この記事に関連のある<ガイド記事>
スタッフの稽古が始まるまで
宝塚テキ Word
集合日って何する日?
タカラヅカ用語集




一般の舞台、映画、TVなどでは、脚本家と演出家が別々な場合が多いですよね。しかし宝塚の場合、脚本家と演出家は同一。脚本を書いた人間が自ら演出も手がけます。ですからここでも「演出家」と一口に呼んでしまいます。

宝塚の演出家は、そのほとんどが座付きの演出家。それを大きく二つに……芝居とショーに分けてみましょう。
まず、芝居の演出家編。

稽古初日の集合日には、まず“本読み”が行なわれます。
作品のあらすじ、意図や時代背景、流れなどについてを演出家は話し、それを出演者である生徒が感じるためのもの。ですからこの段階では、感情面や動きについての演出はしません。

その後、第一場から順番に、立ち稽古を始めます。
台詞がまだ入っていない(覚えていない)生徒は台本を手にしたままですが、動きを付けてゆきます。

「下手から出てきて……」「その台詞の間は椅子を使いましょうか……」「上手に引っ込んで……」「ここで、この花を相手に差し出して……」
そうした指示を、場面ごとに演出してゆきます。

あまり事細かに動きを指示するわけではありません。大まかな部分、芝居の段取りとして決めておかなければならない部分だけ。

台詞が入り全場面の段取りを把握してゆくにつれて、生徒たちは感情を入れて動くようになります。ここが、演出家の腕の見せ所かもしれません。

実際舞台で演じるのは生徒本人。だからと言って、自分の思いのままに芝居をしてしまったら、演出家のイメージから外れてしまうこともあるでしょう。
度重なる立ち稽古の中、「今日はこうやってみよう。」と生徒たちがぶつけてくるものを、それが良いものであればOKを出し、間違った方向に進んでいればNGを出し…。

そうやって立ち稽古を進めてゆく間にも、振付や歌稽古は平行して行われ、ダンスや歌もどんどん立ち稽古に入れてゆきます。
ダンスや歌が入ってくると、またそれで芝居の動きや感情が変わってくるのはもちろんのこと。
段取りが変わってくることもあります。下手に引っ込むはずだったのに、ダンスの振付によって次のダンス場面の出が上手になったから「上手引っ込みに変更」などというように。
早替りによっても、そうした段取りは変わってきます。

芝居の稽古中でよくあるのが、台詞のカット。決められた上演時間内に収まるように、生徒たちの台詞の間や動き、曲の長さなどを想定して台本は書かれていても、実際に稽古をしてみると、当初の予想より長くなってしまうことがよくあります。(短くなることは…まずありませんね)

台詞をカットしなければならないのは演出家にとって不本意なことでしょうが(生徒にとってもね)「上演時間が3分オーバーしそう…」なんて場合は「ここ2ページ丸々カット!」なんてゆうこともあります。

稽古も終盤に近づくと、通し稽古が何度も行われ、その都度ダメ出しを行います。


さて、次はショーの演出家。
芝居と同様に、演出家からショーの流れやテーマなどを説明され、稽古は始まります。

ショーにもちゃんと台本はあるものの、芝居ではないから、本読みも立ち稽古もありません。いきなり振り付けなどから始まります。
これも、振付家のスケジュールなどによるので、第一場から…というわけではありません。

芝居の演出家にとって稽古場が1番の本領発揮の場だとしたら、ショーの演出家は、それ以前の、振付家や作曲家にイメージを伝える段階が、1番重要なことかもしれません。
ショーの稽古のほとんどが、振付家による振付や振り固め、作曲家による歌稽古。振付や歌稽古が始まったら、各専門家の手にある程度委ねる……。

と言っても、もちろん任せっぱなしではなく、振付などの仕上がりを感じ、生徒たちの出来を感じ、演出家の立場から指示やダメ出しをしてゆきます。

場面が一つずつ出来上がっていったら、それを固め、前後の場面を少しずつ繋げ、やがて全体を繋げての通し稽古になります。
芝居、ショーとも、演出家はいつも稽古場にいるわけではありません。スタッフ会議で何度も練られた案も、稽古が進むにつれて変更箇所などが生まれてきます。なので、各スタッフとのさらなる打ち合わせ。
ですから、演出家なしで稽古を行なう日も度々あります。

舞台稽古前になると、1本立ての場合なら1幕と2幕、2本立ての場合なら芝居とショーを通しての本通しを行ないます。

ここまで来ると、ほとんどはもう生徒に任された生徒のモノ。しかし演出家のダメ出しは、舞台稽古はもちろんのこと、初日が開いてからも続きます。


演出家とは——イメージを与え、それを生徒たちがどう演じるか、どう踊るか、どう歌うかを見守り、何度もやらせて感じさせ覚えさせ、時にはじっくり話し合い……。ひたすらダメ出しをし、または誉め……。

すべてを「こうあるべきだ!」と教え込むのではなく、生徒たちの力を引っ張り出し、良い方向に導いてくれる羅針盤のような存在と言えるでしょうね。
とにかく……根気のいる仕事。


金曜日発行のメールマガジンでは、お楽しみコラム、宝塚ファンサイトの更新情報やお知らせなどをご紹介しています。週末のちょっとした暇つぶしに、ぜひ読んでみて下さいませ。
ご購読はこちらより
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。