これも立派な宝塚用語でしょう——退団同期——。
退団に関しては以前お話しましたが、宝塚の公演、数名の退団者がいるのがほとんど。

退団者の学年はもちろん様々。その中にはトップスターもいれば、う~んと上級生もいれば、初舞台を踏んで間もない生徒さんも。
人数も、2名ぐらいの時もあれば、10名ぐらいの時も。

学年も人数もその公演ごとに違うけれど「いっしょに退団する生徒」のことを“退団同期”と呼びます。

“退団同期”なる言葉があるからには、普段とは違う何かがあるのか……何かをするのか……。はい、多少ですが、いっしょにすることがあります。
それは、ご挨拶。

舞台初日開演前に「この公演で退団します! 千秋楽までヨロシクお願いします!」なんて感じで、退団者一人一人ではなく“退団同期”いっしょに回ったりするのです。

それから千秋楽のセレモニーの稽古に対してのご挨拶。

ちょっと話が飛びますが……千秋楽のセレモニーと聞いてファンの方が思い浮かべるのは、トップさんやスターさんのサヨナラショーですよね? 

その舞台稽古があるのはもちろんおわかりでしょうが、サヨナラショーがない場合、つまり、トップさんらが退団しない公演の時にも、退団者は黒紋付に緑の袴で大階段を降り舞台で挨拶をしますよね。この場合でも、前日にちゃんと舞台上で稽古が行われるのです。もちろん、出演者全員で。

で……話を戻します。千秋楽に関しての稽古、このお願いのご挨拶。「本日終演後の千秋楽のお稽古、ヨロシクお願いします!」なんて感じで。
そして千秋楽当日。これはもう「本日、私たち、退団します! ありがとうございました! 最後までヨロシクお願いします!」なんて感じで。

こういったご挨拶、仲間である組子にはもちろんのこと、衣装部さんや大道具さんなど関係者スタッフの方々にも回ります。ゾロゾロとね。

「退団する生徒さんは何かと忙しいし、気分的にも焦ったりしているのに……」と思われるでしょうが、こうしたところにも礼儀を重んじるのが宝塚…といったところでしょう。


“退団同期”としていっしょにすること……他にもあるでしょうが、それはその時様々。何か話がある場合「退団同期、集まってぇ~!」という誰かの一声で集合し、何かを決め、こなしてゆくというパターンです。

「“同期”という文字が入っているのだから、研15の生徒さんも研3の生徒さんも、同期生のような感覚やお付き合いになるの?」……それは…ないですね。あくまでも上級生・下級生。

しかし「同じ時に、ここを去ると決意した者同士」といった、不思議な親近感、そして「最後まで、いっしょに頑張ろうね…」といった連帯感などを強く感じるのは確かです。


千秋楽近くなると“退団者の化粧前や楽屋着は白になる”と「これがタカラジェンヌの化粧前3」でも書きましたが、白い楽屋着を着た退団者たちがナゼか!いつも以上に元気良く、大部屋の真ん中で「本日、退団します!」と大きな声で挨拶されると、聞く側の組子たちは、たまらない思いになりますね…

あと少し、頑張れ!……淋しい……ありがとう……。そんな複雑な思いの中、化粧の手を止め、退団者たちに負けない笑顔で、大きな拍手を送ります。

去る者がいて、送る者がいる。送る者は、去る者が心惜しみなく去ることができるよう、精一杯の力を与えますが、去る者もそれに対し、精一杯の感謝を返す……。

「宝塚って、ほんと、あったかいところだなぁ~」と強く感じられる風景。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。