 A席8,000円

7(水) 18:30
8(木) 18:30
9(金) 14:00 18:30
10(土) 11:30 16:00
11(日) 11:30 16:00
12(月)
休館日
13(火)
14(水) 14:00
15(木) 14:00 18:30
16(金) 14:00
17(土) 11:30 16:00
18(日) 11:30 16:00

関連サイト
・ブロードウェイ・ミュージカル「サイド・ショウ」公式サイト

関連記事
宙組トップ・貴城けい、紫城るい—退団
専科・樹里咲穂—退団

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。