2007年2月12日——宙組トップスター・貴城けいさん、娘役トップスター・紫城るいさんが、幕末青春グラフィティー『維新回天・竜馬伝!』-硬派・坂本竜馬III-/グランド・レヴュー『ザ・クラシック』-I LOVE CHOPIN-の千秋楽(東京宝塚劇場)にて宝塚歌劇団を退団しました。


サヨナラショーは、宙組トップお披露目作品の『コパカバーナ』の「DancingFool」に始まり、『ワンダーランド』『ネオ・ヴォヤージュ』『Joyful!!』『タカラヅカ・ドリーム・キングダム』『アンナ・カレーニナ』『アメリカン・パイ』『DAYTIME HUSTLER』『ささら笹舟』『仮面のロマネスク』『I have a dream』と思い出深い作品が並びます。

ラストは、貴城けいさんがディナーショーでも歌い、CD「TAKASHIRO Kei Single Collection 2001~2006」の最後にも入っている曲「奇跡」。宙組生と観客が見守る中、堂々と伸びやかに歌い上げました。


また同時に、貴羽右京さん(1995年入団)、天翔ゆうりさん(1999年入団)、純あいらさん(1999年入団)、咲花 杏さん(2001年入団)、白峰さゆり(2003年入団)も退団しました。


貴城けい

かしちゃんこと貴城けいは、1992年雪組『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏みました。

同期生には、月組トップスター・瀬奈じゅんさん、元月組トップ娘役・檀 れいさん、月組の大空祐飛さんらが。

初舞台の翌年、雪組に配属され、2006年宙組に組替え。和央ようかさんの後任として宙組トップスターとなりました。


主な舞台歴

雪組時代(1992年~2000年)

1994年 『風と共に去りぬ』新人公演/チャールズ(本役・轟 悠・高倉京)
1995年 『あかねさす紫の花』新人公演/天比古(本役・高嶺ふぶき・轟 悠)
1996年 『エリザベート』新人公演/ルドルフ(本役・香寿たつき)
  『アナジ』不知火
1997年 『仮面のロマネスク』新人公演/ヴァルモン(本役・高嶺ふぶき)
*初主演
  『真夜中のゴースト』新人公演/エルドリッジ(本役・轟 悠) 
1998年 『春櫻賦』新人公演/謝名龍山(本役・轟 悠)
  『ICARUS』アーノルド・キャンベル
  『浅茅が宿』りん弥 新人公演/勝四郎(本役・轟 悠)
1999年 『ノバ・ボサ・ノバ』ボールソ
2000年 『ささら笹舟』明智光秀/妻木幸四郎/旅の雲水 
*バウ初主演
  ドイツ・ベルリン公演『宝塚 雪・月・花』『サンライズ・タカラヅカ』に参加
  『凱旋門』アンリ

雪組時代(2000年~2006年)

2001年 『猛き黄金の国』川田小一郎
  『アンナ・カレーニナ』アレクセイ・カレーニン
  『愛 燃える』王孫惟
2002年 『追憶のバルセロナ』ジャン・クリストフ
  『再会』マーク
2003年 『春麗の淡き光に』源頼光
  『アメリカン・パイ』グラン・パ
  『Romance de Paris』ムジャヒド・ナセル
2004年 『1914/愛』アポリネール(星組・特別出演)
  『飛鳥夕映え』軽皇子/中臣鎌足/蘇我石川麻呂
(月組・特別出演)
  『青い鳥を捜して』デニス
2005年 『睡れる月』式部卿宮
  『霧のミラノ』カールハインツ・ベルガー
  『DAYTIME HUSTLER』ローレンス・ブラウン
2006年 『ベルサイユのばら』オスカル(星組・特別出演)
  『ベルサイユのばら』アンドレ/ジェローデル


宙組時代(2006年~2007年)

2006年 『コパカバーナ』スティーヴン/トニー・フォルテ
  貴城けいコンサート『I have a dream』
  『維新回天・竜馬伝!』坂本竜馬



“貴城けい”を形容する言葉——
気品。ノーブル。エレガント。儚げ。爽やか。甘さ。華やか。色香。
伸びやかで力強い歌声。切れ長の美しい目。
白のプリンス。黒いアウトロー。


美しく端正なルックスに、芝居、歌、ダンスと三拍子揃った期待の新人として、下級生時代より注目されてきました。

『エリザベート』の新人公演では、ルドルフ役をオーディションで射止めます。
研6で『仮面のロマネスク』新人公演を初主演。新公主演は4度務めました。


そして、日本物の多かった雪組で育ち、洋物と日本物の両方こなせる男役として成長していきます。

バウホール公演初主演となった『ささら笹舟』では難解な3役に挑戦。
『浅茅が宿』りん弥は、ひたすら美しく妖しく。
ドイツ・ベルリン公演では“姫”“美女”といった妖艶な女役も披露。


苦悩の中に、大人の男の懐の大きさを見せた『アンナ・カレーニナ』のカレーニン。
人間の存在の意味を温かく教えてくれた『アメリカン・パイ』のグラン・パ。

どこか抜けたところのあるが憎めない可愛い奴、『Romance de Paris』のムジャヒド。
優しい優しい『青い鳥を捜して』のデニス。


特別出演した月組公演『飛鳥夕映え』では、同期生の瀬奈じゅんさん、大空祐飛さんと3名での役替り。貴城さんは3役を演じ、野心家で冷淡な中臣鎌足は鮮烈な印象を残しました。

『ベルサイユのばら』でもオスカル、アンドレ、ジェローデルの3役を演じました。
男装の麗人のオスカルと、気品高きジェローデルは、まさに貴城さんの十八番で言うまでもありませんが、とりわけアンドレの温かさ、男らしさ、包容力は秀逸でした。



白の衣装や軍服、烏帽子などがとてもよく似合う、貴公子タイプ。

そのイメージゆえか、『睡れる月』の式部卿宮、『霧のミラノ』のベルガー少佐など、心を抑えながらも存在を強く見せる役が多かったかもしれません。
彼女の醸し出す気品は、立っているだけで絵になり、言葉は少なくても訴える力がありました。


そんな中「こんな貴城けいもめちゃくちゃイイ!」と感じさせてくれたのが、着くずしたシャツにジーンズ姿の『DAYTIME HUSTLER』エスコートホストのローレンス。

そして、トップお披露目作品の『コパカバーナ』スティーヴンとトニー。
どんな作品でも彼女が登場すると舞台全体がぱぁ~っと華やかになりますが、それをあらためて強く感じさせてくれました。


ある女優さんの言葉を思い出します。
「気品のない役者は、どんなに腕があっても、気品のある役は似合わない。しかし気品のある役者は、気品のある役も、そうでない役も両方こなすことができる。」……

冷と温、明と翳。両極端の役でも、そのどれもが貴城けい。


最後の役となった『維新回天・竜馬伝!』の坂本竜馬。
どこか粗野で無骨な一匹狼的なイメージのあった竜馬を、明るくて爽やかで愛情深く、周囲から愛される自由人に仕立て上げました。


その『維新回天・竜馬伝!』『ザ・クラシック』が、本公演でのトップお披露目公演で、それがサヨナラ公演だということに「本当に、これで退団なの……?」「あまりにも勿体ない……」と多くの観客が思ったことでしょう。


トップスターという存在について、私はこんな風に感じていました。
母親が真の母親になるためには年月がかかるのと同じで、トップスターも同じだと。
元よりトップスターにふさわしい選び抜かれた生徒がトップスターになるわけだけど、トップスターの“居方”のような存在を作るのには年月がかかるものだと。

しかし、かしちゃんを見て、そうとは言えないと感じました。
彼女は、トップスターとしてセンターに立ったその日から、真のトップスターでした。

だからこそ、これからももっと楽しみで、早過ぎる退団が残念なのです。



紫城るい


るいちゃんこと紫城るいさんは、1997年雪組『仮面のロマネスク』で初舞台を踏みました。

同期生には、月組トップ娘役・彩乃かなみさん、花組の愛音羽麗さん、宙組の悠未ひろさんらが。

初舞台後、月組に配属。2005年、宙組に組替え。2006年、花總まりさんの後任として宙組トップ娘役となりました。


主な舞台歴

月組時代(1998年~2005年)

1998年 『WEST SIDE STORY』新人公演/エニーボディズ(本役・叶 千佳)
1999年 『十二夜』サー・アンドルー
2000年 『BLUE MOON BLUE』ベル
  『LUNA』イレーネ
2001年 『血と砂』チリーパ/ダリ・フユエンテス
2002年 『ガイズ&ドールズ』新人公演/アデレイド(本役・霧矢大夢)
  『SLAPSTICK』メイベル *バウ初ヒロイン
  『長い春の果てに』新人公演/エヴァ(本役・映美くらら)
*初ヒロイン
2003年 『シニョール ドン・ファン』新人公演/ジル(本役・映美くらら)
  『薔薇の封印』サラ/アンリエット
2004年 『愛しき人よ』川島芳子
  『THE LAST PARTY』ゼルダ
2005年 『エリザベート』リヒテンシュタイン伯爵夫人

宙組時代(2005年~2007年)

2005年 炎にくちづけを』イネス
2006年 『不滅の恋人たちへ』ジョルジュ・サンド
  『NEVER SAY GOODBYE』エレン・パーカー
  『コパカバーナ』ローラ/サマンサ
  貴城けいコンサート『I have a dream』
  『維新回天・竜馬伝!』お竜



可憐でキュートで艶やかで華やかでチャーミング。
るいちゃんの舞台姿から「以前は男役だった」とは想像もつきません。

男役から娘役に転向し、やがてトップ娘役になった生徒は、過去に、遥くららさん、姿 晴香さん、若葉ひろみさん、鮎ゆうきさんらがいます。
紫城さんは、2002年『ガイズ&ドールズ』の新人公演でアデレイドを演じたのをきっかけに、娘役に転向しました。

と言っても、男役時代にも娘役を何度も与えられていた紫城さん。
『BLUE MOON BLUE』(ベル)『LUNA』(イレーネ)では、当時のトップスター、真琴つばささんに絡む役に大抜擢されています。


男役から転向した生徒がまず苦労する点は、歌でのキーの違い。しかし彼女は高音もきれいに出せる声の持ち主。
男役時代に娘役を与えられたのも、転向してからも全く違和感なく娘役として飛躍できたのも、ソプラノが出せる声の力が大きかったと言えるでしょう。

台詞を話す声はとても個性的。メリハリ良く、役の人物の個性を豊かに表現しました。


また男役の経験と、彼女ならではの旨味が相まって、観る者に強く印象を与える魅力的な役を次々と演じました。

『愛しき人よ』の川島芳子。
『不滅の恋人たちへ』のジョルジュ・サンド。
『THE LAST PARTY』ゼルダ。
『NEVER SAY GOODBYE』のエレン・パーカー……。


最後の役となった『維新回天・竜馬伝!』のお竜。
恥ずかしがったり、やきもちを焼いたり。怒ったり泣いたり笑ったり……。
それは、一途に竜馬を想う、いじらしいほどに可愛い女性でした。

万華鏡のように、角度を変えたいろいろな表情を見せてくれ、それが驚きであり、楽しみでもありました。
しかし紫城さんも貴城さんと同じく、お披露目公演がサヨナラ公演となってしまいました。


貴城けい&紫城るい


同じ組で過ごした時代もなく、ほとんど接点のなかった二人がトップコンビとして組む……。これは非常に稀なことです。
ところがこの二人、ずっと以前から出会っていたような、お互いをよく知っていたような、お似合いの二人でした。

二人の姿は何と言っても華やか。
寄り添う姿は微笑ましく、年月は関係ないということを教えてくれた素敵なベストカップルでした。


これからの貴城けいさん、紫城るいさんの新しい道は?
現在のところ、具体的なことは話していません。
でも、美しい姿を、また私たちに見せてくれたら……そう願ってやみません。


次期宙組トップスターには、二番手であった大和悠河さんが、トップ娘役には、陽月 華さんが引き継ぎます。


新しい日本の土台を作った竜馬のよう、新しい宙組の世界を作った貴城けい。
それに寄り添い支えた紫城るい。

トップとしては短い期間でしたが、「もっと観ていたかった…」と思う気持ちは変わりませんが、宙組の組子たち、宙組のファンの方々に愛され、その愛を十二分に返した宙組三代目の素晴らしいトップコンビを、私たちは決して忘れません。


風雲に生きた、美しく華やかな二輪の花。


かしちゃん、るいちゃん……
お疲れ様。そしてありがとう。


■関連記事

貴城けいさん・紫城るいさん退団発表!

タカラヅカ★2月の新譜【宙組トップスター・貴城けい退団にちなんで】

タカラヅカ★1月の新譜【宙組トップ娘役・紫城るい退団にちなんで】


■関連サイト

TV・新聞・メディア情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。