月組トップスター・彩輝 直さんは、三井住友VISAミュージカル「エリザベート~愛と死の輪舞~」の東京宝塚劇場千秋楽(2005年5月22日)をもって退団されます。(宝塚大劇場公演は2月4日~3月21日)
早過ぎる退団発表に、ファンの方々の驚きの色は隠せません。

さえこちゃんこと彩輝 直さんは、1990年花組公演「ベルサイユのばら」にて初舞台。
後、月組に配属。

同期生には——専科の樹里咲穂さん、元月組娘役トップ・風花 舞さん、元花組娘役トップ・純名里沙(現・純名りさ)さん、元雪組娘役トップ・月影 瞳さん、元星組娘役トップ・星奈優里さんらが。

1996年、星組に組替え。
「二人だけが悪」「エリザベート~愛と死の輪舞~」の新人公演で主役。
1998年、「夜明けの天使たち」でバウホール公演初主演。

2000年、専科に移籍。
宙組「ベルサイユのばら」、星組「プラハの春」や、中国ツアー公演などに参加。

2003年、月組に組替え。
2004年3月の紫吹 淳さんの退団に伴い、4月「ジャワの踊り子」(全国ツアー公演)から月組トップスターに就任。

本公演での彩輝さんトップお披露目公演は、つい先日10月10日に千秋楽を終えたばかりの「飛鳥夕映え」「タカラヅカ絢爛II」でした。
この公演は、月組娘役トップ・映美くららさんのサヨナラ公演でもあり、瀬奈じゅんさん(花組)、貴城けいさん(雪組)、大空祐飛さん(月組)3名の役替わり公演としても話題を呼びました。

そして次の作品「エリザベート~愛と死の輪舞~」が彩輝さんのサヨナラ公演となってしまうわけですが、何度も上演され作品自体の支持度も高く、またヒロインのエリザベート役に他組のスター、瀬奈じゅんさんを起用するなど、これもまた話題性に事欠きません。

ファンの方の中には「話題性ではなく…ただ純粋に彩輝 直を観たかった…」と思う方も多いのではないしょうか…?

現在、後任となる次期月組トップは発表されていません。それどころか、映美くららさんの後任さえ発表されていません。
生徒さんたち、そしてファンの方々にとっては今後の月組…いえ、宝塚全体のビジョンがはっきりとわからず、もどかしい思いでしょう。

しかしそれは、いずれはわかること。
「今が一番充実している時」「充実しているからこそ退団を決意した」と話す彩輝さんの残されたトップ姿を、ただただ応援するしかないのでしょうね。

端正なマスク、妖しい魅力を持った彩輝さんのトート役に、期待がいっぱいです。


彩輝 直さん—今後の予定
彩輝 直バウ・パフォーマンス「熱帯夜話 -眠れない夜に…-」
12月 9日(木)~12月11日(土)宝塚バウホール
12月14日(火)~12月16日(木)ル テアトル銀座

「エリザベート~愛と死の輪舞~」
2005年2月4日(金)~2005年3月21日(月)宝塚大劇場
2005年4月8日(金)~2005年5月22日(日)東京宝塚劇場

【関連カテゴリ】
★メディアで知る宝塚歌劇
★月組のタカラジェンヌ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。