新人公演とは“下級生”“中堅”と呼ばれる若手の生徒によって行われる公演です。学年でいうと、初舞台を踏んだばかりの生徒から、研7(研究科7年の略。入団して7年目)までの下級生たち。(研8までの場合もありました。)

宝塚大劇場、東京宝塚劇場で行われる通常の公演——本公演——は約一ヵ月半。新人公演は、その期間中たった1回だけ、本公演と全く同じ作品を上演します。本公演はその組の生徒全員(約70名)が出演しますが、新人公演は約50名ぐらいになります。

芝居とショーといった二本立ての公演の場合、通常、芝居を取り上げますが、ショーを新人公演とする場合もあります。

この新人公演は、若手育成の場。本公演では“大きな役がまだもらえない”“台詞をしゃべったことがない”“いつも後ろの方で踊っている”といった生徒たちが、自分より上級生の役を与えられることにより、主役を演じられたり、台詞が言えたり、前列で踊れたり……するわけです。

演出家などスタッフらは新人公演によって、若手たちの実力や魅力を知るきっかけになり、成長の度合いを感じることができます。今まで一度も台詞を話したことのなかった生徒が、実はとてもいい声だと知ったり、かわいい役が似合うと思っていた生徒が、大人っぽい役を演じられるようになったなぁ…と感じたり。

ですから新人公演の成果は、今後の配役を決める上での目安となるでしょうね。将来トップスターになる素質を持った生徒を見出すきっかけともなります。
新人公演の演出は若手の演出家に任せられます。生徒たちをどう料理するか……。脚本も担当している先輩演出家の意図や作品の主旨を変えず、どう自分なりの演出をするか……。新人公演が勉強の場になるのは生徒だけではなく、若手の演出家にとっても同じということです。

本公演との違う点は出演者と演出家のみ。オーケストラや衣装部、道具などのスタッフは、すべて本公演と同じです。

先輩方より腕は落ちるかもしれないけれど、若さと未知数で溢れている新人公演。たった1回しかないから、チケット入手も困難です。最近ではダイジェスト版としてビデオも発売されています。

ファンの方々からすれば、応援している生徒が普段より活躍できること、これが何よりうれしいでしょうね。「ちゃんとできるかしら…?」なんてハラハラドキドキしたり。また本公演では気づかなかった生徒が目に飛び込んできたり、未来のスターを発掘したり。だから「新人公演を観てあの生徒さんのファンになりました!」という人が多いのでしょうね。

勉強の場ではありますが、観劇料もいただいてのひとつの公演。決して発表会ではありません。自分の実力を発揮するため、観客を満足させるため、生徒たちは猛稽古に努めます。たった一度の舞台に賭けて……。

次回は「新人公演の稽古がどういう流れで進んでいくか…」。
お待ちください。


関連ガイド記事・コラム
「新人公演 Part1 新人公演ってどんな公演?」
「新人公演 Part2 新人公演のお稽古って?」
「新人公演 Part3 新人公演の衣装 その1」
「新人公演 Part4 新人公演の衣装 その2」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。