番外編

生徒にとって慣れている洋物ですが、大変なことも。
それは、自分で用意しなければならないものがあるという点。

洋物のカツラは、お揃いのカツラ以外、自分で用意しなくてはなりません。自分でスタイルを考え、専門の美容院に注文する…。
地毛をセットする時に使う整髪料なども大量にいりますね。
そして髪飾りやアクセサリーもほとんどが自前。小さいことですが、ストッキングやソックスなんかも。

それに比べ日本物では、自分で何かを用意するということはありません。鬘やアクセサリーはいらないし、付属品もいりません。足袋も腰紐も全部衣装部のもの。自分で用意するのは、せいぜい肌に触れる和装の下着程度。


以上、化粧・衣装・髪型に関して、洋物と日本物の違いや、生徒に掛かる苦労点をお話してきましたが、どんなに大変でもやってのけるのが宝塚の生徒。
早替りもお化粧替えも大変だけど、涼しい顔して舞台に出る…
客席には温かいお客様が待っていらっしゃいますからね。



■関連記事

宝塚用語集

タカラジェンヌのここがスゴイ!



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。